ニュース
» 2020年02月22日 18時30分 公開

「バトルコマンダー 八武衆修羅の兵法」が人にはおすすめしにくいけど俺は大好きなんだ、という話今日書きたいことはこれくらい(1/2 ページ)

全然おすすめされてないのになぜか遊びたくなってくる……。

[しんざき,ねとらぼ]

 皆さん、「好きだけど人におすすめしにくいゲーム」ってありますか?

 しんざきは、自分が好きなゲームや漫画を布教したいためにWebにいるようなものなので、基本「好きなゲーム」は人に薦めたいですし、「面白いからやれ!!! やっても損はしないぞ!!!!」と主張したいです。自分が好きなゲームをおすすめして、おすすめした相手にそれが刺さるとめちゃくちゃうれしいですよね。

 そんなしんざきにも、ときには「いやこれ、俺は好き、大好き、超好きなんだけど、人におすすめしていいものかどうかはかなり考えるな……」っていうゲームがあります。


ライター:しんざき

しんざき プロフィール

SE、ケーナ奏者、キャベツ太郎ソムリエ、三児の父。ダライアス外伝をこよなく愛する横シューターであり、今でも度々鯨ルートに挑んではシャコのばらまき弾にブチ切れている。好きなイーアルカンフーの敵キャラはタオ。

Twitter:@shinzaki



 それは、例えば「楽しめるようになるまでに越えなければならないハードルが高すぎるゲーム」だったり、「楽しむためにかなり特殊な資質を必要とするゲーム」だったりします。

 例えば、以前@tekken8810さんの記事で知った、LA-MULANA(ラ・ムラーナ)。私はあのゲームを、「今の時代にドルアーガの塔を攻略するような気分を楽しめるとは……!!!!」というテンションで超楽しむことができたのですが、楽しむためには恐らく相当の探求心と根気、そして何よりも数知れない失敗とその果ての達成感を楽しめるマゾ的な資質が必要だろうな、と判断しているため、人に積極的におすすめはしていません。



 例えば、竜を育てるRPGである「サンサーラ・ナーガ」「サンサーラ・ナーガ2」。私はこのゲームものすごく好きなんですが、その魅力の極めて大きな部分に「独特の世界観とシナリオ」というものがありまして、それが恐らく割と人を選ぶ内容であるため、こちらも手放しにおすすめはしにくいところがあります。桜玉吉先生が描くインド風味のごった煮世界、けどシナリオ自体は割とシビア、みたいなのが好きならぜひおすすめしたいんですが。

 で、そんな、「大好きだけどおすすめがしにくいゲーム」の最右翼に、とあるSFCのゲームタイトルがあります。

 そのゲームの名前は、「バトルコマンダー 八武衆、修羅の兵法」

 1991年12月にバンプレストから発売されたこの鬼作こそ、本記事で取り上げたいと考えている、数あるキャラゲーの中でも異様な存在感を放つ一作なのです。


しんざき バトルコマンダー 「バトルコマンダー 八武衆修羅の兵法」(スーパーファミコン/1991年/バンプレスト)※画像はAmazon.co.jpより

「SDザ・グレイトバトル」世界観のRTS

 まず、「バトルコマンダー」がどんなゲームなのか、皆さんに簡単に説明したいと思います。

 バトルコマンダーというゲームを一言で表現すると「SDザ・グレイトバトルの世界観で、リアルタイムストラテジー(RTS)をガチでやってしまったゲーム」ということになると思います。

 ガチで。いやホントガチなんですよ、このゲーム。


しんざき バトルコマンダー タイトル画面

 プレイヤーは、常に時間が進み続けている中、ロボットアニメのロボットたちを擬人化したキャラクターたちでユニットを編成して、索敵をして発見した敵と戦い、都市を占領して収入を確保しつつ、マップごとに決められた目的を達成することを目指します。

 バトルコマンダーはキャラゲーでして、プレイヤーは「機動族」「日出族」「魔神族」の中から1つの勢力を選び、その勢力を率いて戦うことになります。機動族は主にガンダム系ユニット。日出族はエルガイムやドラグナー系のユニット、魔神族はマジンガーZやゲッター系のユニットを擁しています。

 複数のタイトルのロボットやヒーローが入り乱れて戦うというと「SDザ・グレイトバトル 」とか「スーパーロボット大戦」シリーズが思い浮かびますよね。ちょうどゲームボーイの「スーパーロボット大戦」が発売されたのが同じ1991年の4月、「SDザ・グレイトバトル」が前年の1990年のゲームなので、スーパーロボットものクロスオーバーというジャンルは、ちょうどこのころから積極的に展開されていったという印象があります。

 で、プレイヤーは当初、3つの勢力による三つどもえの戦いを制していくことを目指すのですが、途中から新しい敵の存在が示唆されて、最後は3つの勢力を統合して、真の敵との闘いに臨んでいくことになります。

