インタビュー
» 2020年02月01日 12時32分 公開

全員で試行錯誤しながら埋めた「AI崩壊」の“穴” 大沢たかお、オリジナル脚本だからこその“不完全さ”を語る

「22年目の告白 -私が殺人犯です-」などを手掛けた入江悠監督が挑むオリジナル作品。

[のとほのか,ねとらぼ]

 AI(人工知能)が全国民のライフラインを支える存在となった10年後を描くサスペンス超大作「AI崩壊」が1月31日から公開。俳優の大沢たかおさんを主演に、「ジョーカー・ゲーム」や「22年目の告白 -私が殺人犯です-」などを手掛けた入江悠監督のオリジナル脚本として、突如“人間の命の選別”を始めたAIと、AI暴走のテロリストにされた天才科学者・桐生浩介の姿が描かれます。

大沢たかお AI崩壊 入江悠 AI 桐生 (C)2019映画「AI崩壊」製作委員会

 大沢さん演じる桐生が、AIを暴走させたテロリストと見なされ、全国各地を逃げ惑う逃走シーンもさることながら、亡き妻・望(松嶋菜々子さん)や1人娘・心との“家族愛”を感じさせるシーンも見どころの一つとなっている同作。人の温かみを感じられる作品にしたかったという大沢さんが、“オリジナル脚本”だからこその“不完全さ”を語りました。

大沢たかお AI崩壊 入江悠 AI 桐生 天才科学者・桐生を演じた大沢さん

――日本映画で近未来を描く作品は、海外と比べるとかなり難しかったと思います。大沢さんは天才科学者という役柄にキャスティングされましたが、桐生浩介をどのように捉えてどのように演じられましたか?

大沢たかお(以下、大沢) 最初お話をいただいたときに、“天才科学者”という役柄を意識して役作りしていたらどんどん、ステレオタイプなつまらない人物になってしまったんです。極端なことを言うと、ハリウッド映画に出てきそうな何でも完璧にこなしてしまうタイプ。僕がトム・クルーズさんだったらそういうキャラクターでもいいかもしれませんが、そうではないので(笑)。

 そういった不死身なキャラクターや隙のない男は、どちらかというと“人間”を描くことを得意とする日本映画のエンターテインメントでは成立しにくいと思うんです。ですので、決してスーパーヒーローではない普通の人間がこの作品のように、パニックに巻き込まれたらどうするのか、ともう一度考え直したら自分の中でドキドキワクワクしたのを覚えています。そこからは、人間味のある体温を感じるキャラクターを演じようと決めて、実際そのように演じさせていただきました。

大沢たかお AI崩壊 入江悠 AI 桐生大沢たかお AI崩壊 入江悠 AI 桐生 AI暴走のテロリストと見なされ追われる身に (C)2019映画「AI崩壊」製作委員会


――桐生のそういったキャラクター像は監督とも考えが一致しましたか?

大沢 そうですね。僕は普段、誰かと話し合ったりすることはないですが、今回は監督のオリジナル脚本ということで、自分の思う日本のエンターテインメント映画についてや、桐生のキャラクター像などは共有しましたし、現場に入ってからも細かなところを相談しながら調整しました。

――具体的に現場でどのような調整が行われたのでしょうか?

大沢 記者に囲まれる中、田牧そらさん演じる娘の心と医療AI「のぞみ」を扱うHOPE社に入るシーンでは、もともと脚本にはなかった“手をつなぐ”ということをやってみました。

 あの日はクランクインの日だったのですが、仲がいい悪いは別にして、桐生と心が親子である以上は、見た人が無意識に感じる“何か”がほしいなとずっと悩んでいたんです。役者は、僕も含め、クランクインの日とかはまだ現場になじんでいないので、冒険することは少ないのですが、あのシーンはそれでいいのかなと自問自答していて、何パターンか撮影した最後に田牧さんには何も言わずに手をつないでみました。

 そういう一瞬はすごく大切で、そこで“ウソ”が観客にばれてしまうと思うんです。大したことではないのかもしれないですが、僕の中では映画全体の方向性が見えたシーンになりました。

大沢たかお AI崩壊 入江悠 AI 桐生 親子のつながりを大切にしたという大沢さん (C)2019映画「AI崩壊」製作委員会

――亡き妻の望役を演じた松嶋菜々子さんとは5度目の共演となりましたね。共演シーンはわずかでしたが、撮影するにあたってお話されたことなどはありますか?

