レビュー
» 2019年11月17日 12時00分 公開

これは興味深い数字だ 同人誌『オタクのメガネ率、調べてみた。』が導き出すイメージの先のリアル司書みさきの同人誌レビューノート

確かに気になるけど、実際に調べた人がいたとは。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 街にクリスマスツリーが突如として出現し、思わず目を見張りました。イルミネーションや、てっぺんに取り付けられた星のきらびやかさももちろんなのですが、とにかく「えっ、もうそんな時期!?」とおののきすら感じる季節の速さです。いつもそこにあるはずの街路樹なのに、飾り付けられて初めてはっとする……今回は、対象への見え方が変わるかも? な、街ゆく人々を調査した同人誌です。

今回紹介する同人誌

『オタクのメガネ率、調べてみた。』 A5 20ページ 表紙・本文カラー

作者:編集・栗野、イラスト・井ノ沢


同人誌 図書館 司書 オタク メガネ 鮮やかな黄色の背景に無邪気に手を広げるたぬきさんがかわいい、ひとめで内容が分かる表紙です

メガネ率を調べに街へ

 オタクとメガネはなぜか結びつけられやすいイメージ……そうなの? それって本当のところはどうなのか? そう思った作者さんは早速街に出てみます。

 調査方法は特定の場所を設定し、そこを通行する男女500人、計1000人を街角に立った作者さんご自身がカウントしていく方式。レンズに色がない、または目が認識できる色の薄いレンズをメガネとし、サングラスは含まれません。

 さらにこのご本では特定場所を「オタクカテゴリ」と「一般カテゴリ」に分けてその比較を行っています。例えば「オタクカテゴリ」の場所はアニメイト秋葉原店や中野ブロードウェイといった街角や、コミックマーケット、ニコニコ超会議などのイベント開催地を選択。対して「一般カテゴリ」は新宿駅南口、渋谷センター街、表参道ヒルズなどが選ばれています。

同人誌 図書館 司書 オタク メガネ 行きかう人々から何が見えてくるでしょうか

イメージはどこからやってくる? 数字と向き合い、リアルと向き合う

 こうして調べた結果をオタクのメガネ率として掲載されており、そこからさまざまなランキング、比較が展開されます。例えば「オタクエリアの駅と店舗エリア」では、秋葉原駅前とアニメイト秋葉原店を比較。また場所や性別も分けて分析されていて、結果、調査した中でメガネをかけていた人が最も多かったのは同人誌即売会コミティア127の男性で、その割合は約55%、という結果も掲載されています。

 タイトルにもなっているオタクのメガネ率について、作者さんは「なんか思ったほどオタクのメガネ率は高くなかった」と結論を述べていらっしゃいます。「オタクカテゴリ」のエリア最高値でもメガネ率が50%を超えたのは上記の1回だけ。それでも世の中のメガネ率と比較すると高い数値ですが、作者さんは「オタクは半分くらいメガネをかけていると思っていた」とご自身のイメージとのギャップをかみしめます。

 掲載された数値と対峙(たいじ)するうちに私のなかにも「あっそうなんだ」と何度も驚きが生まれました。タイトルを見たときから知らず知らず「○%くらいかな?」と予測をしていた、脳内のイメージが覆される面白さを体感します。それは自分の中に作っていた勝手な印象とデータを突き合わせることで発生し、さらにもう一歩踏み込んで「オタクカテゴリ」の場所ってどこかなぁと、人だけでなく街の姿をも考え始めていました。そんなとき各ページには作者さんのコメントが添えられているので、自分のイメージと数値、そして作者さんの気持ちを比べてみることで、「イメージしていたもの」と「ギャップ」について思いをはせることができます。

同人誌 図書館 司書 オタク メガネ ページの端々にいるたぬきさんたちがとってもかわいくて、数字だらけのページを和ませます

「完全に思いつきから」……だけど継続力と行動力が光る!

 そもそもご本を作るきっかけは、なんとイラスト担当の方となにかしたくて、とにかく「夏コミの評論ジャンルに出る」という目標だけ先に決めたとのこと。そしてこのユニークなテーマは「その時の思いつき」だったそうです。けれど、そのために冬場から街角でカウントし続け、同人誌を作っていかれた……継続力が抜群です!

 今回の記事では、オタクのメガネ率そのものの数値だけは作者さんのご希望で伏せています。その心は「自分の足でどこかに出向き、そして出会い、面白さを感じていただきたい」と思っていらっしゃるから。またご本では「悪意でテーマを取り上げたわけでなく思い込みがあることを知ってほしかった」と記されています。ご自身の頭に浮かんだ思い付きを、ただの思い付きで流さずに、自分の足で調べられた行動力の力強さに感嘆するとともに、きっとその体験は作者さんにとってとても面白いものだったのではないかと感じました。このテーマを知って「周りではどうだろう?」「本当にそうかな?」と街を見回す楽しさを知ってほしい!と願っていらっしゃるように思います。

 私としては、データを開示し、そこから次の展開へと発展する可能性も見たく、ぜひご本やデータにアクセスできる環境が続くことを切に希望しつつ、自分でも顔を上げてちょっとカウントしてみようかな? と思ってご本を閉じました。

同人誌 図書館 司書 オタク メガネ オタクのメガネ率は半数を超えなかった……!(作者さんの意向でぼかしを入れています)

サークル情報

サークル名:しょーもな調査隊

Twitter:@shomona_chosa



今週の余談

 先日、図書館界隈(かいわい)の大きな展示会がありました。最新の設備や道具を見るまたとない機会で、わくわくの会でした。図書館の道具たちも進歩していっているのです。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声