インタビュー
» 2020年02月12日 19時00分 公開

【ゲームの日本史】ひたすら最速クリアを目指すRTA(リアルタイムアタック)はどのように生まれたのか(1/3 ページ)

国内最大規模のRTAイベント「RTA in Japan」主催者・もかさんにインタビューしました。

[ねとらぼ]

 欧米に遅れながら、日本でも対戦型ゲームを競技のように楽しむeスポーツが普及してきた――。 ここ数年、こんな報道をよく目にするようになりました。その裏側で静かに、しかし、着実に盛り上がりを見せているのが“最速クリアを目指す”RTA(リアルタイムアタック)。eスポーツを「ゲーム界の格闘技」と表現するなら、100メートル走、ハードル走などのように個人の記録を追求する「ゲーム界の陸上競技」と例えられるかもしれません。

 eスポーツと同じようにRTAもまた、現在はさまざまなイベントが開かれるようになってきています。今回は、国内最大規模のRTAイベント「RTA in Japan」の主催者・もかさんに、「日本におけるRTAの歴史」「広まりつつあるRTAの今後」などを伺いました。

【自由過ぎるRTAの世界】ネタプレイからTAS顔負けのプレイまで

―― RTAとeスポーツの違いの1つとして、「ゲームジャンルやレギュレーションの豊富さ」が挙げられると思います。バグ技を使ってRPGをたった数分でクリアしたり、「ピカチュウげんきでちゅう」(NINTENDO64)のようなほのぼのタイトルを爆速で攻略したりと自由度が高いですよね

 RTAって自由過ぎて、何でもアリなんですよね。

かわいいピカチュウとの交流よりも、最大効率を目指したプレイが話題になった「ピカチュウげんきでちゅう」のRTA。「RTA in Japan2019」にて実施

 最近、個人的にやってみたいなあと思っているのは「たけしの挑戦状」(FC)。タイトル画面で3万回くらいボタンを押すとエンディングの一歩手前に飛べる裏技があって、それでRTAするという。主人公がひたすらパンチ連打してるだけで、ゲーム画面はほぼ動きません(笑)。

―― もはやRTAというか、ネタプレイじゃないですか!

 その一方で、人力でTASと同タイムが出せるくらい極まっているタイトルもあります。

 「スーパーマリオブラザーズ」(FC)には「21フレームルール」と呼ばれる変わった仕様があって、面クリア後の暗転画面の長さが一定ではありません。21フレームに1回だけ判定があって、そのときに暗転が解けます(「スーパーマリオブラザーズの1フレーム=約60分の1秒」)。その21フレームのサイクル内に収まっていると、結果的に同じクリアタイムになるんですね。

―― RTAでは“わずかな時間差を打ち消す調整機能”のように働き、0.3秒くらいの違いなら差が出ない可能性があると

 この影響で、人力でもTASと同じ速度でクリアできる面がいくつかあって。今は「そういう面ではTASと同タイムを維持しつつ、別の面でいかにタイムを縮めるか」という戦いになっています。難し過ぎて挑戦者があまりいないのですが、僕は好きですね。

※TAS:Tool Assisted Speedrun/Superplayの略。エミュレータなどのツールを使い、ゲームの実行速度をスローにするなどして、スゴいプレイをすること。人間のプレイに対し、“理論上可能なプレイ”を追求する手法として知られる

―― 「TASと同速度」って、要するに「理論的に考えられる最高速度」みたいなことですからねえ

執筆時点(2月4日)での「スーパーマリオブラザーズ」の世界最速プレイ。Kosmicさんによる4分55.646秒

日本におけるRTAの歴史

―― そもそもの話なんですが、ゲームにおける「RTA」とはどのように生まれた言葉なんでしょうか?

 例えば、ゲーム雑誌『ファミ通』で1992年、「やりこみゲーム大賞」という読者投稿企画がスタート。94年には「5時間29分で『ファイナルファンタジー6』(SFC)をクリア」というタイムアタック記録が掲載されています。


1992年『ファミコン通信』(No.164/102ページ)。「やりこみゲーム大賞とは、徹底的にプレーしまくった自慢のゲーム」を募集する企画

 ただ、当時のFFでは「このクリアタイムを出しました」という記録を証明するために、最終セーブポイントまでの時間が利用されていました。

―― あー、セーブ画面なんかを開くと、総プレイ時間出てきますよね


1994年『ファミコン通信』(No.287/86ページ)。「FF6」で大賞受賞した記録は「5時間29分」。ゲーム内のプレイ時間で確認できる

 このように“ゲーム内時間”を競うやり方だと「途中でセーブしておいて、ボスに勝てるまで何度もやり直す」みたいなことができて、そのやり直しにかかる時間はカウントされません。

 それに対して、ストップウォッチで“実際にかかった時間”を測定する流れが現れて、誕生した言葉が「リアルタイムアタック」(RTA)です。

―― レギュレーションの違いを明確化する意味合いがある言葉なんですね

 和製英語なので、海外では単に「Speedrun」ということが一般的なのですが、特に「ゲーム内時間ではなく、実際の時間を測っているよ」と強調するときには「RTA」を使う場合があるようです。


ちなみに、1994年の『ファミコン通信』(No.287/92ページ)には、実際の時間を計測するRTAに似た“早解き”企画も。ただし、途中でコンビニに行っちゃうくらいのゆるさ


次のページには、その“早解き”記録が掲載。「実質クリアー時間(実際にかかった時間)」「最終セーブポイント(ゲーム内時間)」が併記されています

日本特有のRTA文化「レポート作成」が生まれた理由

 前述した通り、かつては『ファミ通』がタイムアタック記録の受け皿になっていましたが、編集部宛にビデオなどを投稿しても、実際に記録が掲載されるまでに時間がかかることなどから、発表の場が紙媒体からインターネットに移行していきました。

 個人サイトを作って自分の記録を自分で書き、当時、記録集積の役割を果たしていた「ULTIMAGARDEN」というサイトに「自分の記録はこれです」と載せてもらう。そういうことがだいたい2000〜2010年くらいまで行われていました。

―― 「ULTIMAGARDEN」では、記録が実際のプレイ動画ではなく、レポート形式で残されているんですよね。攻略情報っぽいのに、参考文献とかまで書いてあって


ULTIMAGARDEN」(閉鎖騒動などがあり現在は「2nd」)に掲載された、「ドラクエ」シリーズのRTA記録一覧


例えば、ミツカンさんによるSFC版「ドラクエ1」のRTA記録では、「どうしたらこのような記録が出たか」がかなり詳細に書かれています

 自分の記録が正当なものであることを証明するために、「こういう風にプレイしたら、こんなタイムが出ました」と詳細な手順を書いていたんです。当時は「ネット上にプレイ動画を配信したら、逮捕されるんじゃないか」と言われていたこともあって。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  4. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」