ニュース
» 2019年10月04日 14時25分 公開

関電が金品受領問題で会見〜「恫喝した」森山元助役という人物

明確にされていない森山氏の背景。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

ニッポン放送「ザ・フォーカス」(10月2日放送)に作家・ジャーナリストの河合雅司が出演。役員による金品受領問題を受け、2日に行われた関西電力の記者会見の内容について解説した。

フォト 関西電力の役員らが高浜町元助役から金品受領していた問題を受け、八木誠会長と岩根茂樹社長が会見=2019年10月2日午後、大阪市福島区の堂島リバーフォーラム 写真提供:産経新聞社

関西電力が記者会見と報告書〜氏名公表は12人どまり

関西電力の役員ら20人が、高浜原発が立地する福井県高浜町の元助役、森山栄治氏から合わせて約3億2000万円分の金品を受け取っていた問題で、岩根茂樹社長と八木誠会長が記者会見を行った。また報告書も発表されたが、氏名公表は12人にとどまった。

森田耕次解説委員)関西電力の役員ら20人が、福井県高浜町の元助役から金品を受け取っていた問題で、関西電力は2日、調査報告書を発表しました。氏名の公表は12人にとどまりまして、8人は非公表ということになりました。2日に記者会見した、岩根茂樹社長です。

岩根茂樹社長)金品につきましては、現金1億4501万円と、商品券6322万円、米ドル1705万円を合わせますと、およそ2億2000万円になります。その他物品については、金貨が368枚、金杯が8セット、金が500グラム、スーツが75着となっています。合計しますと約3.2億円となります。

フォト 美浜発電所(関西電力-Wikipediaより)

会長・社長は辞任を否定

森田)なかなか聞かない記者会見ですね。スーツや金貨などが出て来ましたが、最も多く受け取っていたのが鈴木聡常務執行役員の1億2367万円、豊松秀己元副社長が1億1057万円と続いています。ほぼ返却したということですが、3487万円分の金品は返却していないということで、その大部分がスーツの仕立て券、つまり使ってしまったということです。八木会長と岩根社長は、記者会見で辞任をあらためて否定しました。

森田)メールもいただいています。名前は書いていないのですが、「消費税が上がって庶民は1円単位で苦しんでいるのに、3億円以上のお金を貰えるなんて、ずるいにも程があります。いますぐ全員責任を取って辞めていただきたい。電力会社なんて、公益企業の代表みたいなものでしょう」。国民の怒りは相当に高まっていますよ。

河合)政府と同様に、電力会社は寡占事業として長いことやって来たので、公務員とは違いますが、極めて公務員に近い存在なのだと思います。もっとしっかりと説明して貰わなければいけないし、責任の取り方も多くの国民は納得していないと思います。

フォト 関西電力経営幹部らが福井県高浜町の元助役から資金を受け取っていた問題で、同社が会見。会見に臨む岩根茂樹社長ら=2019年9月27日 写真提供:産経新聞社

明確にされていない森山氏の背景〜どのようにして強い存在になったのか

森田)森山栄治さんという元助役は既に亡くなっているのですが、吉田開発に務めていたときに、多数の原発関連工事を発注していたことを関電は公表しており、「適正だった」と主張しています。八木会長は元助役による金品の提供が、東日本大震災の後にエスカレートして来たという説明をしています。関西電力の報告書は森山元助役について、「国会議員に広い人脈を有し、意に沿わないことがあると『発電所を運営できなくしてやる』と恫喝した」という指摘をしています。

河合)森山さんという方の経歴が明確にされていないのですね。関電が出した資料によると、もともとは京都府の職員だったようです。当時の高浜町長からの招聘で高浜町の職員となったという経緯の方ですが、それにしても、どうしてこれだけのお金を動かせる立場になったのか、どうして権限がこの人に集中するようになったのか、背景がよくわからないのですよ。これを解明して行かないと、この問題の構図がよく見えて来ない気がします。

森田)関西電力は、弁護士らによる第三者委員会を設置して、原発以外のすべての部門で同じような問題がなかったか、今回の調査結果を検証する報告書を年内に取りまとめるということです。

河合)先程話があったように、東日本大震災で福島の事故があったことを受けて、各電力会社が原発についてはかなり難しい立場に置かれたことが背景にあって、このころから大きなお金が動き始めたのだと思います。では、それ以前は(大きなお金の動きは)なかったのかと言うとわからないわけですから、どういう形で関電に大きな発言力を持ったのか、その辺を解明して貰いたいですね。

フォト 関西電力の役員らが高浜町元助役から金品受領していた問題を受け、岩根茂樹社長が会見=2019年9月27日午前、大阪市北区 写真提供:産経新聞社

減給処分、厳重注意のみにとどまる

森田)社内処分が、八木会長と豊松元副社長が月額報酬の2割を2ヵ月返上、岩根社長は2割を1ヵ月返上。鈴木常務執行役員は厳重注意にとどまったと。八木会長は金貨63枚と金杯7セットなど、859万円相当を受け取っていて、岩根社長も金貨10枚、150万円相当を受け取っていたそうです。

河合)唖然とします。これは所得税をちゃんと払っているのか、贈与になるのか。贈与だって税金がかかりますし、この辺も明らかになっていません。少なくとも、減給処分や厳重注意で済む話ではないと思います。

ザ・フォーカス

FM93AM1242ニッポン放送 月-木 18:00-20:20


radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  2. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  5. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  9. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」