新型コロナで引きこもりがち……そんなときこそ家に花を飾ろう 本当はかんたんな花の買い方&基本のお手入れを解説します(1/3 ページ)

現役のお花屋さんが解説します。

» 2020年03月20日 20時00分 公開
[JUNERAYねとらぼ]

※この記事はJUNE RAYさんのnote「こんなときこそ家に花を飾ろう。本当はかんたんな草花の買い方&基本のお手入れ」から転載したものです。転載にあたって、一部編集を加えています。


 学校がお休みになったり、仕事がリモートワークになったり、いま、さまざまな理由でご自宅で過ごしている方が増えていると思います。そんな方々へ。

花を飾ろう

 すみません、おすすめしたすぎてワードアートにしてしまいました。でもほら、家に生き物がいると、なんかこう、いいから。

 しょっぱなから“力”でやっていこうとしてすみません。花は生き物なので、もちろん世話をしなければならないのですが、それを面倒くさがらずにやれている自分がいると、謎の「生活の余裕」があると錯覚できます。

 植物で華やいだ部屋を楽しむのももちろんですが、SNSを利用されている皆さんは特に「あっ、せっかくだから写真撮ろ〜」「写真撮るならついでにコーヒーいれて添えるか」「いや背景きったな」「写るところだけでも片そ」「ついでだからここも掃除しよ」と、なぜか部屋がきれいになっていく連鎖にはまることも可能です。私はそのうち『花を飾ると部屋が片付く』と題したうっすい新書を出そうかと思っています……。

花業界が落ち込んでいる

 冗談はこのくらいにして、少しだけまじめな話もさせてください。

 私の本業は花屋なのですが、この自粛ムードで花業界はとても落ち込んでいます。結婚式のテーブルの上に飾ってある花も、舞台出演のお祝いに届いている花も、電車で巨大な紙袋を抱えている人のその花束も、舞台裏では花屋が仕事をしています。

 つまり、イベントごとが中止になると、やばい(失われた語彙)。

 私も毎週、朝早くから市場に行って花を買い付けるのですが、今は市場内すら閑散とした状態。花はあるのに人がいない。

 誰にも買われず贈られず、ひっそりと死んでいく花たちを見ると心が痛みます。

 ですので、この記事は「せっかく家にいる時間が長いのだから、この機会に植物を取り入れてみよう! そのためのハードルはあらかじめこちらで折っておきますね!」という趣旨でやっていきます。

 花を生活に取り入れるにあたって「なんかよく分からんけど面倒そうなポイント」を1つ1つ洗い出して解決していきますので、少々長いですが気になるトピックだけでもお読みいただければと思います。

1.そもそも花屋って行きづらい

 なんかさあ、花束買うならまだ堂々といけるけど、1輪だけくださいみたいなこと言いづらくない? ていうか花屋って入りづらくない? という意見。

 いやマジでめっちゃ分かる。私もいまだに初めて行く花屋は緊張する。

 そこでお伝えしたい魔法の言葉があります。それは、「一輪だけでも買えますか?」

 世の中の多くの花屋さんは、1輪だけでも花が買えます。実際ご自宅用に花を買われる方は、気に入った数輪を選んでいかれることが多いですし、家にある一輪挿しがこれなんですけどおすすめありますか? といったご質問もよく受けます。個人的には、この質問をして笑顔で対応してくれる花屋さん=いい店!! と思っています。

 もちろん、花屋さんの中にはブーケ専門店、束売り専門店もありますから、まずは魔法の言葉で確認してみてください。

2. どれ買ったらいいのかマジ分からん

 花瓶にちょっと飾るだけなら、好きなものを選んで大丈夫です。他でもなくあなたのための花ですから、目があった子を持ち帰ってください。

 「どの花が部屋の雰囲気にマッチするか?」はかなり高度な悩みです。まず考えるべきは「何輪までならお世話できそうか?」

 魔法の言葉2として、「この花はお手入れどうしたらいいですか?」と訊けば、優しいスタッフさんが教えてくれるはずです。

花を飾ろう 組み合わせなんて気にしなくてOK

 ただ1つ注意事項として、動物と一緒に暮らしている方は花選びに注意してください。一部の花は、動物のからだに入ると有害なものがあります。

 私はまずASPCAのリストを参照しますが、それぞれの判断で信頼できる情報を選択してください。

 また、安全とされている草花でも、大量に摂取すると下痢などを起こす場合があります。ハングリー精神でやっている子がお家にいる場合は、植物を遠ざけてあげてください。

3.家に花瓶がない

 正直花をいけるものはなんだって大丈夫です。適当なコップでもいいし、水が入って自分の気持ちが上がるものなら本当になんでも。

花を飾ろう 日本酒のワンカップは優秀

 個人的におすすめなのは透明な容器にいけることです。花瓶が不透明だと水の濁りが分からず、気がついたらメチャ腐ってた! 最悪! みたいなことになりかねないからです。

 私が花屋さんで花を買うときは「自分の手のひらくらいの花瓶があったな」とか「このスマホくらいの容器があいてたな」と大きさを思い出して、そのサイズに合うようにお店で切ってもらいます。その方が持ち運びも楽!

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  2. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  5. /nl/articles/2404/12/news172.jpg いなば食品、「由比のボロ家報道について」とするコメント発表 「誠意をもって改修に全力」
  6. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  7. /nl/articles/2404/12/news132.jpg 2歳女の子、空港で祖父母を見つけた瞬間! 2200万再生の喜びダッシュに「トトロに出てくるメイちゃんに見えた笑」【豪】
  8. /nl/articles/2404/13/news006.jpg 1歳妹、6歳姉のお迎えは大興奮→ママのお迎えは……? 270万再生のリアクションに「差が歴然ですねw」「可愛いすぎる姉妹ですね」
  9. /nl/articles/2404/13/news008.jpg デート中の妻に「野球しよう」と誘ったら……エッッ!? まさかの腕前にしびれちゃう「かっこよー!」「いったい何者……?」
  10. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」