ニュース
» 2019年07月10日 08時00分 公開

「ヤギまみれの木」に「血まみれのキノコ」……? 奇妙な植物を紹介する『誰かに話したくなる あやしい植物図鑑』発売

“あやしい”植物や菌類96種を記載した図鑑。くわしい解説や生息地のマップもついています。

[黒田順一郎,ねとらぼ]

 ヤギがたくさん登っている不思議な樹木、べったり血まみれになっているように見えるキノコなど、変わった植物やキノコを紹介する書籍『誰かに話したくなる あやしい植物図鑑』が7月11日にダイヤモンド社から発売されます。四六判・192ページで、価格は1000円(税込)です。

菅原久夫監修『だれかに話したくなる あやしい植物図鑑』ダイヤモンド社刊 菅原久夫監修『だれかに話したくなる あやしい植物図鑑』ダイヤモンド社刊

 同書では、“あやしい”植物や菌類96種を紹介し、あやしさの理由や生態についてそれぞれ解説。巻末には「世界あやしい植物MAP」を添付しています。

アルガンツリ―はヤギまみれ アルガンツリ―はヤギまみれ

 例えばモロッコの南部にいくと、アルガンツリ―という木にヤギがわらわらと登っているのを見かけることがあります。その土地は気温が摂氏50度を超えるうえ、雨がほとんど降らないため、ヤギたちはその実を食べることでのどを潤わせようとしているのだとか。

ブリーディングトゥースは心配なほど血まみれ ブリーディングトゥースは心配なほど血まみれ

 北米や欧州にあるブリーディングトゥースというキノコは、別名「出血キノコ」とも呼ばれています。だらだらと赤い液体が吹きでていますが、それは血ではなく抗菌作用のある粘液です。

キンギョソウはガイコツになる キンギョソウはガイコツになる

 北米や南欧に生息しているキンギョソウは、花が枯れると種を包んでいる「さや」の部分が残ります。そのさやは、一見すると骸骨のようで、そのせいか古代文明では神秘的な力があるとされていたようです。

オルキス・イタリカは、はだかの人間っぽい オルキス・イタリカは、はだかの人間っぽい
モンキーオーキッドはサル顔 モンキーオーキッドはサル顔

 監修の菅原久夫さんは、中学や高校、短大で教師をする傍ら、世界各地をめぐって植物の生態調査を行っていました。同書は、植物の面白さを知ってもらいたいという菅原さんの思いが詰まった一冊であり、読めば思わず誰かに話したくなってしまうかもしれません。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む