インタビュー
» 2020年02月13日 19時00分 公開

【ゲームの世界史】なぜ米国のゲーマーはRTA(リアルタイムアタック)で東日本大震災の支援活動ができたのか(2/3 ページ)

[ねとらぼ]

人類はいつからゲームのクリアタイムを競うようになったのか

―― アイテムをコンプリートする、縛りプレイをする、うまくなることを目指す……などゲームにはさまざまなやり込みが。「早くクリアする」というタイムアタックは、どのように生まれたのでしょうか?

 米国のRTAプレイヤーが、スピードラン(日本で言うところのタイムアタック)の歴史をまとめた『Speedrun Science』という本を参考にお話しましょうか。

 まず書かれているのは、「ゲームが誕生した瞬間から、早く走ろうとしていた人がいたに違いない」みたいな話。

―― 起源の想定がガチ勢ですね(笑)

 それはさておき、タイムアタックの始まりは、米国の「Twin Galaxies(※)」という組織がアーケードゲームのハイスコアをまとめたことだとされています。

 レースゲームだと「スコアが良い=タイムが早い」ということになるわけですよね。具体的なタイトルでいうと「Atari 2600」というハードの「Dragster」が最初らしい。

―― Atari 2600、ファミコンよりも以前に米国で登場したハードですね。触ったことないな……

※Twin Galaxies:公式サイトによると、アイオワ州のゲームセンター「Twin Galaxies」の設立者は1981年、100を超えるゲームセンターを巡って、各タイトルのハイスコアを収集。翌年、それをデータベース「Twin Galaxies National Scoreboard」として公開。公式スコアボードとして知られるようになったという

Dragster:1982年に「5.51秒」という最速記録が登場し、数十年にわたって更新されることがなかった、というスゴいエピソードで有名なレースゲーム。また、その記録は数十年後の検証により「理論上の最速タイムよりも早く、そもそも不可能」とされ、現在では偽装されたものと見られている、という悲しいエピソードでも有名。

「Speedrun Science」著者による「Dragster」RTA

プレイ中の様子


世界記録「5.57秒」が出た瞬間。ちなみに、このタイムが理論上最速と言われています

 「Speedrun Science」によると、タイムアタックが最初に行われたイベントは、1990年に米国の各州を回った「Nintendo World Championships」。「マリオ」をはじめとした任天堂系タイトルで「コインをいっぱい取ってクリアしよう」などの企画が行われ、その中に「早くクリアしよう」というものがあった、と。

―― 「別に最速クリアを目指さなくてもいいタイトルで、クリアタイムを競う」という発想は、それくらいのころからあったんですね

 日本に関しては僕も調べたことがあるんですけど、「国内では80年代ごろから、各ゲーム会社が早くクリアすることを目指すゲーム大会を開いていた」という記事を見た覚えがあります。

「ホテルを丸ごと借りる」 海外RTAイベントの盛り上がり

―― RTAイベントは、海外では「何億円も集まるほど大規模なイベントに成長している」と聞いています。やっぱり日本とは規模感が違うんですか?

 世界最大規模のRTAイベント「GDQ」が始まったのが2010年。最初は「ゲーム画面とカメラがあるだけ」みたいな感じだったんですけど、今はホテルを丸ごと借りてやったりしていますね。

―― ホテルの会場を借りるのではなく……丸……ごと?

 宿泊室がプレイヤー、観覧者で埋まるんですよ。

 国内だと本気のeスポーツイベントで同じことをやろうとしても、そもそもホテルから許可を取ることが難しいような気がします。海外事情にはそんなに詳しくないんですけど、あちらの方がゲームに対して寛容なのかなあ、と感じてしまうところですね。

―― 日本より浸透している印象は受けますよね

 海外だと最近は、RTAをeスポーツのように見せるイベントを開催している団体なんかも現れていたりします。「Global Speedrun Association」(GSA)というんですが。

GSAによるイベント「PACE 2019」で行われた「スーパーマリオ64」の4人同時RTA

クリアタイムを競うレースとして楽しめる画面構成で、会場の雰囲気もどことなくeスポーツ風

―― ところで、海外のRTA関係の団体っていくつあるんです? 話を聞いているとspeedrun.comとかTwin GalaxiesとかSDAとかGSAとかドンドン出てくるんですが……

 僕も正確な数は……。ちなみに、「RTA in Japan 2019」は海外の団体に実況解説付きでミラー配信してもらっていたんですけど、その団体は「SpeedGaming」といいます。

―― あ、また増えた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」