深田恭子「ルパンの娘」早くも5話でバレた華の正体 「バレたら一巻の終わり」から「敵同士が結ばれる可能性」に物語は変奏するのか(2/2 ページ)

» 2019年08月15日 10時00分 公開
前のページへ 1|2       
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

「嘘をつきたくない」と華は和馬に無抵抗だった

 華が桜庭家に携帯電話を忘れてしまう。それを届けに三雲家の前まで来た和馬。しかし、家は真っ暗だ。インターホンを押しても反応はない。和馬は悦子からの電話を受け、華に代わってもらった。

 和馬「華、うちに携帯忘れたろ? 今、どこにいるの?」

 「ちょうど今、家に着いたところ」

 和馬「家? 今、家にいるの?」

 和馬に疑いの気持ちが芽生える。信じたくない気持ちと悲しみが混ざり、一瞬で涙目になった。声は震え、涙声になっている。

 調査をするほど、華の素性の怪しさが増していく。疑いは確信に変わっていった。美羽に“Lの一族”の情報を話すよう迫られたとき、和馬はこう答えている。

 「言っておくが、お前ごときが敵う相手じゃない」

 無意識にLの一族の肩を持つ和馬。Lの一族=華という確信が彼の言動に表れている。美羽に捕らわれる男たちがてんとう虫によって救われたと知り、和馬は涙目になって取り乱した。華の正体を知ってしまう恐怖が、またしても行動に表れている。

 和馬が拘束される部屋には無数のキャンドルが立っている。レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ロミオ+ジュリエット」をオマージュしていることは明らか。和馬を縛る紐をほどき立ち去ろうとする華の手を、和馬は握って離さない。

 「試すような真似をしてごめん。もし、君がLの一族なら来ると思ったんだ。でも、本当は……来ないでほしかった。もし来たら……俺と君はもう……」

 「キャッツ・アイ」のようにバレそうでバレないまま最後まで引っ張る展開も予想していたが、安易な読みを裏切り、5話にして華の正体は遂に和馬にバレた。「もう嘘はつきたくない」と口にした華は、マスクを取ろうとする和馬に無抵抗だった。

 「ルパンの娘」が全10話だとすると、5話は折り返し地点だ。次回から話は大きく転換するはず。前半は「和馬に泥棒だとバレないよう振る舞う華」が描かれ、6話からは「泥棒の華と警察官の和馬の恋は成就するか?」のフェーズへと移っていく。

 今回、冒頭で描かれたのは三雲家と桜庭家が合同で開催した結婚記念パーティーだった。尊と悦子も、典和(信太昌之)と美佐子(マルシア)も、同じ職場で手と手が触れ合い、問題なく結ばれた。しかし、華と和馬には大きな障害がある。次回予告によると、華の恋敵・エミリは「見ないでください」の口癖を返上し、「私のことも見てください」と和馬に抱きついている。また、原作小説の和馬は華が泥棒と知った途端、手のひらを返す対応をしていたのも気になる。

 円城寺輝(大貫勇輔)が防犯レーダーをダンスで避けて突破する「オーシャンズ12」のオマージュ、田中みな実のキャラクターとかぶる恋をこじらせた女泥棒の悲哀、小沢真珠による財布ステーキ(「牡丹と薔薇」)のセルフパロディ、深田恭子の「誰がドロンジョだっていい」というセリフなど、小ネタも盛りだくさんで楽しかった今回。笑いと涙のバランスが第5話は揃っていた。コメディのベクトルとシリアスのベクトル、どちらもハイクオリティだったと思う。今までで一番面白い回だった。

寺西ジャジューカ

ライター 

Facebook

まつもとりえこ

イラストレーター&ライター

Twitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」