ニュース
» 2019年07月07日 16時30分 公開

美しいだけの国 ――東京レッドライン:「心は本当にあるのかな」――“人格を移植”された電子人形は愛を知らない Lv. 近衛りこ (2/3)

[鏡征爾,ITmedia]

II


 強引に修理に出してやろうかと思うが、
 致し方ない。

 なにせ、鉱石からつくりだされた世界的にも稀少なアンドロイドなのだ。

 だから僕は、事務所の掃除洗濯料理など家事全般のほかに、事務と受付と人形のオイル差しと人工筋肉の手入れと電話のアポイントメント対応に至るまで、すべての業務をこなして死にかけていた。

 そんな日々だった。

 ボンパーン、と壊れすぎたチャイムの音が鳴った。

 告解の来客がやってきた。

 顔がツギハギだらけの、いかつい男だった。『暗殺者の館』に出てくるピーター・ローレのような風貌だ。

 だが、その巨体が、罪を告白する教会の告解部屋に入ると、嗚咽に震えた。

「最愛の娘が死んだのです」

 その瞬間、タイプRの表情がわずかに動いた。

 メルクリウス社管轄の病院から、大量の遺体の頭部が持ち出されたという事件を人づてに聞いたのは、それからしばらくしてからのことだった。

 ――その時はまだ、その娘の人格が彼女に移植されていることを知らなかった。

東京レッドライン 近衛りこ 羊肉るとん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