コラム
» 2019年06月13日 12時00分 公開

「電流の単位は?」「ブレーカーが落ちるのは何ワット?」 文系でも覚えておきたい“生活に役立つ科学の知識” (1/2)

覚えておくといろいろ便利。

[てんもんたまご,ねとらぼ]


 「電流」「電圧」「電力」。学校で教わるこれらの単語は日常生活の中でも目にしますが、それぞれの意味をきちんと覚えていますか? 今回は生活にも役立つ「電流」「電圧」「電力」の違いにスポットを当てたクイズをご用意しました!

問題1:電流、電圧、電力に対応する単位は次のうちどれ?

  • V(ボルト)
  • W(ワット)
  • A(アンペア)

 物理について知りたいときの近道は「単位を正しく理解すること」。まずは、それぞれの単位と意味を思い出してみましょう。それぞれの単位がどんな文脈で使われているかを思い出すとイメージしやすいかもしれません。例えば、「日本の家庭用コンセントの○○は通常100V」です。

問題2:一般的な家庭用コンセントの電圧は100V、また一般的なブレーカーは回路1つにつき20Aまで。このブレーカーの1つの回路では、合計何Wまでの電力を使うことができるでしょうか?

 暑い日にクーラーをつけながら冷凍チャーハンを電子レンジで温め、その間にテレビでも見ながらドライヤーで髪を乾かそう、と電源を入れたら、ブレーカーが落ちちゃった……。これは誰にでも経験があることだと思います。実際のところ、何W(ワット)の電力を使うとブレーカーが落ちてしまうのでしょうか?

問題3:出力が1Aのモバイルバッテリーと、2Aのものでは何が違うのでしょうか?

 外でスマホやノートPCを使っていると、バッテリー残量が気になりますよね。そんなときの心強い味方がモバイルバッテリーです。しかし、いざモバイルバッテリーを購入しようとしたら、膨大な種類と数字の羅列に混乱してしまい、どれを買えばいいのやら……。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.