インタビュー
» 2020年02月14日 19時00分 公開

ゲームの国際戦で高校生が海を越え、時に人力でTASを超え ひたすら最速クリアを目指す“RTA(リアルタイムアタック)の歩き方”(1/3 ページ)

国内最大規模のRTAイベント「RTA in Japan」の主催者・もかさんに、RTAの楽しみ方を伺いました。

[ねとらぼ]

 欧米に遅れながらも、対戦型ゲームを競技のように楽しむeスポーツが普及してきた――。 ここ数年、こんな報道をよく目にするようになりました。その裏側で静かに、しかし、着実に盛り上がりを見せているのが“最速クリアを目指す”RTA(リアルタイムアタック)。もしもeスポーツを「ゲーム界の格闘技」と表現するなら、100メートル走、ハードル走などのように個人の記録を追求する「ゲーム界の陸上競技」と例えられるかもしれません。

 今回は、国内最大規模のRTAイベント「RTA in Japan」の主催者・もかさんに、「TAS顔負けの人間離れしたプレイから、ネタプレイとしか思えないものまで幅広いRTAの楽しみ方」などを伺いました。

国際的に評価される「スーパーマリオ64」の高校生RTAプレイヤー

―― 「RTA in Japan 2019」の口火を切った企画は、「スーパーメトロイド」(SFC)の2人同時RTA。同時にスタートした2つのプレイ画面が並んでいて、“クリアまでのタイムで競うeスポーツ”のような雰囲気でした

 実際、RTAがeスポーツのように楽しまれることもあって、例えば、「Smash’N’Splash 5」(2019年/米国ウィスコンシン州)というeスポーツイベントでは「スーパーマリオ64」(NINTENDO64)のスピードラン競技が行われました。

 ちなみに、このときは日本の高校生が参戦していたんですよ。「RTA in Japan 2019」でもトリを務めた方なんですけど。


日本の高校生(アッキーさん)が参戦した「Smash'N'Splash 5」

「RTA in Japan 2019」でのプレイ。事前解説によると「『16枚RTAでアッキーに勝てる気はしない』と日本、海外問わず言われるほどの実力者」

―― 「スーパーマリオ64」って20年以上前のタイトル(1996年発売)ですよね。今の高校生は生まれていないのでは?

 RTAの世界では「スーパーマリオ64」が今でも人気なんですよ。Switchで「スーパーマリオ オデッセイ」が出ているのに(笑)。

―― 発売当時からのファンもいるでしょうし、よく海外のイベントに出るほどの実力者にまで成長しましたね

 RTAの世界には古いタイトルを発売当時からやり込んでいるような猛者もけっこういるんですけど、天才型で1年触っただけでその猛者たちに追い付いてしまうような人もいて。中には彗星のように現れ、記録を残して去っていくRTAプレイヤーもいます。

―― なにそれカッコいい

 僕は「ヴァルキリープロファイル」(PS)のRTAを一番頑張っていて、3つのレギュレーションで世界1位の記録を持っていたのですが……。

 2019年に「クロノクロス」世界一のプレイヤーが乗り込んできて、「Any% Ending A」「Any% Ending B」という2つの記録を更新されてしまいました。


「ヴァルキリープロファイル」の記録が更新されている「Speedrun.com

※Any%:「アイテム取得などに応じて変わるゲームの達成率を問わない」というレギュレーション。「ヴァルキリープロファイル」の場合はさらにそれが細分化されており、出現するエンディングによって「Any% Ending A」「Any% Ending B」に分かれる

―― あ、本当ですね(もかさんの記録を見ながら)。……というか、もかさん、変わった記録もお持ちなんですね。「美味しんぼ 究極のメニュー三本勝負」(FC)の「Ankimo」で世界1位

 『美味しんぼ』の主人公・山岡さんが「アンキモ、アンキモ、アンキモ!」と叫ぶバッドエンドがあって、「Ankimo」ではそこまでのタイムが記録されます。

もかさんの「Ankimo」世界記録

怪しい振る舞いを警察にとがめられた山岡さん


「じゅもん」というコマンドを選択すると、なぜか「アンキモ、アンキモ、アンキモ!」と叫ぶ


ちなみに、このレギュレーションで挑戦しているのはもかさんだけでなく、記録保持者は3人います(Speedrun.com

―― そういえば、RTAはタイトルの制約がないせいもあると思うのですが、「RTA in Japan 2019」で、「クラッシュ・バンディクー」をプレイした方は「日本人でRTAしてるのは自分だけ」と話していましたね

「クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!」に収録されたリマスター版の初代作をRTA(Any%)

プレイの巧みさもさることながら、ずっとしゃべっているのがスゴい

 自分の好きなゲームで、RTAしたくなるものなんです。そうすると「走っているのが自分しかいない」ということがよくあります。僕のやっているタイトルも、だいたい誰もいません(笑)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響