ニュース
» 2019年12月10日 12時30分 公開

日産「残りわずかです」 GT-Rの超絶限定車「GT-R50 by イタルデザイン」発売へ、お値段たったの1億円くらい (1/3)

おい、ホントに発売するんかぁぁぁ。お申し込み連絡はお早めに。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 日産自動車は12月5日、イタリアのデザイン会社イタルデザインと共同開発した特別限定車「Nissan GT-R50 by Italdesign」市販モデルの納車を2020年後半に開始すると発表しました。

Nissan GT-R50 by Italdesign(写真:日産自動車、以下同) Nissan GT-R50 by Italdesign(写真:日産自動車、以下同)

 GT-R50 by Italdesignは、日産のフラグシップスポーツカー「GT-R」(関連記事)と、カーデザインの巨匠であるジョルジェット・ジウジアーロ氏が興したイタルデザインが、それぞれ2019年と2018年に50周年を迎えたことを記念して制作された特別共同開発モデルです。

 「何の制約もなくGT-Rを作ったらどうなるだろう」をテーマに、GT-Rの最高峰グレードであるGT-R NISMO(関連記事)をベースに、イタルデザインがスペシャルな内外装デザインを施しました。2018年7月にプロトタイプを発表(関連記事)、2018年12月に限定50台で正式受注を開始(関連記事)。あれから1年が経ち、いよいよ「市販モデルの納車時期」を具体的に告知するまでに至りました。ホントに出るんですね……これ!

「Nissan GT-R50 by Italdesign」 GT-R50 by Italdesign 市販モデル(ディープグリーン×ブラック)
市販モデルとは違うスタイリングを採用
「Nissan GT-R50 by Italdesign」のリアビュー GT-R50 by Italdesignのリアビュー
「Nissan GT-R50 by Italdesign」のリアビュー (参考)GT-R(2018年モデル)のリアビュー

 市販モデルは、プロトタイプモデルで効果的に採用していたゴールドの差し色がなくなり、ド派手感や超絶マシン感は少々薄れた印象を受けますが、やはりフロントフェースとリア部の造形を大胆に変更したデザインには「はぁぁ」とため息が出そうな特別感があります。

 GT-R50 by Italdesignの市販モデルは50台限定で生産予定。各市場における認可手続きを経たあと、2020年後半から2021年末にデリバリー開始予定としています。

 価格は99万ユーロ(約1億1900万円)。GT-R NISMO(2020年モデル)はそもそも2420万円からですし、各国のウン億円、ウン十億円スーパーカーを目にすると、これがこの価格なんてスゲーお得じゃない? と思えてしまうのが不思議です。日産によると予約枠は2019年12月5日時点で「残りわずか」とのことです。お申し込みはお早めに! ミニカー感覚で3.8億円スーパーカーをポンと購入されるあの方にもぜひこれもいかがですか? とお勧めしたいです。

 なお、今回発表された市販モデルは2020年3月開催のジュネーブ国際モーターショー2020にで実車を正式披露予定。日本でもGT-R50 by Italdesignのプロトタイプを東京・銀座の日産ショールーム「NISSAN CROSSING」や、2020年1月開催の東京オートサロン2020で展示予定です。

「Nissan GT-R50 by Italdesign」 GT-R50 by Italdesign 市販モデル(ホワイト×ブラック)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.