 世界観的にはこのゲーム、「SDザ・グレイトバトル」に近いものがありまして、オリジナルキャラクターもかなりの部分かぶっています。ロアとかエミィとか結構重要な役どころで出てくるんですが、このゲーム基本的にゲーム内ではほとんど設定を説明しないので、SDザ・グレイトバトルを遊んでいなかったプレイヤーは「?????」となったのではないかと思います。


楽しむまでのハードルがどう考えても高すぎる

 まず言っておかなくてはならないのですがこのゲーム、システムが恐ろしく複雑です。説明書は驚きの90ページというブ厚さなんですが、その分量をもってすらゲームの仕様を説明しきれていません。まして、「俺は説明書を読まずに取りあえずゲームを遊ぶぜ」というスタンスの人など、まず戦闘を開始するところまでたどり着くだけでも一苦労でしょう。


しんざき バトルコマンダー 説明書だけで90ページというブ厚さ ※画像はAmazon.co.jpより

 ゲームの仕組みには、本格的なリアルタイムストラテジーに必要な要素が一通りそろっており、ユニット編成から補給・兵站(たん)の概念、占領と防衛の概念、索敵の概念、訓練やらアイテム生産やら給与設定やら兵器開発やら、プレイヤーができることは恐ろしく幅広いです。


しんざき バトルコマンダー メインコマンド。やることが……やることが多い……!

しんざき バトルコマンダー 出撃させるとこんな感じに

 しかし、このころのゲームには特段珍しくないことですが、ゲーム内にチュートリアルなどという軟弱なものは一切存在しません。「ん? 君説明書読んでもいないのにスタートボタン押したの?」と言わんばかりの漢仕様です。

 試しに、「ゲームを開始して、取りあえず戦闘をするまでにプレイヤーがしなくてはならない操作」を列挙してみましょう。

  • 編成コマンドから空きユニットを選び、さらに指揮官を選んでそのユニットに指揮官を登録する
  • 兵士リストに移動して、ユニットに登録する兵士を選ぶ
  • それぞれの兵士ごとに使用する装備を選んで装備させる(やらなくても戦闘はできるがまともに戦うには必須)
  • 装備ごとに必要な補給用のアイテムをそれぞれの兵士に持たせる(やらなくても戦闘はできるが遠出するには必須)
  • 出撃コマンドからユニットを選択して、ユニットを選びユニットを出撃させる
  • そのままだと戦闘行動をとらない通常待機状態なので、必要に応じて部隊コマンドから「戦闘待機」「戦闘移動」など戦闘行動をとる行動に切り替える(重要。これを忘れていると一生敵に反撃でき来ない)
  • 上記を必要なユニット数分繰り返す

――いかがでしょうか。


しんざき バトルコマンダー 指揮官ステータス画面。既に十分複雑

しんざき バトルコマンダー さらに兵士ごとにちゃんと装備も持たせてあげる必要がある

 もちろん上記は「必要最低限」な手順に過ぎませんで、実際には索敵部隊に索敵をさせて敵を発見するノウハウ、中立都市を攻撃して都市を占領して収入を増やすノウハウ、範囲攻撃を使ってまとめて敵にダメージを与えるノウハウ、補給ピースから弾薬を補給するノウハウ、兵器を開発して長距離ミサイルを利用するノウハウ、ウィザーディで魔法を使うノウハウからステルサーで塹壕を設置するノウハウまで、このゲームには数知れない「ゲームを遊ぶためのノウハウ」があります。それら全てをゲーム内から学習することはほぼ不可能、説明書を熟読してすら読み取れない部分はあり、プレイヤーにはさまざまな試行錯誤が求められます。

 さらにこのゲーム、バグなのか仕様なのか、遊びにくい部分やバランスがとれていない部分もあって、プレイヤーの試行錯誤に強烈なノイズをたたきこんでいます。

  • 給与設定によって指揮官の「カリスマ」が上下する仕様があるのだが、一番レベルが高い指揮官に合わせて一律に設定しないとカリスマがガンガン下がり、部隊から兵士がガンガン逃げ出す
  • そのため、上記仕様を知らないと、「強いユニットとしてレベルが上がれば上がるほど、指揮官として使い物にならなくなる」という状況が発生する。知っていれば知っていたで、給与のためにお金がガンガン減る
  • 決定ボタンがBボタンでキャンセルボタンがAボタンと、スタンダードな操作系の逆なので慣れるまで非常に操作しにくい
  • 一部のユニットの武器の射程が多分バグっており恐ろしく強い(具体的に言うとバルハラキュベレイのバストレーザー)

――とまあ。ざっと読んでいただいただけでも、このゲームが恐ろしく複雑で、奥深く、かつ遊びにくい、ということは分かっていただけたのではないかと思います。「楽しめるまでのハードルが非常に高い」。私がこのゲームを人におすすめしにくい理由です。


しんざき バトルコマンダー バストレーザーが異様に強いバルハラキュベレイ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」