インタビュー
» 2020年01月31日 16時30分 公開

「自分の生活に身近なものとして捉えてくれたら」 入江悠監督、オリジナル脚本で挑んだ“日常の延長線上”にある「AI崩壊」(2/2 ページ)

[のとほのか,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

――確かにあの2人の存在は見ている側にとってありがたかったです。ただ、人工知能という題材自体はこれまでも扱われてきたものだと思います。なぜ今、日本で人工知能を題材とした作品を撮られたのでしょうか?

入江監督 多分、人工知能というのは前後10年ぐらいで1番インパクトがある技術的な発展だと思うんですよね。その技術が急速に進歩している今、2020年に向けて制作するのにふさわしい題材だと思いました。

――監督が加えたオリジナリティーはどこですか?

入江監督 ひとつよかったなと思うのは、子どものころに見ていたハリウッド映画のマネをすると絶対に失敗すると思っていたので、人工知能がターミネーターのような姿をしているわけではなく、僕らの生活の“日常の延長線上”にある身近なものとして描いたことです。そこの日常性みたいなところは、意外とハリウッド映画はあまり描いていないんです。

 近未来ものというと、遠くの世界の話として観客が捉えてしまいがちですが、「AI崩壊」は、僕らの生きている世界のほんの少し先に起こり得ることなんだと実感してもらえると思います。それがオリジナリティーもあって満足しています。

入江悠 AI崩壊 大沢たかお 22年目の告白 AI 近未来 (C)2019映画「AI崩壊」製作委員会

――確かに、人工知能はすでに私たちの生活の一部となっているものもありますし、そう遠くない未来ですよね。ラストシーンでは、「AIは人を幸せにするか。それは……」と続くせりふがありますが、この言葉は撮影直前まで悩まれていたそうですね?

入江監督 どの言葉が桐生として正しいのか、観客に一番届く言葉はなんだろう、と考え続けていたのですが、直前まで結論が出せませんでした。そこで、大沢さんに相談したところ、「編集の時に見えてくることもあると思いますし、その時に選んでいただければいいので、監督が思いつくものを全てやりましょう」と言ってくださって、3パターン撮影しました。

 結果、最後に撮影したせりふを起用したのですが、大沢さんがそのせりふを言ったときに、そこにいた娘役の心ちゃんやスタッフの反応が一番よかったんです。それが桐生の言葉としてスッと心に響く言葉だったんだろうなと思いますね。ただ、人工知能というものは今まさにどんどん進歩しています。人によって捉え方や答え、ビジョンが違うと思うので、いろいろな解釈があっていいと思います。

入江悠 AI崩壊 大沢たかお 22年目の告白 AI 近未来 (C)2019映画「AI崩壊」製作委員会

――実際、AIはどのように人を幸せにすると思いますか?

入江監督 桐生が開発したのは医療AIなんですが、医療や介護はこれから僕らの社会で課題になってくるので、医療の分野で人を助けてくれるんじゃないですかね。

――人工知能と共存するために、私たち人間はどう寄り添っていくべきでしょうか?

入江監督 この映画を作ったきっかけが、人工知能とはどういうものなのかを知ってもらうきっかけになったらいいなと思ったからなんです。もう少し、自分の生活に身近なものとして捉えてくれたら、人工知能の持つポテンシャルや逆にその怖さを知ってもらえるんじゃないかと。

 使うのは最終的に人間なので、人間がどう人工知能と向き合うかだと思うんです。知らないところで勝手に起きているものではなく、自分ごととして捉えていただけたらいいですね。

――ありがとうございます。最後に見どころを教えてください。

入江監督 人工知能やAIというのが前面に出てくる作品はありますが、その対比として生身の俳優さんの演技や温かさが映画から伝わるように演出しました。大沢さんが娘の手を握ったように、人のぬくもりというものが映画を通して伝わってくれたらうれしいなと思います。そこで、人って何なのか、家族とは、というところまで観客の皆さんに届いたらうれしいです。

入江悠 AI崩壊 大沢たかお 22年目の告白 AI 近未来 (C)2019映画「AI崩壊」製作委員会

フォトギャラリー

入江悠 AI崩壊 大沢たかお 22年目の告白 AI 近未来 入江悠 AI崩壊 大沢たかお 22年目の告白 AI 近未来 入江悠 AI崩壊 大沢たかお 22年目の告白 AI 近未来 入江悠 AI崩壊 大沢たかお 22年目の告白 AI 近未来 入江悠 AI崩壊 大沢たかお 22年目の告白 AI 近未来 入江悠 AI崩壊 大沢たかお 22年目の告白 AI 近未来 入江悠 AI崩壊 大沢たかお 22年目の告白 AI 近未来 入江悠 AI崩壊 大沢たかお 22年目の告白 AI 近未来 入江悠 AI崩壊 大沢たかお 22年目の告白 AI 近未来 入江悠 AI崩壊 大沢たかお 22年目の告白 AI 近未来 入江悠 AI崩壊 大沢たかお 22年目の告白 AI 近未来 入江悠 AI崩壊 大沢たかお 22年目の告白 AI 近未来 入江悠 AI崩壊 大沢たかお 22年目の告白 AI 近未来

関連キーワード

映画 | 人工知能 | 大沢たかお


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」