ニュース
» 2019年10月24日 11時59分 公開

森永卓郎が解説〜横浜のカジノ誘致と日米貿易交渉の深い関係性

横浜が表明した日に日米貿易交渉が行われていた。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

「垣花正 あなたとハッピー!」(10月23日放送)に経済アナリストの森永卓郎が出演。それまで白紙だと言っていた横浜の林市長が突然、カジノ誘致に名乗りを上げた本当の理由について解説した。

フォト 大阪が万博の開催地に決まり、万歳三唱をする地元自治体や財界関係者ら=2018年11月24日、大阪市北区のホテル 写真提供:時事通信

大阪の夢洲でほぼ決定していた

カジノについては、基本的に法律でIR実施法案、インテグレーテッドリゾート、統合型リゾートと言われています。ホテルや会議場、アミューズメント施設とカジノを一体開発するというものです。しかし、主体はあくまでもカジノです。それがどこにできるのかということが今回の問題です。

大阪での誘致は、大阪湾南港の近くの夢洲という人工島に決定したと言われていました。2025年に大阪万博が開かれる予定で、万博を開催するには大量輸送機関が必要です。そのためには地下鉄を延伸しなければなりません。地下鉄を万博のために延伸して、その後どうするのかという問題があります。そこで万博の跡地にカジノをつくるという構想がありました。

大阪市も大阪府も、そのために動いていました。加えて、地下鉄の延伸費用は何百億もかかると言われていますが、それもカジノの事業者に出させてしまえという虫のいい話をカジノ事業者が承諾したので、これは決まりだろうということでした。

フォト IR誘致先を想定している山下ふ頭=2019年8月27日 横浜市 写真提供:産経新聞社

突然の横浜の誘致表明

しかし、そこで9月に突然、横浜市の林文子市長が「横浜市は誘致します」と表明した。その後、横浜市議会でカジノ誘致費用2億6000万円を、横浜市の補正予算で通してしまいました。これはもう確実に横浜になったと見ていいでしょう。林市長は「カジノ誘致についてはまったくの白紙です」と言っていたのです。普通に日本語で受け取ると、「何も考えていません」ということです。それなのに誘致を表明した瞬間、同じ日にシンガポールのマリーナベイ・サンズの運営会社である、アメリカのラスベガス・サンズというカジノ大手が、歩調を合わせるかのように「大阪はやめて横浜に行く」と言い出したのです。偶然の一致とは思えません。何兆円という単位の投資が行われるため、2〜3時間で会社の意思決定ができるとは考えにくい。根拠はないのですが、横浜市が誘致の表明をすることを、事前にラスベガス・サンズが知っていたとしか思えません。

フォト ベネチアン、2007年7月(ラスベガス・サンズ-Wikipediaより)

アメリカの「ラスベガス・サンズ」が大阪から横浜への変更を発表した理由

業者の立場からすると、大阪より横浜の方が圧倒的に有利です。近畿圏の人口は2100万人ほどですが、関東圏の人口は4300万人くらいですので、倍以上です。地下鉄は大阪の場合、新たに引かなければなりませんが、横浜の誘致予定の山下ふ頭は地下鉄の駅が目の前にあります。さらに世界のお客様を考えると羽田空港から近く、すぐに来られます。ビジネスをやる側から考えれば、大阪よりも横浜の方が儲かります。

フォト 日米貿易協定交渉の最終合意を確認した文書に署名した安倍晋三首相(左)とトランプ米大統領(アメリカ・ニューヨーク)=2019年9月25日 写真提供:時事通信

横浜が表明した日に行われていた日米貿易交渉との関係性

大阪府、大阪市と官邸は、夢洲でやることで手をにぎっていたようでした。なぜ、それがなくなったのか。実は林市長が表明したときに、日米貿易交渉が行われていたのです。この日米貿易交渉で、トランプ大統領は日本の自動車に関税をかけるとか、輸出数量規制をかけるなどとプレッシャーを与えていました。それが、この日の貿易交渉の結末で、アメリカは「そういうことはしない」となった。安倍総理は「ウィンウィンの関係となり、非常に上手く収まりました」と言いましたが、一方でアメリカは中国との貿易戦争を1年近くやり続けています。そんなトランプ陣営があっさり降りたのはなぜなのか。

フォト

トランプ陣営は自動車への関税よりカジノでの収益を取ったか

カジノの収益の3割は税金で、残りの7割は事業者にわたります。横浜のカジノの収益が年間1兆円だとすると、毎年7000億円がアメリカに入ります。日本の事業者も手を挙げていますが、結果的には、アメリカの事業者が選ばれるのではないかなと思います。アメリカにとっては日本の自動車に関税をかけるよりも、こちらのほうが圧倒的においしいのです。無期限に毎年毎年、1兆円近いお金が入るのですから。これはカジノの問題ではなく、大きな経済のやりとりのなかで天秤にかけられた可能性があるということです。そして、そのお金の多くは通い詰める日本人が払う羽目になるのです。

垣花正 あなたとハッピー!

FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30


radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」