新型コロナ感染拡大への景気対策〜トランプ大統領と安倍総理の大きな違い

リーダーはまず大方針を示すことが大事?

» 2020年03月12日 10時00分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月11日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。トランプ大統領が検討している新型コロナウイルス感染拡大に対する景気対策について解説した。

フォト 米疾病対策センター(CDC)を視察するトランプ大統領=2020年3月6日、米ジョージア州アトランタ(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社

トランプ大統領が給与税の減税など景気対策を検討

アメリカのトランプ大統領は9日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う景気対策として給与税の減税などを検討していると明らかにした。議会と調整し、近く大規模な経済対策を発表する考えを示している。

飯田)新型コロナウイルスの影響が、さまざまなところに及んでいます。ニューヨークダウ平均株価は終値2万5018ドル16セント、プラス1167ドル14セントです。昨日(10日)下げた分、きょう(11日)上げたというところですが。ジェットコースターのようになっていますね。

高橋)乱高下ですね。市場のボラティリティーと言って、価格が上下に振れるという話です。恐怖指数で現れるのですが、いまはリーマンショックに匹敵するような恐怖がありますね。

フォト 日経平均株価 新型肺炎感染拡大で世界経済への影響懸念で一時1,000を越える大幅下落〜 取引開始直後、1,000円以上急落した日経平均株価を示す株価ボード=2020年2月25日午前、東京都中央区 写真提供:産経新聞社

恐怖指数が60ポイントを超えるタイミングも〜リーマンショックでは90ポイント

飯田)恐怖指数が20ポイントを超えると不安心理が高まると言われていますが、昨日(10日)は60を超えたタイミングがありました。

高橋)リーマンショックでは90くらい行ったので、その次くらいです。通常、50はめったに超えません。ですから動揺しているのはわかりますね。

飯田)これを受けて金融当局、財政当局は手を打たなければとなり、トランプさんも「大きなものをやる」という姿勢は示しましたけれども。まだ発表には至っていません。

高橋)とりあえず何か言うことが大切で、その期待によって、きょうは上がったのでしょう。逆に、言わないと疑心暗鬼になって大変なことになります。先ほど私が言いましたが、「先進国でテレワークサミットをやる」などということを、安倍総理が言えばいいのだと思います。そのように強調して言わないと対応できません。各国がまとまってやればいいし、そういうことをいま言っておいて、議会は後で調整すればいいのです。

フォト 新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相(列手前から2人目)=2020年2月25日午後、首相官邸 写真提供:産経新聞社

今回のようなときこそ大きく方向を示すのが政治家の仕事

飯田)リーダーとして、まず大方針を示すことが大事なのですね。

高橋)政治家が活躍する場面は、このようなときです。

飯田)ある意味で有事のとき。

高橋)普段は官僚に任せておけばいいので、こういうときこそ「ドン」と方向を示すのが政治家の役割です。

飯田)そこへ行くと日本の財政当局の方々、金融の方もそうですが、注視すると言いながらじっと見ているだけのような気がしますが、どうですか?

高橋)見透かされてしまうのですよ。中央銀行が注視する、一方では利下げして金融緩和しているわけですよね。そうすると必ずドルの方が大きくなるので、円に希少性が出て円高になってしまうというパターンで、リーマンショックの後でもあったことです。

飯田)あのときは日銀が大幅に出遅れましたよね。

高橋)80円くらいの円高になってしまいました。そういう経験があるのに、日本銀行はETFの買い入れの話しかしない。数字の桁が違います。

フォト 日本銀行-Wikipediaより

日本銀行がやるべきこと

飯田)数字を見ると、日銀の金融緩和にしても年間80兆を目処と言いながら、20兆もやっていない。逆に余力があるのかなと、素人は思ってしまいますが。

高橋)それはありますよ。80兆を目処と言って、20〜30兆では話になりません。イールドカーブコントロール(YCC)のあとは、コンスタントに20〜30兆です。YCCを元に戻すということをやればいいだけです。

飯田)そうすると国債が足りないなどと言いますが、そこは財政の出番ですか?

高橋)足りなくはないですよね。1000兆円以上が出ていて、日本銀行が買っているのは500兆くらいなので、まだ600兆は市中に残っています。

飯田)足りなければ、新しく出せばいい話だと。

高橋)それで足りないというのは理解不能です。政府が新しく出してもいいのですが、日本銀行としてやることはあると思いますよ。

radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」