ニュース
» 2020年02月17日 18時00分 公開

最大300馬力、5秒足らずで時速100キロ!? BMW、コンパクトカー「ミニ」新型ハイパフォーマンスモデルを発表、価格は615万円(1/2 ページ)

静止状態から時速100キロまで約4.9秒とハイパフォーマンス。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 BMWは2020年2月13日、コンパクトカー「MINI(ミニ)」のハイパフォーマンスモデル「MINI John Cooper Works(JCW) Clubman GP Inspired Edition」を発表しました。

photo MINI John Cooper Works Clubman GP Inspired Edition(写真:BMW、以下同)

 MINIは英国のブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)が過去に手掛けていた小型車「Mini」をモチーフに、商標を取得したBMWが展開しているコンパクトカー。おしゃれでかわいいデザインで根強い人気を集めています。

 そんなMINIですが、モータースポーツでも活躍できるハイパフォーマンスモデルもラインアップされており、2019年にはニュルブルクリンク北コースを8分以下で1周した「MINI John Cooper Works GP」(関連記事)が発表されています。

 今回発表された新型ハイパフォーマンスモデルは、5ドア仕様の「MINI JCW Clubman」がベース。MINI GP専用のカラーリングが施され、サンダー・グレー・メタリックのボディ、シルバーのルーフ、チリ・レッドのミラーカバーという、落ち着いた印象を与える配色に仕上げられています。

 フロントフェンダーにはシリアルナンバーが配置され、ホイールには19インチの「John Cooper Works サーキット・スポーク2トーン」を採用しています。

photo (参考)ベースになった「MINI JCW Clubman」

 パワートレインには、2リッター4気筒ターボの「MINIツインパワー・ターボエンジン」と4輪駆動を採用。最大306馬力、最大トルク45.8kgf-m(450Nm)を発揮して、静止状態から時速100キロまではMINI JCW GPより速い約4.9秒で到達します。

photo MINI John Cooper Works Clubman GP Inspired Editionの後方部分

 内装はドアのシルプレートとアームレストカバーに「GP Inspired」のエンブレムがデザインされ、ラゲッジスペースとして最大1250リットルの容量を確保するなど、快適で使い勝手の良いクルマとなっています。

 「MINI John Cooper Works(JCW) Clubman GP Inspired Edition」は数量限定で生産され、世界限定299台のうち120台が日本市場向けに用意されます。価格は615万円で、2020年7月ごろから順次納車が行われる予定です。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響