レビュー
» 2019年07月19日 14時00分 公開

サウナ好きのバイブル「サ道」が、原田泰造&磯村勇斗でドラマ化ととのった! サウナ愛が今日から深夜を熱くする (1/2)

「ととのう」=「サウナトランス」を知ってほしい。

[大山くまお, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]

 ドラマ25「サ道」が今日から始まる。知らない人はタイトルだけ見ても「?」かもしれないが、これはサウナについてのドラマである。茶道とひっかけて「サ道」というわけだ。


サ道 原田泰造。三宅弘城はガチなサウナ好き。磯村勇斗はビギナーらしい イラスト/まつもとりえこ

 これまで、めしを食うことをメインに置いたグルメドラマはたくさん生まれてきたが、「サ道」はグルメの部分をサウナに置き換えたドラマになるだろう。公式サイトには「サウナ好きによる サウナ好きのための 『サ道』いよいよドラマ化!」と書いてある。あなたはサウナ好きですか? 僕は大好きです。

 「サ道」には原作者がちゃんといる。マンガ家でイラストレーターのタナカカツキだ。「週刊SPA!」の人気連載「バカドリル」の著者のひとりであり、「コップのフチ子さん」を考案した人物でもある。日本サウナ・スパ協会が認定する日本でたった2人のサウナ大使でもある(もうひとりはミスタージャイアンツこと長嶋茂雄である)。

 2011年に刊行された「サ道」はサウナ界のクラシック、バイブル的存在となった。その後、ストーリー性の強い「マンガ サ道」が刊行されており、今回のドラマはそちらが元になっている。


サ道 『マンガ サ道~マンガで読むサウナ道』タナカカツキ/モーニング KC(講談社)

 サウナに苦手意識を持っていた主人公が、謎の男と出会ってサウナに目覚めてしまい、サウナ仲間とともに全国のサウナ施設を旅する……。これだけ読んでも、サウナに興味のない人にしてみれば全くピンと来ないだろうが、サウナ好きが読めばものすごくうらやましいストーリーだ。

「ととのう」という感覚

 ここで「マンガ サ道」で主人公が「サウナトランス」に陥る描写を抜粋してみよう。

 「サウナと水風呂を何度か往復したら 身体をタオルでよく拭いて
 イスに深く腰かけたり ベンチに寝たりして休憩する
 サウナの醍醐味はここからである
 じーんと身体がしびれてきて
 ディープリラックスの状態がやってくる
 血液が体中を駆け巡り 脳に酸素がゆきわたる(グァーん)
 脳内に快感物質的なものが出て…(ドクンドクン)
 やがて多幸感…
 サウナトランス
 (パキーン)
 ととのったぁあああああ」

 これである。「ととのう」という感覚を知るのが、「サ道」の第一歩である。サウナ好きはいつもサウナでこんな感覚を味わっているのだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.