テレワークや外出自粛でこもりきりの体に「気分転換セルフケア」! かんたんにできるストレッチやヨガをイラストで解説します(1/2 ページ)

体調もモチベも上げていきたい!

» 2020年04月07日 20時00分 公開
[やまだマーチ!ねとらぼ]

 新柄コロナウイルスの影響で、仕事がテレワークになったり、週末もお家にこもらざるをえないここ数週間。そんな生活で心配なのは運動不足です。体を動かしていないと、気分が落ち込みやすくなってしまうことも。

 今回は、お家で簡単にできてテレワーク中にもぴったりな「気分転換セルフケア」を紹介します!

気分転換セルフケア テレワーク中にもぴったりなストレッチやヨガを紹介します

文、イラスト / やまだマーチ!

イラストレーター、エステティシャン。ハッピーなクリエイティブで楽しく暮らしたい、そしてその楽しさをお裾分けしたい。個人制作をメインに展示やイベントに参加するほか、Ailiph Doepa「Rainy Tip」MVのアニメーションをはじめ、バンドなどの制作物にも関わる。オリジナルキャラクター「くまだよ」のLINEスタンプも発売中

Twitter→ @ymd_merch Instagram→ ymd_merch エステ情報→ @mds_hanpen


 春は変化の季節。気候や気温だけでなく環境が変わる人も多いはずです。体に変化が訪れるときに、いつもと違う環境や勤務形態になると、心にも大きな負担がかかってしまうことも。

 特に、休みと仕事のオンオフがつけにくいテレワークでは、仕事中の緊張状態が続いてうまく眠れなくなってしまったり、逆に、業務に集中できずだらだらと時間を過ごしてしまったりすることも……。

 こうした気分の切り替えができないときにおすすめなのが、軽く体を動かすこと。体を動かしてみると、知らず知らずのうちに不調をもたらしていた手足の冷えや、姿勢の悪さにも気がつくはずです。

 今回は、仕事の合間にできて、気分転換にもなるケアで、心身の調子を整える自律神経をケアしていきましょう。

実はストレッチにもなる! オードリーの「カスカスダンス」

 長時間机に向かっていると、どんどん肩が内側に丸まってしまう「巻き肩」になりやすいです。巻き肩になると、肺に空気を取り込む通路が塞がれてしまうので、息が浅くなって疲れの原因になることも。

 そんな時におすすめなのが、オードリーの春日さんがやる「カスカスダンス」。実は、閉じてしまった胸を開くのにぴったりなんです。

 やり方は簡単。まず、頭を引き上げるように背筋を伸ばし、肘を張って腕を肩の高さまで上げます。肘が肩より後ろになることを意識して、リズミカルに背後に引くように動かします。このとき、腰が反ったり肩が上がると余計なコリを生んでしまうので、まずは鏡の前でやってみてくださいね。

 しばらく動かして、肩の前側が伸びるのを感じられたらオッケー! ポイントは「絶対に無理をしないこと」。こった筋肉を一気に動かしていきたいところですが、まずは筋肉を緩める気持ちで行いましょう。

 仕事の合間だけでなく、お風呂上がりに行ったり、他のストレッチと組み合わせたりするのもおすすめです。

気分転換セルフケア 「カスカスダンス」のポイント

気分の切り替えがうまくいかず、眠れない時に「シャバアーサナ」

 今日も頑張ってへとへと。疲れがたまってバタンと眠れるかと思いきや、なんとなく眠りが浅かったり何度も起きちゃうことってありませんか?

 そんな時に試してみて欲しいのが「シャバアーサナ」。ヨガの「屍のポーズ」です。呼吸を整えることで入眠しやすく、気持ちも落ち着けやすくなりますよ。

 こちらもやり方は簡単。まず仰向けに横になります。両手両足を広げ、掌を天井側へむけます。そのまま腹式呼吸を意識してゆっくり深呼吸しましょう。

 「意識を手放す」ようなイメージをすると、さまざまな考えごとから抜け出しやすいです。体が床に溶け込むように、身体をリラックス状態に持っていきましょう。

 おやすみ前に行う際はこのまま寝てしまってOK。寝る前だけでなく、ちょっとした休憩時間に行えば、気分のリフレッシュも期待できます。休憩中の方は、ゆっくりと意識を身体に戻すイメージで終了しましょう。

 体を休めるだけでなく気分転換になるので、仕事で考え込んでしまったときや、マイナスな感情がある時にもおすすめです。

気分転換セルフケア ヨガの屍のポーズ「シャバアーサナ」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」