ニュース
» 2020年04月07日 20時00分 公開

テレワークや外出自粛でこもりきりの体に「気分転換セルフケア」! かんたんにできるストレッチやヨガをイラストで解説します(1/2 ページ)

体調もモチベも上げていきたい!

[やまだマーチ!,ねとらぼ]

 新柄コロナウイルスの影響で、仕事がテレワークになったり、週末もお家にこもらざるをえないここ数週間。そんな生活で心配なのは運動不足です。体を動かしていないと、気分が落ち込みやすくなってしまうことも。

 今回は、お家で簡単にできてテレワーク中にもぴったりな「気分転換セルフケア」を紹介します!

気分転換セルフケア テレワーク中にもぴったりなストレッチやヨガを紹介します

文、イラスト / やまだマーチ!

イラストレーター、エステティシャン。ハッピーなクリエイティブで楽しく暮らしたい、そしてその楽しさをお裾分けしたい。個人制作をメインに展示やイベントに参加するほか、Ailiph Doepa「Rainy Tip」MVのアニメーションをはじめ、バンドなどの制作物にも関わる。オリジナルキャラクター「くまだよ」のLINEスタンプも発売中

Twitter→ @ymd_merch Instagram→ ymd_merch エステ情報→ @mds_hanpen


 春は変化の季節。気候や気温だけでなく環境が変わる人も多いはずです。体に変化が訪れるときに、いつもと違う環境や勤務形態になると、心にも大きな負担がかかってしまうことも。

 特に、休みと仕事のオンオフがつけにくいテレワークでは、仕事中の緊張状態が続いてうまく眠れなくなってしまったり、逆に、業務に集中できずだらだらと時間を過ごしてしまったりすることも……。

 こうした気分の切り替えができないときにおすすめなのが、軽く体を動かすこと。体を動かしてみると、知らず知らずのうちに不調をもたらしていた手足の冷えや、姿勢の悪さにも気がつくはずです。

 今回は、仕事の合間にできて、気分転換にもなるケアで、心身の調子を整える自律神経をケアしていきましょう。

実はストレッチにもなる! オードリーの「カスカスダンス」

 長時間机に向かっていると、どんどん肩が内側に丸まってしまう「巻き肩」になりやすいです。巻き肩になると、肺に空気を取り込む通路が塞がれてしまうので、息が浅くなって疲れの原因になることも。

 そんな時におすすめなのが、オードリーの春日さんがやる「カスカスダンス」。実は、閉じてしまった胸を開くのにぴったりなんです。

 やり方は簡単。まず、頭を引き上げるように背筋を伸ばし、肘を張って腕を肩の高さまで上げます。肘が肩より後ろになることを意識して、リズミカルに背後に引くように動かします。このとき、腰が反ったり肩が上がると余計なコリを生んでしまうので、まずは鏡の前でやってみてくださいね。

 しばらく動かして、肩の前側が伸びるのを感じられたらオッケー! ポイントは「絶対に無理をしないこと」。こった筋肉を一気に動かしていきたいところですが、まずは筋肉を緩める気持ちで行いましょう。

 仕事の合間だけでなく、お風呂上がりに行ったり、他のストレッチと組み合わせたりするのもおすすめです。

気分転換セルフケア 「カスカスダンス」のポイント

気分の切り替えがうまくいかず、眠れない時に「シャバアーサナ」

 今日も頑張ってへとへと。疲れがたまってバタンと眠れるかと思いきや、なんとなく眠りが浅かったり何度も起きちゃうことってありませんか?

 そんな時に試してみて欲しいのが「シャバアーサナ」。ヨガの「屍のポーズ」です。呼吸を整えることで入眠しやすく、気持ちも落ち着けやすくなりますよ。

 こちらもやり方は簡単。まず仰向けに横になります。両手両足を広げ、掌を天井側へむけます。そのまま腹式呼吸を意識してゆっくり深呼吸しましょう。

 「意識を手放す」ようなイメージをすると、さまざまな考えごとから抜け出しやすいです。体が床に溶け込むように、身体をリラックス状態に持っていきましょう。

 おやすみ前に行う際はこのまま寝てしまってOK。寝る前だけでなく、ちょっとした休憩時間に行えば、気分のリフレッシュも期待できます。休憩中の方は、ゆっくりと意識を身体に戻すイメージで終了しましょう。

 体を休めるだけでなく気分転換になるので、仕事で考え込んでしまったときや、マイナスな感情がある時にもおすすめです。

気分転換セルフケア ヨガの屍のポーズ「シャバアーサナ」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」