ニュース
» 2019年10月15日 17時19分 公開

LINE Pay、インセンティブをLINEポイントに一本化 LINEポイントの外部サービスへの交換は終了 

外部交換を利用していた人は痛いかも。

[ねとらぼ]

 LINE Payは10月15日、LINEが発行するインセンティブを「LINEポイント」に一本化すると発表しました。ポイント制度を分かりやすくするのが狙いだとしています。一方、LINEポイントと外部サービスとの交換サービスは12月27日に終了します。

フォト コード支払いやオンライン支払い時の「LINEポイント」利用画面

 LINE Payのユーザー還元プログラム「マイカラー」では「LINE Payボーナス」を付与してきましたが、11月1日以降、来年から提供する予定の「Visa x LINE Payクレジットカード」を含め、LINE PayのインセンティブはLINEポイントに統一します。「キャッシュレス・消費者還元事業」での還元は2020年1月1日以降、LINEポイントに変更される予定です。

 既に発行されたLINE Payボーナスは、今後も支払いやLINEの友だちへの送付に利用できます。

 これまではLINEの利用で付与されるLINEポイントと、LINE Payが付与してきたLINE Payボーナスが混在していました。「特典を発行するLINE関連サービスの増加を背景に、これまでよりもわかりやすく・ためやすく・使いやすいポイントサービスに改善する必要性が増している」として、LINEポイントに一本化するとの説明です。

 変更に伴い、LINEポイントの発行主体を、LINE本体からLINE Payに移管します。

フォト LINEポイントの変更の概要(ニュースリリース

 一方、「dポイント」「Amazonギフト券」「nanacoポイント」「メトロポイント」「Pontaポイント」「選べるe-GIFT」「ベルメゾン・ポイント」「JALマイレージバンク」へのLINEポイントの交換が12月27日で終了します。LINEポイントはLINE関連サービスで利用するものという位置づけを明確にするものです。また、LINE Pay残高への交換も12月31日で終了します。

 外部サービスへの交換終了は9月末に既に発表されており、メトロポイントとの交換をANA(全日本空輸)マイルをためるために活用していた“陸(おか)マイラー”から残念がる声が上がっていました。

フォト 一部外部サービスは在庫次第で早期終了する場合もある(LINEの告知

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」