レビュー
» 2019年12月01日 12時00分 公開

この組み合わせは新しい 灯台×お味噌汁×異種族交流な同人誌マンガ『灯台守のみそしる専門店』司書みさきの同人誌レビューノート

寒い季節に1冊、いかがですか?

[みさきねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 目覚めたときに吸い込んだ空気がぐっと冷たいことに気付いた朝、日暮れの風の思わぬ冷たさに首をすくめた夕方、ほっとあったかいものを食べたくなりませんか。肩の力が抜けて、それでいてぐぐっと力が出そうな。今回はじんわりお腹の中が温まりそうな、「お味噌汁専門店」にまつわるオリジナルマンガの同人誌です。でもこちらのお味噌汁専門店、実は少し不思議な世界で……。

今回紹介する同人誌

『灯台守のみそしる専門店』 A5 52ページ 表紙カラー・本文モノクロ

作者:山崎と子(崎はたつさき)


同人誌 図書館 司書 味噌汁 灯台 この登場人物たちがどんなお話を……?

灯台×お味噌汁。あったかファンタジーマンガ

 ある日の放課後、学生服の少女は元気な友達から誘われます。「灯台でおみそしるが食べられるらしい」「なんか専門店らしい」。あやふやなうわさ、でも「こういうのはノリと勢いで行っとくもんよ」とにこやかな友人に引っ張られて、少女は灯台へと向かいます。到着した先で彼女たちを迎えたのは女性店主と少年が営む、お味噌汁屋さんでした。

 うーん、この灯台×お味噌汁の組み合わせだけで、すでにぐっと来ます。海辺の灯台のりりしさと頼もしさ、そしてすっくと立つ美しさ……そのイメージに掛け合わせるものとしてお味噌汁とは! いままで考えたことがなかったですが、こうして読むとなんてしっくり来るのでしょう。お店に向かっていく街並みや灯台の外見が丁寧に描かれているのもすてきです。

同人誌 図書館 司書 味噌汁 灯台 海辺の街の坂道を下った先にお味噌汁専門店が……?

ほっと力を抜いて味わう魅力

 そのお店で出されたのは「本日のおにぎりとおみそしるセット」。ふんわり湯気を立てるお味噌汁とおにぎりがいかにもおいしそう! そうそう、とかくお腹が空きがちな学生さんにこんなほかほかメニューを出されたら、そりゃあ笑顔が輝きますね。ちょっと背伸びをした大人っぽいお料理じゃなくて、おなじみのお味噌汁だからこその、なんの気兼ねもない表情に、彼女たちが一度にリラックスしたのが分かります。野菜と豆腐と油揚げのお味噌汁を「すべてがしみこんで体の中を流れていく…」と肩の力を抜いて味わう少女の様子が穏やかで、紙面のこちら側にもほっとする空気を伝えてきます。

 作者さんは「みそしるを描きたいという動機のみ」でこちらの作品を描き始められたそうです。さりげなく描かれたお椀の中の具材の描き分けにもこだわりが感じられます。

同人誌 図書館 司書 味噌汁 灯台 味わってみたい「本日のおにぎりとおみそしるセット」

異なるものを組み合わせ、異界との交わりを描く

 しかし、おいしいだけでお話は終わりません。ふと見下ろした「特別席」にいるお客さんが気になって話しかけることにした少女たちですが、そこに座っていたのはなんと人魚のおばあちゃま。実はここは人魚と人間が共に生きている世界だったのです。けれどこの街がわざわざ「人間と人魚が共に生きるまちづくりを目指しています」と宣言しなければならないほどのなじみ度で、彼女たちも最初は驚きを隠せません。

 このお話にはいくつもの「異なるものとの組み合わせ」が描かれます。灯台とお味噌汁屋さんというギャップ、人間と人魚の異種族交流、少女とおばあちゃまの若さと老い。それらが決して衝突せずに、驚きながらも混ざり、心を許していくさまが、明るくやさしい画風で描かれています。

 少女たちはびっくりしながらも人と人魚の世界が交わる第一歩を踏み出すのですが、それはごくごく自然に物語のなかに織り込まれています。特別でなく、でも間違なく心に残ってきらきらと積み重なっていくような日常体験……そんな世界がお味噌汁のように混ざっておいしくなっているご本です。

同人誌 図書館 司書 味噌汁 灯台 人間と人魚が暮らす街。お話のほかに設定のページもあるので見逃せませんよ

サークル情報

サークル名:(係)カッコガカリ

Twitter:@kakkogakari

今後の活動:「オリComi」「コミティア」などに参加予定

入手先:通販準備中。Twitterをチェック!



今週の余談

 お招きにあずかり、広島に行きました。ちょうど紅葉がきれいで、あちらこちらが赤で彩られていましたよー。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


関連キーワード

同人誌 | 漫画 | おにぎり | 料理


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」