ニュース
» 2019年07月11日 18時25分 公開

任天堂の株価が上昇、年初来高値 新ゲーム機「Nintendo Switch Lite」に期待

「Switch」3年目の正念場という指摘。

[観音崎FP,ねとらぼ]

 2019年7月11日の株式市場で、任天堂の株価が上昇し、年初来高値を更新。高値圏を維持し、前日比1660円高(+4.15%)の4万1660円で取引を終えました。

フォト 小型になって携帯しやすい「Nintendo Switch Lite」

 前日夜に、新ゲーム機「Nintendo Switch Lite」を9月20日に発売すると発表。携帯モードでプレイできる「Nintendo Switch」用ソフトに対応し、価格は現行のSwitchより1万円安い1万9980円(税別)です(関連記事)。

 19年3月までに累計7508万台を販売してきた携帯機「ニンテンドー3DS」はライフサイクルの末期に入っており、20年3月期通期の販売台数予想は100万台まで減っています。Nintendo Switch Liteはこれに替わる携帯機であり、かつ19年3月までに累計3474万台を販売しているSwitchのポータブル版ですから、今後Liteを含めたSwitchハードとソフトの販売拡大につながるという投資家の期待が集まったようです。

 4月に公表した、20年3月期のSwitchハード販売台数予想は1800万台(前期は1695万台)、ソフト販売本数予想は1億2500万本(前期は1億1855万本)と、前期からプラスの目標を掲げています。ロイター通信は4月の記事で、世界で1億台以上販売した「Wii」が3年目までの勢いでライフサイクルの長期化を決定付けたことを挙げ、今年3年目のSwitchを伸ばせるかが任天堂の正念場になると指摘しています。

フォト 任天堂の株価推移(Yahoo!ファイナンスより)

 3月に米紙ウォールストリートジャーナルがSwitchの新型について報じた際は、ニンテンドー3DSの後継となるカジュアル層向けの普及機と、ゲーマー向けの上位モデルの計2機種が6月のゲーム見本市「E3」で発表される──という内容でした。E3での発表はありませんでしたが、3DSの後継となる普及モデルの登場は報道の通りでした。性能を高めた上位モデルへの期待も高まりそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた