ニュース
» 2020年04月12日 09時00分 公開

7年前の今頃は?→「激おこぷんぷん丸」、Twitterで流行る ネタ画像やゲームなど派生物が続々誕生【ねとらぼ10周年企画】記事で振り返るネットの話題

数年前の今日はどんな記事があった?

[ねとらぼ]

 気になるインターネットの話題を中心に扱うメディア「ねとらぼ」は2021年4月で10周年。それを記念して、数年前の同じ日に掲載されたニュースから、懐かしのトピックスを振り返ります。


 7年前の2013年4月12日、Twitterでは「激おこぷんぷん丸」がすっかり市民権を獲得。ネタ画像やアプリなど派生作品が盛んに作られていました。







 ギャルが怒った時に使う「おこだよ」の発展形として紹介され、「ムカ着火ファイヤー」「カム着火インフェルノォォォォオオウ」と共に大流行した言葉「激おこぷんぷん丸」。2013年4月当時はまさに全盛期であり、さまざまな創作活動のネタにされていました。



 2013年4月12日には架空のファミコンソフト「激おこぷんぷん丸」のタイトル画面が投稿され、確かに昔のゲーム名っぽいと話題に。有志の手でパッケージや音楽が作られ、その後わずか1週間で本当に遊べるゲームが公開されてしまいました(関連記事 12)。

 なお2020年2月にSimejiが公開したランキング「10代女子が選ぶもう使いたくない若者言葉・略語」で「激おこぷんぷん丸」は第6位(関連記事)。もはや死語になりつつあるようです。7年という月日の残酷さにガチしょんぼり沈殿丸ですね……。



おかげさまで「ねとらぼ」は2021年4月に10周年を迎えます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」