ニュース
» 2019年07月10日 08時00分 公開

「ヤギまみれの木」に「血まみれのキノコ」……? 奇妙な植物を紹介する『誰かに話したくなる あやしい植物図鑑』発売

“あやしい”植物や菌類96種を記載した図鑑。くわしい解説や生息地のマップもついています。

[黒田順一郎,ねとらぼ]

 ヤギがたくさん登っている不思議な樹木、べったり血まみれになっているように見えるキノコなど、変わった植物やキノコを紹介する書籍『誰かに話したくなる あやしい植物図鑑』が7月11日にダイヤモンド社から発売されます。四六判・192ページで、価格は1000円(税込)です。

菅原久夫監修『だれかに話したくなる あやしい植物図鑑』ダイヤモンド社刊 菅原久夫監修『だれかに話したくなる あやしい植物図鑑』ダイヤモンド社刊

 同書では、“あやしい”植物や菌類96種を紹介し、あやしさの理由や生態についてそれぞれ解説。巻末には「世界あやしい植物MAP」を添付しています。

アルガンツリ―はヤギまみれ アルガンツリ―はヤギまみれ

 例えばモロッコの南部にいくと、アルガンツリ―という木にヤギがわらわらと登っているのを見かけることがあります。その土地は気温が摂氏50度を超えるうえ、雨がほとんど降らないため、ヤギたちはその実を食べることでのどを潤わせようとしているのだとか。

ブリーディングトゥースは心配なほど血まみれ ブリーディングトゥースは心配なほど血まみれ

 北米や欧州にあるブリーディングトゥースというキノコは、別名「出血キノコ」とも呼ばれています。だらだらと赤い液体が吹きでていますが、それは血ではなく抗菌作用のある粘液です。

キンギョソウはガイコツになる キンギョソウはガイコツになる

 北米や南欧に生息しているキンギョソウは、花が枯れると種を包んでいる「さや」の部分が残ります。そのさやは、一見すると骸骨のようで、そのせいか古代文明では神秘的な力があるとされていたようです。

オルキス・イタリカは、はだかの人間っぽい オルキス・イタリカは、はだかの人間っぽい
モンキーオーキッドはサル顔 モンキーオーキッドはサル顔

 監修の菅原久夫さんは、中学や高校、短大で教師をする傍ら、世界各地をめぐって植物の生態調査を行っていました。同書は、植物の面白さを知ってもらいたいという菅原さんの思いが詰まった一冊であり、読めば思わず誰かに話したくなってしまうかもしれません。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」