ニュース
» 2019年07月10日 08時00分 公開

「ヤギまみれの木」に「血まみれのキノコ」……? 奇妙な植物を紹介する『誰かに話したくなる あやしい植物図鑑』発売

“あやしい”植物や菌類96種を記載した図鑑。くわしい解説や生息地のマップもついています。

[黒田順一郎,ねとらぼ]

 ヤギがたくさん登っている不思議な樹木、べったり血まみれになっているように見えるキノコなど、変わった植物やキノコを紹介する書籍『誰かに話したくなる あやしい植物図鑑』が7月11日にダイヤモンド社から発売されます。四六判・192ページで、価格は1000円(税込)です。

菅原久夫監修『だれかに話したくなる あやしい植物図鑑』ダイヤモンド社刊 菅原久夫監修『だれかに話したくなる あやしい植物図鑑』ダイヤモンド社刊

 同書では、“あやしい”植物や菌類96種を紹介し、あやしさの理由や生態についてそれぞれ解説。巻末には「世界あやしい植物MAP」を添付しています。

アルガンツリ―はヤギまみれ アルガンツリ―はヤギまみれ

 例えばモロッコの南部にいくと、アルガンツリ―という木にヤギがわらわらと登っているのを見かけることがあります。その土地は気温が摂氏50度を超えるうえ、雨がほとんど降らないため、ヤギたちはその実を食べることでのどを潤わせようとしているのだとか。

ブリーディングトゥースは心配なほど血まみれ ブリーディングトゥースは心配なほど血まみれ

 北米や欧州にあるブリーディングトゥースというキノコは、別名「出血キノコ」とも呼ばれています。だらだらと赤い液体が吹きでていますが、それは血ではなく抗菌作用のある粘液です。

キンギョソウはガイコツになる キンギョソウはガイコツになる

 北米や南欧に生息しているキンギョソウは、花が枯れると種を包んでいる「さや」の部分が残ります。そのさやは、一見すると骸骨のようで、そのせいか古代文明では神秘的な力があるとされていたようです。

オルキス・イタリカは、はだかの人間っぽい オルキス・イタリカは、はだかの人間っぽい
モンキーオーキッドはサル顔 モンキーオーキッドはサル顔

 監修の菅原久夫さんは、中学や高校、短大で教師をする傍ら、世界各地をめぐって植物の生態調査を行っていました。同書は、植物の面白さを知ってもらいたいという菅原さんの思いが詰まった一冊であり、読めば思わず誰かに話したくなってしまうかもしれません。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」