ニュース
» 2020年04月03日 16時05分 公開

「どうぶつの森」マイデザインでキャッシュレス決済のロゴマークを作る→「最高級の無人島キャッシュレス体験」ができるタヌキ商店が誕生しました

本当にキャッシュレス決済できそうなんだも!

[ねとらぼ]

 キャッシュレス決済対応店に貼ってある、対応決済サービスを示すアクセプタンスマーク。さまざまなサービスが立ち上がっている今、ズラズラっとたくさんのロゴマークが店頭やレジの横に並んでいることも珍しくありません。そんなアクセプタンスマークを「あつまれ どうぶつの森」の人気機能「マイデザイン」で再現し、ゲーム内のショップ「タヌキ商店」を「最高級の無人島キャッシュレス体験」ができそうな外観にした人が現れました。

最高級の無人島キャッシュレス体験

 キャッシュレス決済対応(風)のタヌキ商店を作ったのは、Twitterユーザーのだぶるすたぁさん(@wCTAP)。だぶるすたぁさんのタヌキ商店の周りには、VISAやマスターカードのクレジット決済や、PayPayなどのバーコード決済、交通系ICカードなどの非接触型決済まで、23種類のキャッシュレス決済サービスのロゴが並んでいます。商店の裏の方には、現在サービスを終了したセブンペイやオリガミペイのロゴがチラリと見えるように並べられているところも芸が細かい……!

 「QRコード決済にも対応し最高級の無人島キャッシュレス体験ができるタヌキ商店」という文章とともに、このタヌキ商店の様子を載せたツイートは、4月3日現在7万7000以上ものいいねを集めています。

 だぶるすたぁさんが、タヌキ商店をこのような外観にしたのは、ゲーム内のポイントサービス「たぬきマイレージ+」の説明を受けた際に、クレジットカードの「MileagePlusセゾンカード」を連想し、セゾンカードのロゴをマイデザインで作ってみたことだったそうです。マイデザインは、ユーザーが好きなデザインの壁紙や服などを自分で描ける機能。この機能で、セゾンカードのロゴマークの二重丸部分などがうまく再現できたことが、数々の決済サービスのロゴを描くきっかけになったとのこと。

最高級の無人島キャッシュレス体験 ファミペイなどが増えた「改訂版」

 最初は島の入口に貼っていたというロゴマークですが、ふとタヌキ商店のアクセプタンスマークとして貼ることを思いつき、「たまに街で見かけるたくさんのアクセプタンスマークの貼られている個人商店のように埋め尽くす勢いでやってみたら面白いんじゃないか」と、数々のキャッシュレス決済サービスのロゴマークを作るように。

 再現したロゴの中で一番難しいと感じたのは、一見簡単にみえる「VISA」のマークだったとのこと。他のマークの場合、文字自体が小さいので大きく見た目がずれることは無いのに対し、字だけが大きく書かれているVISAの場合は、文字自体のゆがみがそのままデザインのゆがみに。特に、「曲線のある『S』の文字はどうドットを打つのかかなり悩んだ」そうです。

 また、だぶるすたぁさんは、普段からキャッシュレス決済を活用しており、「パッと見ればいくらお金があるのかとか、どれだけ使ったのかの履歴がすぐわかる」ことがお気に入りに。「最近はもう口座からお金をおろした時点でその分を『支出』と

して、現金に関しては家計簿をほぼつけないでいる方が楽かな、とまで思うようになってしまいました」と、ゲーム以外でもキャッシュレス決済の魅力を感じているようです。

 数々の決済サービスの中でも使っていて1番好きなものはQUICPay+だそうで、「カードをかざすだけで決済できるお手軽さと、比較的高額の決済までこなせる点が特に気に入っていますし、スマートフォンの設定で画面のロックを外さないと決済ができないように設定してあるので万が一落としても他人に不正利用されないようできる安心感が大きいです」ということです。これだけキャッシュレス決済を愛していそうな人のコメントは説得力がある……!

 なお、「あつまれ どうぶつの森」では、お金(ベル)の金貨などは確認できるものの、それを渡す場面は描かれていません。もしかしたら無人島の住民たちも、タヌキ商店でお気に入りのキャッシュレス決済サービスを活用しているのかもしれませんね。

画像提供:だぶるすたぁさん(@wCTAP



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」