ニュース
» 2019年07月19日 18時00分 公開

エスカレーターは「歩かずに立ち止まって」「手すりにつかまって」呼びかけ 全国の鉄道52社が共同キャンペーン実施

エスカレーターは歩かずに利用しましょう。

[大泉勝彦,ねとらぼ]

 全国の鉄道事業者が連携して、エスカレーターを安全に利用してほしいと呼びかける啓蒙キャンペーン「みんなで手すりにつかまろう」を、2019年7月22日から8月31日までの期間に実施すると発表しました。

キャンペーンポスター エスカレーター「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーンのポスター

 各駅施設などに設置されているエスカレーターは、私たち利用客にとって便利なものですが、駆け上がり(駆け下り)によって他の利用客と衝突するなどで、利用客が転倒してケガをする事故が発生しています。また、エスカレーターの片側をあける習慣は、ケガなどで片側をあけて乗ることのできない利用客にとって危険な事故につながる場合もあるといわれてます。

 2019年3月16日から営業開始した小田急線・代々木八幡駅では、エスカレーター付近に「2列で利用」を促す案内を床に設置するなど、鉄道各社では以前から個別の取り組みが行われてきました。

エスカレーター 2人 並ぶ 小田急線・代々木八幡駅にある「2列で利用」を促す案内(関連記事

 そんな啓蒙活動を足並みを揃えて共同で行おうというのが、JRグループや東京メトロなどの全52社の鉄道事業者が共同で行うキャンペーンが「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーンです。

キャンペーンポスター キャンペーンのポスター

 エスカレーターを正しく安全に利用してもらうために「みんなで手すりにつかまろう」「歩かずに立ち止まろう」などの呼びかけを実施し、駅や商業施設でポスターの掲出やディスプレイ広告の掲載、ポケットティッシュの配布などが行われます。

 ポスターには「手すりにつかまる」「歩かず立ち止まる」「黄色い線の内側に立つ」「荷物をしっかり持つ」といったメッセージが、日本語だけでなく英語、中国語、韓国語でも併記されています。

参加事業者 キャンペーンに参加する事業者

大泉勝彦

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.