ニュース
» 2020年04月12日 09時00分 公開

【ねとらぼ10周年企画】記事で振り返るネットの話題:7年前の今頃は?→「激おこぷんぷん丸」、Twitterで流行る ネタ画像やゲームなど派生物が続々誕生

数年前の今日はどんな記事があった?

[ねとらぼ]

 気になるインターネットの話題を中心に扱うメディア「ねとらぼ」は2021年4月で10周年。それを記念して、数年前の同じ日に掲載されたニュースから、懐かしのトピックスを振り返ります。


 7年前の2013年4月12日、Twitterでは「激おこぷんぷん丸」がすっかり市民権を獲得。ネタ画像やアプリなど派生作品が盛んに作られていました。







 ギャルが怒った時に使う「おこだよ」の発展形として紹介され、「ムカ着火ファイヤー」「カム着火インフェルノォォォォオオウ」と共に大流行した言葉「激おこぷんぷん丸」。2013年4月当時はまさに全盛期であり、さまざまな創作活動のネタにされていました。



 2013年4月12日には架空のファミコンソフト「激おこぷんぷん丸」のタイトル画面が投稿され、確かに昔のゲーム名っぽいと話題に。有志の手でパッケージや音楽が作られ、その後わずか1週間で本当に遊べるゲームが公開されてしまいました(関連記事 12)。

 なお2020年2月にSimejiが公開したランキング「10代女子が選ぶもう使いたくない若者言葉・略語」で「激おこぷんぷん丸」は第6位(関連記事)。もはや死語になりつつあるようです。7年という月日の残酷さにガチしょんぼり沈殿丸ですね……。



おかげさまで「ねとらぼ」は2021年4月に10周年を迎えます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」