ニュース
» 2019年08月19日 18時00分 公開

あのころ、電話線の向こうには“未来”があった―― 「パソコン通信」がくれた出会いと記憶連載「わが青春のインターネット」(2/3 ページ)

[池谷勇人ねとらぼ]

チャットがきっかけで遠距離恋愛、そして結婚へ

 今回、パソコン通信についての思い出を読者から募集したところ、多かったのが「パソコン通信がきっかけで結婚した」というもの。Twitterユーザーのまなさん(@manaxlowcarb)もその1人で、今では孫も生まれているといいます。

 まなさんがパソコン通信を始めたのは1996年。久美沙織さんの『ありがちのラブ・ソング』という小説がきっかけで興味を持ち、趣味のパッチワークや「ポケットモンスター」の情報を集めるために利用を始めたそうです。


パソコン通信の時代 『ありがちのラブ・ソング』(久美沙織・藤原カムイ)

 最初に出会ったのは1996年の2月。きっかけはNiftyのチャット(CBシミュレーターと呼ばれていた)で、たまたま二人とも椎名誠のファンで懸賞好きだったことから話が弾み、やがて毎日何時間もチャットで会話をする仲に。はじめてリアルで対面したのは9カ月後でしたが、それまでほぼ毎日のようにチャットしていたため、お互い「はじめまして」なのにまったく違和感はなかったといいます。

 そこからは普通に遠距離恋愛がスタートし、約1年後の1997年12月に2人はゴールイン。普段はチャットや電話でやりとりしながらデートを重ね、10回目のデートで入籍したそうです。

 チャットで異性とやりとりすることについて、当時はどういう感覚だったのでしょうか。

「もともと女性の趣味友達と文通したりしていて、それがスピードアップしただけなのでだけで特に違和感はありませんでした。私はかなりタイピングが早い方なのですが、夫も負けないくらい早くて、チャットでも会話のキャッチボールがちゃんと成立してたのが大きかったですね。また、夫はとにかく聞き上手だったので、おしゃべりが過ぎる私とは相性が良かったのかもしれません」

 一方、旦那さんの方は両親にかなり反対されたそうで、2カ月ほど「親と一切口を利かない」期間を経て、「絶対に結婚する、家は出ていく」と宣言し、ようやくそれで両親の方が折れてくれたとのことでした。ちなみにまなさんの方は、全部決まってから両親に報告したものの、両親に旦那さんを紹介したところ、ひと目で気に入ったようで、あとはトントン拍子だったそうです。

 それにしても、チャットがあったとはいえ、やはり現実に会って話したくはならなかった?

「会いたくない訳がないですよ(笑)。でも、なかなか会えないからこそ結婚までが早かったのかもしれませんね」


パソコン通信で「プログラミングの師匠」と出会った

 TwitterユーザーのGIL(@GIL0920)さんの場合、はじめてパソコン通信に触れたのは1985年、GILさんが小学校高学年のころでした。当時アスキーが出版していた雑誌「パソコン通信」をきっかけに興味を持ち、両親にモデムを買ってもらい、同じくアスキーが運営していた「アスキーネット」に登録。見知らぬ人たちと、ネットワークを通じてやりとりできることに「未来が来た!」と感動したそうです。

「ネットワークを通じて情報を得られる仕組みがあるというのは知っていたのですが、あくまでそれは専用端末の話です。個人のパソコンでそれができる日がこんなに早く来るとは思っていませんでした」

 アスキーネットでは日夜、掲示板巡りやチャットに興じていましたが、翌年(1986年)、オンラインゲームの「ローグ」(「不思議のダンジョン」系ゲームの始祖。アスキーネット上で遊ぶことができた)にうっかりハマってしまい、月の電話代が10万円を突破。両親に激怒され、アスキーネットは退会させられてしまいます。しかし、その後もNIFTY-Serveや草の根BBSへと活動拠点を移し、パソコン通信自体は継続。好きだったアーケードゲームの情報収集などに活用する傍ら、後に「プログラミングの師匠」と呼ぶようになる人と出会います。

「95年に僕は社会人になり、ゲームプログラマーとして働くようになりました。当時、まだキャラクターを床に立たせることすらできず、途方に暮れていた自分に、その人は教科書には載っていない『プロが使う方法』を教えてくれました。その後も描画を高速に行う方法、メモリを効率よく管理する方法など、その人からは本当に多くのことを教わりました。一度『なぜ名前も顔も知らない自分に貴重なノウハウを教えてくれるのか』と聞いたことがありましたが、師匠の回答は『別にあなたを特別扱いしているわけではない。知りたい人には誰にでも教えるし、世の中のゲームの水準が上がるならいくらでも教える』というものでした」

 GILさんには他にも数人、パソコン通信を通じて出会った「今の自分があるのはこの人のおかげ」といえる人たちがいたといいます。しかし、当時やりとりしていた草の根BBSはある日(97〜98年ごろ)前触れもなく消滅。それまでに会っていた何人かを除いては、そのまま音信不通になってしまいました。今でも「自分が作ったゲームを1つでも遊んでくれただろうか……?」と時折思い返しつつ、GILさん自身もまた、誰かに質問された時には、惜しみなく何でも答えるようにしているそうです。


パソコン通信の時代 ネットで知り合った人たちとリアルで会う「オフ会」は、パソコン通信時代から今なお続く文化の一つ(ぴぴぴ☆@パイレーツシップさん提供

今も残る草の根BBS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」