ニュース
» 2019年11月09日 15時40分 公開

Adobe「Premiere Pro」に被写体をAIで感知する「オート リフレーム」機能追加 スマホ用「Photoshop Camera」なども発表(1/2 ページ)

いろいろ便利そう。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 Adobe Systemsの動画編集ソフトPremiere Proに、人工知能を活用した「オート リフレーム」機能が追加されました。従来は細かな手作業での編集が必要だった映像が、手軽に作れるようになりそうです。


 人工知能の「Adobe Sensei」を活用した新機能で、人物の動きなどに合わせた映像編集が手軽に行えます。米ロサンゼルスで開催された世界中のクリエイターが集まる祭典「Adobe MAX 2019」で11月4日にお披露目されました。

 一般的な横長の映像を、スマホ画面に合わせた縦長や、スクエアにリフレームが可能。公開されたデモ映像では、スキーでジグザグに走行する映像や、人物の表情をアップで捉えた映像を自然な形でオート リフレームする様子が確認できます。自動でリフレームするだけでなく、手付けで編集した映像を挿入することも可能。各種SNSへの投稿で活躍しそうです。


 この他、Adobe MAX 2019では「Illustrator iPad版」やスマホ用のカメラアプリ「Photoshop Camera」といった新製品も発表。

 Illustrator iPad版は2020年提供予定。PC版に近い用途を想定しつつ、Apple Pencilを使ったiPadならではの直感的な操作も採用。発表会で披露されたデモでは、鉛筆で描かれたロゴのラフスケッチ写真を、ベクター線に一発変換する機能も紹介されました。ここでもAdobe Senseiが活用されており、アナログの鉛筆画が自由に手直し可能なベクター線に変換される様子に、会場からは大きな歓声が上がりました。


 Photoshop Cameraは、これまでPhotoshopで培われてきた画像処理のノウハウをスマホに最適化したもの。撮影した写真をポップな色合いにレタッチしたり、被写体の背景に特殊効果を加え手軽にコラージュしたりできます。被写体を自動でマスク化する機能の裏では、やはりAdobe Senseiが活躍しているとのこと。

Senseiさすがです

 Photoshop Cameraは公式サイトからプレビュー版の登録を受付中です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響