ニュース
» 2019年08月23日 18時00分 公開

「ドッドッドリランド♪」はなぜ流行したのか ソーシャルゲームがもたらした「誰かと遊ぶ」という楽しさ連載「わが青春のインターネット」(1/2 ページ)

「探検ドリランド」「怪盗ロワイヤル」の現役プレイヤーにそれぞれ取材しました。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 「TOKIO、ドハマリ中!!」のキャッチコピーに、妙に耳に残る「ドッドッドリランド♪」のフレーズ――。GREEの代表作で、一時代を築いた「探検ドリランド」のテレビCMです。

 「探検ドリランド」がもっとも流行していたのは2012年ごろ。当時テレビでは「探検ドリランド」や「怪盗ロワイヤル」といった、いわゆる「ソーシャルゲーム」のCMが毎日のように流れていました。高額課金やコンプガチャなど、ネガティブなニュースで世間を騒がせたりもしましたが、裏返せばそれだけ夢中になっていたユーザーが多かったということでもあります。

 この記事では、なぜ当時「探検ドリランド」や「怪盗ロワイヤル」があそこまで流行したのかにフォーカスしつつ、当時遊んでいたユーザーや、今も遊んでいるユーザーに話を聞きながら、これらのゲームのヒットが「何をもたらしたのか」を振り返ります。


ドリランド 怪盗ロワイヤルドリランド 怪盗ロワイヤル GREEの「探検ドリランド」(左)と、モバゲーの「怪盗ロワイヤル」(右)

「FGO」の先駆けともいえた「探検ドリランド」

 「探検ドリランド」のサービス開始は2008年。携帯電話向けソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「GREE」の中で提供されていたゲームの1つでした。

 当初はドリルで岩を砕き、宝を手に入れるシンプルなゲームでしたが、2011年になってゲーム内容を大幅に変更。キャラクターを育て、時間で回復する「スタミナ」を消費してボスと戦う「育成ゲーム」としてリニューアルし、そこから人気が爆発しました。今のゲームに例えると、「グランブルーファンタジー」や「Fate/Grand Order」をもっとシンプルにしたもの、といえばイメージしやすいかもしれません。


ドリランド 怪盗ロワイヤル 「探検ドリランド」のホーム画面

 Aさん(仮名)は、全盛期に「探検ドリランド」に熱中していたユーザーの1人。ガラケー時代から無料ゲーム目的でGREEを利用しており、「探検ドリランド」もCMがきっかけで遊び始めたといいます。もともと家庭用ゲームも遊んでいたため、最初はあまりにシンプルなゲーム内容に戸惑ったものの、遊んでいるうちに、家庭用ゲームとはまた違った面白さが見えてきた、とAさん。

「ダンジョンを進むのも、ボスと戦うのも、決定ボタンを押したらあとは見ているだけ。最初は何が面白いのかまったく分かりませんでした。でも、トレードで新しいキャラクターを手に入れたり、レイドで強いボスを倒したりすると、どんどんパーティが強くなっていく。もともと他のゲームでも育成やコレクションといった部分が好きだったので、余計な時間をかけずに“そこだけ”を楽しめるというのが合っていたんだと思います」

 また、他のプレイヤーとの「薄い」つながりが心地よかったとも。

「オンラインで知らない人と遊ぶのは苦手だったのですが、『探検ドリランド』はお互い必要な時だけ利用しあう感じで、それが心地よかったです。レイドバトルが代表的ですが、誰かを手伝うと自分も得するし、相手も得をする。課金は少しガチャを引いたくらいで、1年くらいで飽きてやめてしまいましたが、遊んでいる間は楽しかったです」

 一方、Twitterユーザーの“だいちゃん”さんのお母さんは、3年ほど前に家族の誘いで「探検ドリランド」を始め、今でも現役で遊び続けているといいます。


ドリランド 怪盗ロワイヤル ステータス画面

 今でも続けている理由を聞くと、いつでも暇つぶしで遊べることや、常に新しいイベントが行われていること、そしてやはり「他のプレイヤーとの交流」があることを理由に挙げました。お互いお礼をしあったり、チャットをしたり、一緒にバトルをしたり、そうした「体験を共有しあえる」のが楽しいといいます。ちなみに、一緒に遊んでいるプレイヤーのプロフィールを見ると、意外と年齢層は高めで、「50代くらいの人が多い」そうです。

 2人の感想に共通しているのが、「仲間と遊ぶのが楽しかった」という声。「探検ドリランド」では、仲間と力を合わせて強大なボスに挑む「レイドバトル」というシステムが特徴の1つでした。

 1人では倒せないようなボスでも、仲間と一緒に戦えば倒すことができ、強いボスを倒せばそれだけ豪華な報酬が手に入る。この「SNSの仲間と共闘する」というソーシャル要素は当時新鮮で、多くのユーザーが夢中になっていました。


「対人戦」を軸にした「怪盗ロワイヤル」


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  7. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  8. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  9. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」