「食パン」ブーム。北海道では食パンを「角食」とよぶ!?

» 2020年03月17日 08時00分 公開
[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp


 今、食パンがブームになっています。食パン専門店が増え、高級食パンが売られたりしています。ところで、この四角い食パンのことを何とよびますか? 北海道ではこれを「角食(かくしょく)」といいます。さらに、山型の食パンのことを「山食(やましょく)」といいます。角食や山食というよび方は、主にパン業界で使われていますが、北海道民はこの業界用語を普通に使っているようです。

「パン」にわざわざ「食」の字をつける…。「食パン」は日本の造語

このパンは食パン? それとも、消しパン?

 日本でパン食が始まったのは明治時代です。ヨーロッパで主に食べられているパンは、皮が硬いバゲットなどのハード系ですが、日本ではふんわりとしたパンが主流でした。中でも、四角い型に入れて焼くパンのことを「食パン」とよぶようになりました。

 よく考えると、元々パンは食べるものなのに、そこにわざわざ「食」の字をつけるなんておかしな話ですが、四角いパンをあえて「食パン」とよぶようになった由来は、諸説あるようです。

 映画などで、木炭でデッサンする時に練り消しゴムの代わりにパンを使うというシーンを見たことはないでしょうか。木炭で描いたものを消す時、硬い消しゴムだと紙に傷がつきやすいので、練り消しやパンを押し当てるようにして消しますが、この時に使う「消しパン」と区別するために、食べるパンを「食パン」とよんだ、という説があります。

 また、英語で浅い片手鍋のことを「パン」といい、フライパンやミルクパン、ソースパンなどの種類があります。この、鍋=パンと区別するために、食べるパンを「食パン」とよぶようになった、という説もあります。

 そのほかにも、「主食用のパン」が省略されて「食パン」になった説、西洋料理のもととなる「本食パン」が省略されて「食パン」になった説などがありますが、由来の詳細はよくわからないようです。

北海道民は角型食パンを「角食」とよぶ。“角食専門店”もある!!

 食パンを作る時は、四角い型に生地を入れて焼きます。この時、型にフタをして焼くと四角い角型食パンが、フタをしないで焼くと山型食パンができあがります。パン業界ではこれらをそれぞれ、角食(かくしょく)、山食(やましょく)とよんで使い分けをしていますが、一般的にはあまり使われない業界用語です。

 ところが北海道では、角食、山食というパン業界の専門用語を、普段の生活で当たり前のように使います。兵庫でも角食という用語が使われているようですが、なぜ北海道と兵庫で使われるようになったのかは不明です。

 食パンブームで、日本中に食パン専門店が増加していますが、札幌には食パン専門店だけでなく、店名に「角食」がつく“角食専門店”も存在しています。でも、他府県から訪れた人が角食専門店という文字を目にした時、それがパン屋であると理解できるかどうかはわかりませんが…。

山型食パンは「山食」。フタをしないで焼くので気泡が多く軽い食感

 山型食パンは、イギリスパンという呼び名でもおなじみです。生地を四角い型に入れてからフタをしないで焼くので、上が山型になります。ホームベーカリーで普通に焼くと、このような形になりますね。

 パン業界では、この山型食パンを「山食」とよびますが、北海道でも山食といういい方をして、角食と区別します。

 山食はフタをしないで焼くので、その分、気泡が多くなり、角食よりも大きくふくらみます。また、一般的に、生地に砂糖などの甘みや乳製品を加えない場合が多いので、焼くと、パリパリ、サクサクとした軽い食感になります。

 食パンには材料や形の細かい定義は特になく、食パンというと、四角い型に入れて焼いたパンのことをさします。角食のほうが四角いので、大量生産・流通に向いているかもしれません。なぜ北海道民が角食、山食という言葉を使っているのか、その詳細はよくわかりませんが、世間は今、空前の食パンブーム。いろいろな食パンを食べ比べてみるのも楽しいかもしれませんね。

サンドイッチでピクニック♪

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」