ニュース
» 2019年11月15日 14時50分 公開

円谷プロと東映アニメがタッグ、新作CGアニメ「KAIJU DECODE 怪獣デコード」を共同製作へ

テーマは「怪獣と少女の物語」、12月の円谷コンベンションで詳細発表。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 円谷プロダクションと東映アニメーションが11月15日、日本発の世界へ向けたCGアニメーション作品の共同製作を発表しました。作品タイトルは「KAIJU DECODE 怪獣デコード」。特撮製作の老舗と日本アニメ界の雄という強力タッグがどんな作品を作り上げるのか胸踊ります。

KAIJU DECODE 怪獣デコード 田口光一 隠田雅浩 円谷プロ 東映アニメーション 円谷プロと東映アニメが新作アニメでタッグ

 同作のテーマは「怪獣と少女の物語」。「ウルトラマン」シリーズをはじめ多くの実写特撮作品で魅力的な怪獣を生み出してきた円谷プロダクションと、60年以上の歴史を持つアニメーション製作会社の東映アニメーションが共同で、日本のアニメーションの強みと新技術を生かして製作するとしています。

 

 プロデューサーは、アニメ「楽園追放 -Expelled from Paradise-」「正解するカド」などを手掛けた東映アニメーションの野口光一さんと、「ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ」やテレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」などを手掛けた円谷プロダクションの隠田雅浩さんの2人体制。

 作品の詳細は、12月14日に東京ドームシティホールで行われる円谷プロの一大イベント「TSUBURAYA CONVENTION 2019」のオープニングセレモニーで、野口、隠田両プロデューサーが登壇し明かすとしています。

TSUBURAYA CONVENTION 2019 ツブコン 怪獣デコード 作品の詳細は“ツブコン”で発表(ツブコン公式サイトから)

塚越隆行円谷プロ会長兼CEOのコメント

「円谷プロダクションの代名詞の一つである怪獣を、より多くの皆さんに楽しんでもらいたいと考えている時、この「怪獣と少女の物語」の企画に巡り会いました。今回タッグを組む東映アニメーションは、日本で最も古い歴史と高いクオリティーを有すると同時に、時代を反映した少女が主人公の名作を数多く生み出してきたアニメ製作会社です。アニメと特撮、その老舗2社が互いの持ち味を活かし、世界に向けた作品づくりを目指すこのプロジェクトにご期待ください。


高木勝裕東映アニメーション社長のコメント

東映アニメーションは新しい取組みとして、円谷プロダクションとの共同プロジェクトを始めます。当社がこれまで培ってきた映像制作の技術に加えて、今回も新たなチャレンジを行います。両社の組み合わせに驚きを感じる方もいらっしゃるかと思いますが、映像を通して更なる驚きを感じていただけるように製作を進めてまいります。ご期待ください。



(C)円谷プロ・東映アニメーション

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン