ニュース
» 2019年07月25日 12時00分 公開

日産GT-Rの最高峰「GT-R NISMO」2020年モデルの価格発表 何と2420万円!! (1/2)

標準モデルの2倍以上、これは高い……? いや、安い?【写真28枚】

[ねとらぼ]

 日産自動車は7月24日、フラグシップスポーツカーの最上位グレード「GT-R NISMO」と「GT-R Track edition engineered by NISMO」2020年モデルの価格を発表しました。価格は2420万円(10%税込価格)からです。

GT-R NISMO 日産 GT-R NISMO(2020年モデル)

 同社のフラグシップスポーツカー「GT-R」は2019年4月に年次改良版となる2020年モデルを発表し、19年6月から順次販売を開始(関連記事)。新色の「ワンガンブルー」や「登場50周年記念モデル」とともに、これまでNISMOグレードのみに採用してきたレース向けのターボ高効率化技術やサスペンション、ブレーキチューニングをより煮詰めることで走行性能を高めています。価格はベーシックグレードのPure Editionで1063万1520万円(2019年7月現在の8%税込価格)からです。

 今回価格を発表したGT-R NISMOはこのGT-Rの最上位グレードに君臨する、さらに特別なサーキット走行向けハイパフォーマンス仕様です。

GT-R NISMO 日産 GT-R NISMO(2020年モデル)NISMO専用チューニングを施した3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジン「VR38DETT」

 GT3レーシングカーで使われていたターボチャージャー技術などを市販車へフィードバックしたNISMO特別チューンのエンジン、カーボン素材を多用した極限の軽量化、そのままレーシングカーとなり得る空力パーツやエアダクトのエクステリア、世界トップクラスの制動性能を持つとするブレーキシステムなど、「頂点」を目指した特別チューニングが施されています。

GT-R 2020年モデル GT-R NISMO/専用のカーボンセラミックブレーキ
GT-R NISMO 日産 GT-R NISMO(2020年モデル)の内装

 発売は19年10月8日。価格は2420万円(10%税込価格)から。消費税増税後の価格のため比較には若干の差異はありますが、価格は標準モデルの2倍以上。GT-R 1台にもう1台分のコストを掛けてチューニングを施したことになります。驚きですが、それだけ丹念に手を掛けた特別製であることも伺えますね。

GT-R NISMO 日産 (参考)GT-R Premium edition(ワンガンブルー)
GT-R NISMO 日産 (参考)GT-R誕生50年記念の特別モデル「GT-R 50th Anniversary」
GT-R NISMO 日産 (参考)GT-R 2020年モデルの価格

NISMOチューンの追加グレード「Track edition engineered by NISMO」も発売

 もう1つ「GT-R Track edition engineered by NISMO」もラインアップに加わります。

GT-R NISMO 日産 GT-R Track edition engineered by NISMO(2020年モデル)

 Track edition engineered by NISMOは、GT-Rほぼそのままのフォルムに、GT-R NISMOの足回りとボディー剛性を融合したとする第二のNISMOモデルです。2020年モデルでは、新開発のハイグリップタイヤ、専用レイズ製アルミ鍛造ホイール、専用カーボンセラミックブレーキ、カーボンルーフなどを採用し、標準モデルよりパフォーマンスをグッと高めています。専用レカロシートもオプションで用意します。

 価格は1463万6600円(10%税込価格)から。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.