ニュース
» 2019年05月27日 19時30分 公開

「この4人のまま、きのこ帝国の時間を止めたい」 きのこ帝国が無期限の活動休止へ

ベース谷口滋昭さんは家業を継ぐ考え。谷口さんの籍を残したままバンドの活動を休止するとのこと。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 4人組ロックバンド「きのこ帝国」が5月27日、同日をもって無期限の活動休止に入ることを公式サイトで報告しました。

きのこ帝国 活動休止 無期限 ベース 谷口滋昭 きのこ帝国が活動休止へ(画像はきのこ帝国公式サイト

 「きのこ帝国から大切なお知らせ」としたファンへの報告では活動休止に至るまでのいきさつも説明。それによると、2019年に入り、ベースの谷口滋昭さんから脱退の意思が伝えられたとのこと。2018年に30歳を迎えた谷口さんは、きのこ帝国結成10周年イヤーを終えたことも手伝って、今後の人生を考えるようになり、実家の家業である寺を継ぐ考えを固めたとのことです。

 サポートメンバーを迎え入れるなどしてバンドを継続させることも模索したものの、「これまで4人で歩んできた10年間の中で、谷口以外のベーシストと、きのこ帝国を続けるイメージは現状出来ませんでした」とし、また残る3人のメンバーも谷口さんの新しい人生を応援したいという気持ちに傾いていったことがつづられています。

きのこ帝国 活動休止 無期限 ベース 谷口滋昭 無期限の活動休止となったいきさつを報告するきのこ帝国(画像はきのこ帝国公式サイトから)

 解散ではなく活動休止としているのは、「今後谷口が、またバンド活動を行える状況になった際にはきのこ帝国に戻って来れるよう」にするためのもので、バンドに谷口さんの籍を残したままバンドの活動を休止すると説明しています。

 その上で、残るメンバーがきのこ帝国の活動再開のイメージが湧くまで、それぞれが別の道を歩むことも発表。「佐藤千亜妃、あーちゃん、西村コン、谷口滋昭の今後を応援して頂けたら幸いです」とファンに呼び掛けました。

メンバーからのコメント

谷口滋昭さん

この度誠に勝手ながら、きのこ帝国を脱退することになりました。

僕の脱退を機に、きのこ帝国は無期限の活動休止期間をとらせていただきます。

僕はここ数年、ミュージシャンとして音楽を続ける人生を送ることより、新しい人生や生活にチャレンジしたいというモチベーションが高くなっていました。

そして自分の人生と向き合ってやりたい事に専念するには、このままバンド活動を続けるのは難しいと思い、数年間悩んでいた想いを今年の1月メンバーに打ち明けました。

メンバーは最初は驚き引き留めてくれましたが、最終的には脱退を認め、自分勝手な申し出を受け入れ、背中を押してくれました。

本当に、最高に、優しくて良いメンバーを持てたことに感激しています。

そしてきのこ帝国を通じて関わり支えてくれた方々にも、本当に感謝しております。

お陰様で本当に楽しい10年間でした。

皆様本当にありがとうございました。

そしてちーちゃん、コンちゃん、あーちゃんは今後も音楽を続けると思います。

3人は情熱と才能を、それはそれはとんでもなく持っています。

今後も必ず活躍してくれると信じています。

皆様がメンバーの活躍を見守って頂けることが、僕にとっては最高の幸せです。

どうか今後とも素敵で最高なメンバーをよろしくお願いします。


佐藤千亜妃さん

年明け、シゲから“脱退しようと思う”という話を聞いたとき、あまりに清々しい顔をしていて「やりたいことを応援するよ」ということしか言えませんでした。

そして4人で話し合った結果、“シゲの代わりになるベーシストなんて居ない”、という結論に至りました。なので、この4人のまま、きのこ帝国の時間を止めたいと思います。

誠に勝手な決断ですが、きのこ帝国は無期限活動休止します。

この選択が正しかったと、いつか笑えるように、ファンのみんなをガッカリさせないように、それぞれが真摯にひたむきに未来と向き合っていきます。全力で進んでいきます。

とはいえ、きのこ帝国の音楽はなくならないので、これからも聴きたくなったら、いつでも、どこでも、再生してください。

出会ってくれたみんなに、心から感謝です。

ありがとう。本当にありがとう。みんなのことを愛してます。

そして、未来のどこかでまた会えますように!


西村コン

シゲから脱退したいという事を聞かされてからメンバー、スタッフで何度も話し合いを重ね、今回このような形を取る事になりました。

シゲとはリズム隊としてメンバーの中でも特にたくさん一緒に音を出してきました。

ずっと一緒にやってきて、これからも一緒に音楽をしていくと思っていましたが、今後彼は音楽ではない道に進むようです。

とても悲しい思いですが、彼の人生彼がしたい事を応援したいなと思っています。

そして、シゲがいなくなる事に伴いきのこ帝国は活動を少しお休みさせて頂こうと思います。

いつも応援してくれている皆様に対して心苦しい思いでいっぱいですが、今後、彼のいない状態で最高だと思えるような物を作っていくには気持ち的に少し時間がかかりそうです。

とても自分勝手かもしれませんが、いつも大切に僕達の音楽を聴いてくれている皆さんだからこそ、最大限の自信を持って届けられる物で向き合いたいと思っています。

わがままですがどうか今後もきのこ帝国を応援して頂ければと思います。


あーちゃん

そもそも最近バンドの活動をしてなかったのは「10周年も終えたししばらく個々に過ごしてみよう」という、全くネガティブ要素のない理由からでした。

お休みを頂いている間、4人それぞれが日々を過ごしました。その中でしげはこれからの自分の人生をどう生きていくか、一生懸命考えて「バンドをやめる」選択をしました。

しげからその話をされたときに私が最初に出した言葉は、「えらいじゃん!」でした。自分だったらそんな決断はできないと思います。

彼はメンバーである前に、私にとっては大学で最初に出来た友人です。彼と出会っていなかったら、意気投合していなかったら、きのこ帝国というバンドは生まれなかった。

大切な友人にはなるべく元気で幸せに生きていてほしい。私は目一杯応援したいなと思いました。

大げさな言い方ですが、人生の3分の1をこのバンド、このメンバーで過ごしました。今になって新しいメンバーに入ってもらうことも、ましてや解散する選択肢もありませんでした。やはりこの4人で「きのこ帝国」というバンドは出来ていると思っています。

ずっと応援してくださっているファンの皆さんには「このようなお知らせになってしまいごめんなさい」という気持ちもありますが、「メンバーが選択した道を見守って頂きたい」という図々しいお願いもあったりします。

そのうちひょっこり出てくることがあるかもしれないです。またお会いできる日がきたら、その時は一緒に楽しみましょう。

勝手だなと思う方もたくさんいらっしゃると思います。だけど今、皆さんに言えることはこれしかないのです。

ひとまず、きのこ帝国の作品やライブで共に過ごしてくださった皆さんに感謝の気持ちだけお伝えさせてください。10年間、有り難うございました。またいつか、どこかで!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」