大沢 松嶋さんとは何度も共演させていただいているので、お互いになれ合いにならないよう、望みとの別れのシーンである病室での撮影前に「短いシーンだけど、ここめちゃくちゃ大事だからね!」という話をしました(笑)。

 夫婦関係を示すシーンはほぼあの場面だけでしたし、2人の何十年分の別れをすごく短い撮影時間の中で表現するためには、松嶋さんと同じレベルの気持ちに持っていかなくてはいけなかったので、自分自身にも言い聞かせるように「めっちゃ大事だよ!」とお互いにプレッシャーをかけ合いました。

――家族愛をすごく感じるシーンでした。最後のシーンで、「AIは人を幸せにするか。それは……」と続いていくせりふが印象に残りました。

大沢 あのせりふは、撮影の直前まで決まっていなかったんです。仮のせりふはあったのですが、僕はしっくりきていなくて、入江監督やプロデューサーに別のアイデアがないか相談していました。

 でも、撮影当日までベストなものが見つからなかったので、入江監督が思い付くパターンをいくつか撮影してみようということになり、周りには一切知らせず、何パターンか撮影させていただきました。だから、田牧さんもすごくびっくりしていました。僕が台本とは違うせりふを何パターンも話すから(笑)。でも、田牧さんはそれぞれのせりふにきちんと反応してくれたので、どのパターンもいいシーンになったと思います。

 最終的に、劇中で使われている監督が選んだせりふは、僕も気に入っていたので、相談してよかったなと思います。

大沢たかお AI崩壊 入江悠 AI 桐生 (C)2019映画「AI崩壊」製作委員会

――かなり試行錯誤されたところが多かった作品なのですね。

大沢 そうですね。それは、オリジナル脚本だからというところが大きいですね。原作があるものは、原作者の方が構想から相関図など何年もかけて練り上げているので、隙がないんです。でも今回は入江監督のオリジナル脚本だったので、現場で話し合い意見を出し合ってできあがる部分が多かったですね。

 そういった“穴”を、カメラマンさんや役者さん、音声さんなど、全員で試行錯誤しながら埋めて作り上げていったというのは、やはり“オリジナル”だからだと思います。

大沢たかお AI崩壊 入江悠 AI 桐生

プレゼントキャンペーン

 ねとらぼエンタの公式YouTubeをチャンネル登録&公式Twitterをフォローし、プレゼント企画を告知するツイートをRTしてくださった方の中から抽選で2名に、大沢たかおさんのサイン入りチェキをプレゼントします。

大沢たかお AI崩壊 入江悠 AI 桐生

キャンペーン応募方法

(1)ねとらぼエンタ公式Twitterアカウント(@itm_nlabenta)をフォロー

(2)告知ツイートをRTで応募完了


注意事項

  • 締切期限は2月8日正午
  • 当選者には編集部よりDMにてご連絡いたします。DMが解放されていない場合には当選無効となりますのでご注意ください
  • いただいた個人情報はプレゼントの発送のみに使用し、送付後は速やかに処分します
  • ご応募完了時点で、アイティメディアのプライバシーポリシーへご同意いただいたものと致します。応募前に必ずご確認ください

フォトギャラリー

大沢たかお AI崩壊 入江悠 AI 桐生 大沢たかお AI崩壊 入江悠 AI 桐生 大沢たかお AI崩壊 入江悠 AI 桐生 大沢たかお AI崩壊 入江悠 AI 桐生 大沢たかお AI崩壊 入江悠 AI 桐生 大沢たかお AI崩壊 入江悠 AI 桐生 大沢たかお AI崩壊 入江悠 AI 桐生 大沢たかお AI崩壊 入江悠 AI 桐生



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声