インタビュー
» 2020年02月12日 19時00分 公開

【ゲームの日本史】ひたすら最速クリアを目指すRTA(リアルタイムアタック)はどのように生まれたのか(3/3 ページ)

[ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

 RTAが一般化してきたのはひしひしと感じています。かなりカジュアルに使われる言葉になりましたよね、「退職RTA」とか(笑)。

※退職RTA:「入社から短期間で退職すること」などを指すネットスラング。ググるとすんごい記録保持者が見つかるのはゲームと同じ。違うのは全然楽しくないところ。

―― 期間指定をしてググってみたんですが、2018年4月ごろ、Twitterで「新入社員退職RTA」という表現が流行していたみたいですね

 それから、プレイヤーも増えているみたいです。「RTAplay!」ってストップウォッチの使い方とか、一度見たらもう見なくていいようなコンテンツが多いんですけど、アクセスが増加し続けています。

 現在、世界中のRTA記録の集積地になっている「speedrun.com」の登録者数も右肩上がりですし。

「RTA in Japan」の現在

―― 「RTA in Japan」は企業ではなく、個人が主催しているイベント。直近の第4回は2019年12月27日から31日まで108時間にわたって行われていましたが、どのような運営体制だったのですか?

 運営スタッフは9人です。

―― その人数で、あんな長時間のイベントを回していたんですか

 あと、ボランティアの方々がいました。たくさんの人が名乗りをあげてくれたうえに、3、4時間の持ち時間を超えて、手伝ってくれて。ありがたかったですね。

―― 「今後、日本のRTAシーンがこうなったらいいなあ」という、もかさんの希望はありますか?

 それよく聞かれるんですけど、特にないんですよ(笑)。国内のRTAプレイヤーを代表するつもりは全くなくて、あくまでも発表の場所を作っただけです。

 現在のようにRTAが楽しまれているのは、自由に発展していったからこそだと思うんですよね。これからものびのびと広がってほしい。

―― 逆に言うと、ヘンに手を入れるべきではない分野だ、と

 eスポーツが“大会”だとしたら、僕らがやっているのは“お披露目会”。プレイヤーの皆さんに関しては、ガチでやりたい人もワイワイやりたい人も受け入れていて、運営の方で「こうしてください」「ああしてください」とお願いすることは一切していないんですよ。

―― 自由な雰囲気ですよね。個人的には「シルバーサーファー」(FC)のプレイヤーが、全身銀色のコスプレ姿で登場したのが印象的でした。「予定されていた方が急用で来れなくなりました。でも、会場にシルバーサーファーさん本人がいました!」という設定で


こんなノリなのに、めっちゃうまい

 担当のEiPさんが善意でやってくださったんです。あの方、本当は世界1位の記録保持者なんですけど。

―― 世界最速が、あんなお戯れを(笑)

 そういうことが起こるのも、RTAの面白いところだと思います。他にもプレイ中にバナナを食べて盛り上げてくれる方なんかもいたんですけど、僕らはそういう風に提案してくださるのを「OKです」「お願いします」と言っているだけ。

 皆さんの協力のおかげで成り立っているイベントだと思います。

次回:【ゲームの世界史】なぜ米国のゲーマーはRTAで東日本大震災の支援活動ができたのか

  • 革命的なRTAで世界的に知られる日本人プレイヤー・蛍火さんとは
  • 世界で初めてタイムアタックが競われたゲームタイトルとは
  • “ホテル丸ごと借りる”ほどの海外RTAイベントの盛り上がり
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」