ニュース
» 2020年03月07日 10時00分 公開

森永卓郎が提言〜ふるさと納税の泉佐野市除外は法治国家の否定だ

過去に行儀が悪いということだけで「無期限謹慎」?

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

「垣花正 あなたとハッピー!」(3月4日放送)に経済アナリストの森永卓郎が出演。ふるさと納税をめぐり、新制度から大阪府泉佐野市を除外した総務省の判断について解説した。

フォト ふるさと納税訴訟の大阪高裁判決 請求棄却の判決をうけ泉佐野市の千代松大耕市長が会見=2020年1月30日午後、大阪市北区 写真提供:産経新聞社

ふるさと納税訴訟で泉佐野市の除外取り消し請求を大阪高裁が棄却

1月30日に泉佐野市をふるさと納税制度の対象自治体から除外したのは違法だと、泉佐野市が総務省を訴えました。大阪高裁は泉佐野市の請求を棄却し、国側の勝利で泉佐野市は仲間はずれにしていいという判決を出しました。これは司法の自殺行為だと思います。泉佐野市は最高裁に上告しています。

フォト ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税は納めている住民税の1割程度が限度ですが、参加料2000円を払えば、自治体に寄付した金額が全額自分の税金から控除され、お礼の品をもらえるという仕組みです。台風や地震被害など、被災地への寄付という目的でも使われていますが、返礼品を目的に寄付している人が多いです。

フォト りんくうプレミアム・アウトレットとりんくうゲートタワービル(泉佐野市-Wikipediaより)

地元特産品以外に家電や自転車を返礼品に

泉佐野市は関西空港のすぐ向かいにあるところで、「りんくうタウン」という副都心に投資をして、市が借金を抱えています。そのため、派手に立ち回りました。2018年度は税収で497億円という、とてつもない額を集めたのです。これはふるさと納税全体の1割近くの額で、圧倒的にトップでした。当時は禁止されていませんでしたので、地元の特産品にこだわらず、家電や自転車に至るまでいろいろなものを揃えました。これに対して総務省が、地元特産品を返礼品にするという、ふるさと納税の趣旨に反すると怒ったのです。泉佐野市の言い分は、「地元の家電販売店から揃えているのだからいいでしょう」ということでした。

フォト 泉佐野市役所(泉佐野市-Wikipediaより)

国として2019年6月にルールが決まる

地方税法が改正され、2019年6月以降は返礼品の調達額が寄付の3割以下で、地場産品を提供するというルールを国が決めました。泉佐野市はルール通りに行うと襟を正しました。ところが新制度のもとでは、「総務省が認めた自治体がふるさと納税の対象となる」という条件も付いたのです。泉佐野市は従うと言ったにもかかわらず、過去の問題があるので仲間外れにされたのです。

フォト ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」

ビールに見られる税制と規制逃れのいたちごっこ

日本では刑事事件でも、罪刑法定主義により法律でダメだということを決めて、それに違反したら捕まります。しかし、法律で禁じられなかったことで捕まることはありません。特に税制というのは、規制と規制逃れのいたちごっこです。例えばビールで言うと、1994年にサントリーが『ホップス』という発泡酒を出して、税金が安いのでみんな買いました。すると、財務省は2003年に発泡酒の税率を引き上げて対抗しました。そこでビールメーカーは第3のビールをつくりました。それにまた需要が集中したので、財務省は2023年に第3のビールというカテゴリーを廃止して、発泡酒に一本化すると言っています。そういうことを繰り返しているのです。

フォト ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」

過去に行儀が悪いということだけで「無期限謹慎」となった泉佐野市

財務省はサントリーが過去に発泡酒を販売したからといって、「サントリーはビールをつくってはいけない」とは言わないでしょう。泉佐野市もそうです。これが3ヵ月謹慎、半年謹慎というのであればわかります。芸能人で脱税してしまった人でも、半年くらい経つと戻って来たりするではないですか。泉佐野市はルール通りにやっているのに、過去にお行儀が悪く、総務省に歯向かったということを理由に無期限謹慎です。総務省は泉佐野市が土下座して、全面服従したら考えるという態度だと思います。裁量行政というか、昔は官僚がお上で、自治体が大名行列でやって来るわけです。全部言うことを聞くと補助金がもらえたけれど、「それはやめよう、地方分権だ」と言っているわけです。それを裁判に持ち込んだときに、大阪高裁が泉佐野市を認めなかった。

フォト ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」

何を地元産品としてみなすのかは総務省のご機嫌次第

何を地元産品としてみなすのかは、総務省のご機嫌次第です。ルールを定めて、みんなに公平に示すべきです。ご機嫌を取るのがうまい自治体は、家電製品を出したりしています。判決の中身を読みましたが、何を言っているのかわかりませんでした。裁判所は行政と独立して正義を貫かなければなりません。何も法律を違反していない人を仲間外れとするのは、最も悪質です。「ルール通りにやります」と言っているのに、仲間外れにするということは違うのではないでしょうか。泉佐野市には最高裁で頑張ってほしいです。

radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」