遺跡発掘のボランティア体験を同人誌に 貴重な発見の様子も収めた『2度目のキルギス!遺跡発掘編』司書みさきの同人誌レビューノート

写真とマンガでまとめています。

» 2019年07月28日 12時00分 公開
[みさきねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 外を歩くと、抜けるような青空が広がっています。蝉の声も聞こえるようになりました。どこからか青々した植物の匂いがふっと運ばれてきたり。夏ですね。長期のお休みに旅行をされる方もいらっしゃるでしょうか。今回の同人誌は、異国のキルギスを旅し、ボランティアで遺跡発掘隊に参加された様子をつづったご本です。

今回紹介する同人誌

『2度目のキルギス!遺跡発掘編』A5 36ページ 表紙・本文カラー

作者:高橋ゆり


同人誌 図書館 司書 遺跡 キルギス

豊富な写真とマンガで、異国での発掘調査に参加体験を紹介

 もともと中央アジアを旅することがお好きな作者さん。古代の文化にもずっとご興味をお持ちで、そんな中「キルギスの発掘にボランティアで参加できる」という話を聞き、旅立ちを決意されます。

 キルギスで? 遺跡? と、考えてもみなかったつながりにびっくりしたのですが、発掘場所のアク・ベシムはかつてシルクロード沿いに栄えた交易都市だったそうです。さらにご本の解説を読むと、西遊記の三蔵法師としても有名な玄奘三蔵による旅行記に書き残された都市でもあったのですって。シルクロードや玄奘三蔵という言葉に、おぼろげながらイメージが湧いてきます。

 ぱっと聞くだけでは謎の遺跡発掘地に赴く印象でしたが、たくさんの写真や、解説、そして作者さんの気持ちが伝わるマンガの数々によって、キルギスで行われた遺跡発掘の様子が親しみやすく紹介されています。本文もカラーで、状況がよく分かります。

同人誌 図書館 司書 遺跡 キルギス ずっしりリュックでも「全てオッケー!」

同人誌 図書館 司書 遺跡 キルギス 現地の写真で様子も分かりやすいです

準備や現地の様子も細かくレポート。そして最後に貴重な発見も!

 作者さんはボランティア参加なので、旅費や宿泊費も自己負担。交通手段も己で確保しなければなりません。なんだか大変そう……と尻込みしてしまいそうですが、「行くっ!」と勢いよく参加を決意されただけあって、実に楽しそうにご準備をされていきます。

 飛行機のチケットや、現地での移動手段の確保も、何かと手間がかかるのですが、何より旅の目的のため、観光旅行とは持ち物がひと味違います。遺跡発掘経験のあるお仲間さんから、動きやすい服装は自転車用のものがいいということや、滑り止めつきの軍手、土器を洗うためのゴム手袋などなどの情報を収集され、さらに現地の「朝露がすごい」などのお話も聞いて、最終的に大きなリュックにずっしりと詰められますが、それすらうれしそうな顔でリュックを背負われるお姿!

 作業は発掘隊の先生の指導通りにとにかく地面を掘ること、とのこと。気温30度になる場所でひたすら掘り、土を運ぶ作業は地道で体力が必要そうです。それでも“私的には壁画が出たらいいなぁ”とうっとりされる作者さん。

同人誌 図書館 司書 遺跡 キルギス 地道な作業でもうっとり……

 重いリュックよりも、暑い作業よりも、またとない機会に携われる喜びの方が勝ったのがにじみ出ています。そんな思いが通じてか、なんと最後の最後に華麗な石畳が発見されました!

同人誌 図書館 司書 遺跡 キルギス 最後には美しい石畳み発掘の現場に!

玄奘三蔵と同じ食事をしている……! はるかな過去を、いま旅する

 でも、実はこのご本の中では、石畳の発見も意外に淡々と描かれています。もちろん吉報がとても喜ばしいのですが、見開きばーん! とページを使ったりはせずに、それすらマンガの1コマの中に納まっているんです。

 ご本には、遺跡の発掘と同じくらい、現地入りしたルートのこと、何を食べて過ごし、時々観光した街の様子は……と、旅の暮らしそのものにたくさんページが割かれています。そして作者さんは帰国して、読書し、玄奘三蔵の食事に思いをはせているときにふと気付きます。「私、普通に毎日 玄奘三蔵と同じの食べてたっ!!」と。きっと作者さんは、古代のシルクロード文化も、いまの中央アジアの街々も、そして日本でそれらについて調べたり、準備をしているときも、ずっとずっと楽しんでいらっしゃるのではないかしら! と感じました。

 出土した美しい石畳だけでなく、旅や、地道に遺跡を掘ること、一緒に遺跡発掘を進める先生たちや同行者さん、現地の方々とのふれあい、おいしいごはんも、その土地ならではの風景も……それらが同じように面白くって、大切にされている様子が伝わってきます。キルギスの遺跡の知識とともに、大好きなものに触れる旅って楽しそう! という気持ちにも触れられるご本です。

 ただいま、東京・八王子にある帝京大学総合博物館では、このアク・ベシム遺跡の調査についての展示も行われているようですよ。


同人誌 図書館 司書 遺跡 キルギス 帰宅後もおたのしみが

サークル情報

サークル名:ソグディアナの月

Pixiv:ソグディアナの月

次回参加予定イベント:コミックマーケット96 日曜日 西地区い-16b

入手できる場所:BOOTH



今週の余談

 気付けばもう7月も最終週に。みなさま、夏の準備は万端でしょうか。海、山、ライブ、同人誌イベント! 栄養と水分を補給して、めいっぱい楽しい夏にしたいですね

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」