海外不動産投資による節税を認めず〜安直な改正であるそのワケ

富裕層に対しての課税は世界的に議論されている。

» 2019年11月29日 16時43分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月27日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。海外不動産投資による節税を認めない、所得税法の見直しについて解説した。

フォト ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

海外不動産投資による節税、政府が所得税法見直しへ

富裕層に多いとされる海外不動産への投資による節税について、政府与党は他の納税者と公平でないと判断し、節税できないようにする方針を固めた。現在は海外物件への投資で出る赤字と国内の所得を合算して、税負担を減らせる仕組みになっているが、この合算は認められないことになる。

飯田)27日朝の日経新聞がこれを伝えていますが、富裕層に対しての課税は、世界的に見てもどうするかという話があります。

高橋)率直に言うと「こういう投資物件がありますので、どうですか?」と、業者の人がやり過ぎてしまったのだと思います。私も言われることが多いです。

飯田)そうですか。

フォト ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

海外での物件に損金を立てて赤字を増やし、課税所得を減らすことを禁じる

高橋)私は富裕層ではないと思いますが、仕組みは簡単です。日本と海外では、減価償却の仕組みが違います。住宅でいうと減価償却は、日本の方が期間が長い。海外だと償却がすぐできるものがあるのです。償却するということは、単価を下げて損金算入ができます。そうすると日本のものより、海外の方が償却期間が短い場合が多いので、そこで損金を立てて、損金は総合課税ですべて合算するため、日本の利益と相殺して課税所得を減らすというパターンです。

飯田)償却期間が短いということは、1年あたりの損金額が大きくなると。だからその分、赤字が増えるので課税ベースが減るということですね。

フォト ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

実際にはそれほど総額は変わらない

高橋)所得が多くても、そちらが赤字だということで減らせます。だから合算するなということを、今度やるのだと思います。しかし、償却をたくさんするということは取得単価を下げるから、実は売ったときに売却単価が増えます。償却すると当面は赤字になりますが、売却益のときにすごく税金を払うというパターンです。だから期間損益というもので、あまり本質的には税金をかけていることではありません。

飯田)行って来いで同じくらい。

高橋)はっきり言えばそうです。値上がり益に税金をたくさん払うというパターンです。値上がり益のところが捕捉できていないと思います。

飯田)海外物件だから。

高橋)だから損金を立てるなという制度だと思いますよ。あとは業者の人がたくさん売り込んだのでしょう。「こんなものがあってお得ですよ」と言ったのでしょうね。最後の譲渡益のところを見れば、本来ならば目くじらを立てる必要はありません。税務当局の都合で、途中も厳しくやるということだと思います。

飯田)売却のときは、海外の当局に問い合わせをするということですか?

高橋)基本は申告しますが、わかりにくいですよね。売却益のところを取りあぐねて、あとはタックスヘブンか何かを絡ませるかもしれないので、難しいのかもしれません。

フォト ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

税務署から見て怪しい案件でも海外だと追及が難しい

飯田)アメリカやイギリスなどで、高額な中古物件を購入という記事もあります。アメリカやイギリスの税務当局と、「売却益なのだからうちの税金だろう」となったりするのですか?

高橋)売却益だと向こうの税金になります。

飯田)直接の取引の部分は、向こうの税金を払うと。

高橋)税金を払って税額控除とか、複雑な制度になっています。税務署から見て怪しい案件でも、海外当局に問い合わせをするのが大変だとかね。

飯田)だから捕捉しきれないのですね。

高橋)追及すれば捕捉できるのでしょうけれど、英語で問い合わせをしなければならないし、ハードルは高いのでしょう。

飯田)メールを送るなどしても、回答が来ないとか。

高橋)そこで「期間損益で割り切れないから、損金を出して合算するな」ということでしょう。けっこう安直な改正です。業者にとっては大きいかもしれません。

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00


radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/25/news023.jpg 小1息子「からあげって書いてある」→視線の先には…… 爆笑の珍回答が540万再生「かわいいから正解にしちゃおう」「オチwww」
  2. /nl/articles/2406/25/news174.jpg かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  3. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  4. /nl/articles/2406/25/news021.jpg 0歳赤ちゃんと2歳兄、“世界一かわいい兄弟げんか”がはじまったワケは…… 必死な兄の姿に「笑っちゃった」「たまらんです」
  5. /nl/articles/2406/24/news128.jpg 現存するの……!? 実家で見つけたティッシュ → 書かれていた“まさかの文字”に驚がく レアすぎる品に「すごっ」「もう27年か」
  6. /nl/articles/2406/25/news047.jpg 「美しすぎる文章」 90歳の祖母から届く小説のような手紙に反響 「素敵なおばあさま」「こんな文が書きたい」
  7. /nl/articles/2406/25/news121.jpg 44歳・遠野なぎこ「エヘッ お手て繋いでテクテク」 友人と連日外食→距離感問うSNSコメントにピシャリ「即ブロックしますからね」
  8. /nl/articles/2406/24/news137.jpg 「そうはならんやろ」 洗濯機で洗ってしまった“まさかのお菓子” → 衝撃の光景に6万いいね 「やばすぎw」「驚きの白さ」
  9. /nl/articles/2406/25/news032.jpg 大切なランプを壊してしまった妻 片付ける夫に「どうしてイライラしないの?」と聞くと…… 25万いいねを集めた回答がすてき【海外】
  10. /nl/articles/2406/25/news030.jpg 学校に行かせてもらえない娘の“絶望的状況”に「まさにトラップ」「家で自習ですね」 行く手を遮る正体に同情の声続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  3. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  4. 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  5. 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  6. いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  8. 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  9. 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  10. 0歳赤ちゃん、寝ていたはずがベビーモニターに異常発生!→ママが駆け付けるとまさかの…… 爆笑の光景に「かわいすぎるっっ」「朝から癒やしをありがとう」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」