インタビュー
» 2020年02月13日 19時00分 公開

【ゲームの世界史】なぜ米国のゲーマーはRTA(リアルタイムアタック)で東日本大震災の支援活動ができたのか (1/3)

国内最大規模のRTAイベント「RTA in Japan」の主催者・もかさんに「海外におけるRTAの歴史」などを伺いました。

[ねとらぼ]

 欧米に遅れながら、日本でも対戦型ゲームを競技のように楽しむeスポーツが普及してきた――。 ここ数年、こんな報道をよく目にするようになりました。その裏側で静かに、しかし、着実に盛り上がりを見せているのが“最速クリアを目指す”RTA(リアルタイムアタック)。もしもeスポーツを「ゲーム界の格闘技」と表現するなら、100メートル走、ハードル走などのように個人の記録を追求する「ゲーム界の陸上競技」と例えられるかもしれません。

 今回は、国内最大規模のRTAイベント「RTA in Japan」の主催者・もかさんに、「海外におけるRTAの歴史」「世界的に有名な日本のRTAプレイヤー」などについて伺いました。

「この10年間で一番驚いたのは、蛍火氏の『スーパーメトロイド』」 世界的に有名な日本人RTAプレイヤー

―― RTAプレイヤーって世界でどれくらいいるんですか? 数万人くらい?

 世界中のタイムアタック記録を集積している「speedrun.com」というWebサイトがあって、それを見ると……現在のプレイヤー数は28万人くらい(全世界)ですね。


2013年12月(2人)から右肩上がりで増えており、2020年1月には28万人を突破

 国別の人数までは分からないんですが、日本でもRTAは盛んで、海外からの評価も高いですよ。「日本のプレイヤーを海外のRTAイベントに呼ぶために、その渡航費を寄付で募るRTAイベント」が開かれたことがあるくらい。

 「RTA in Japan」を立ち上げたとき、「日本でこういうイベントが行われるのをずっと待っていた」と言われたことがあって。海外では「日本のRTAプレイヤーはなんかよく分からないけど、スゴいらしいぞ」という認識があったようです。

―― どういうことです?

 例えば、「ニコ生RTA Wiki」という国内の記録集積サイトがあって、日本に詳しい海外の方も見ているそうなんですが、ここはクリアタイムなどの記録が並んでいるばかりでプレイ動画がない。だから、「日本には明らかに俺たちより早い人がいるらしい。だけど、どうしたらこんな記録が出るのか分からない」と。

 で、配信動画が出てきたら本当に早くて、ショックを受けたそうですね。

―― eスポーツではウメハラさんが国内外で知られていますが、RTAにもそのような“世界的な日本人RTAプレイヤー”はいるのでしょうか

 ゲームタイトルの壁を超えて“RTAの世界全体”で有名な日本人を1人挙げるなら、蛍火(ほたるび)さんでしょうか。

  2008年に「スーパーメトロイド」(SFC)の最速記録を出した人物なのですが、当時はその記録が革命的で。「Speed Demos Archive」(SDA)という海外の記録集積サイトが10周年を迎えた際、管理人が「この10年間で一番驚いたのは、蛍火氏の『スーパーメトロイド』」と名前を挙げたくらい。海外のRTAイベント関係者のあいだでもファンが多い方です。


蛍火さんによるプレイは当時、にわかには信じられないほどハイレベルで、「SDA」では数週間にわたる検証作業が行われたという(その結果、不正は見つからず)

―― どこが革命的だったんですか?

 そのころのタイムアタックは、最終セーブポイントに到達するまでの“ゲーム内時間”を測るもので、あるセーブポイントからその先のセーブポイントまでの区間を何度もやり直すのが当たり前でした。

 蛍火さんはそういう時代に、ストップウォッチで“実際の時間”を測定するRTAに近いやり方をしたんですね。つまり、他の人達が部分的なやり直しを繰り返して築き上げてきた記録を、ゲーム開始からクリアまでぶっ通しでプレイして塗り替えてしまったわけです。

 一度、ご本人に「あの記録、どうやって出したんですか?」と聞いたことがあるのですが、「大したことはしていない」「TASのプレイ方法を参考にしただけ」と話していました。

―― 「TASを参考にしただけ」って生身の人間が言うの、十分大したことだと思うんですが……

※TAS:Tool Assisted Speedrun/Superplayの略。エミュレータなどのツールを使い、ゲームの実行速度をスローにするなどして、スゴいプレイをすること。一般的には“人間には不可能なスゴいプレイを実現する手法”として知られる

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた