メディア
ニュース
» 2020年02月01日 12時00分 公開

10代女子が選ぶ「もう使いたくない若者言葉・略語」ランキング第1位は「じぇじぇじぇ」 「フロリダ」「ショッキングピーポーマックス」意味分かる?

ドヤ顔で使わないようにしましょう。

[宮原れい,ねとらぼ]

 10代女子が選ぶ「もう使いたくない若者言葉・略語TOP10」がキーボードアプリの「Simeji」公式サイトで公開されています。もう使われないんだ……という事実より、そんなに前の言葉!? という衝撃の方がデカいかも?

※「Simeji」アプリ上でのアンケート調査。集計期間は2019年11月18〜2019年11月29日。有効回答数は10代女子977人。


Simeji ランキング 10代女子 もう使いたくない 若者 言葉 略語 TOP10 じぇじぇじぇ 10代女子が選んだ「もう使いたくない若者言葉・略語TOP10」

 第1位は、社会現象にもなったNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」をきっかけに大流行した「じぇじぇじぇ」。東北地方の一部(岩手県久慈市小袖地区)で使われるびっくりした時の表現で、ユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞を「今でしょ!」などと一緒に受賞した言葉です。そして、それがなんともう7年前の出来事という事実……(ドラマは2013年放送)。恐ろしい。

 第2の「ショッキングピーポーマックス」は、文字通りショックや驚いている様子を表す言葉。2015年〜2016年頃にSNSを中心に話題になった言葉ですが、現在の若者が使う場合には「かつてこのような言葉を使っていた世代や文化があり、それは二度と繰り返してはならない」といった戒めを込めて使われるケースが見られるとのこと。なにそれこわい。

 第3位「チョベリバ」は王道のギャル的表現ですが、「チョベリグ」と同じく流行から20年以上経った今でも若者に認知され続けているそうです(※ただし、もう使いたくない)。第4位の「バブみ」は母性をくすぐられた際に使う言葉。第5位「イベサー」は“イベント・サークル”の略語。第6位「激おこぷんぷん丸」は、激怒している様子です。どれも言われてみると、今ではネガティブな印象を受けたり、むしろおっさん感さえ感じたりするので、使いたくないと思う理由もわかりそうな気がしてきます。

 注目は第7位の「フロリダ」。同語は“風呂に入るのでチャットから離脱する”を意味し、2019年8月に発表されたSimejiランキング「10代女子が選ぶ『流行りの若者言葉・略語TOP10』」では第7位に入っていた言葉でした。短い命だった……。



 懐かしの流行語やギャル語から、つい先日初めて聞いたように思える若者言葉までがランクインしており、若者言葉の流行り廃りの面白さと同時に儚さを感じるこの結果。上の世代の私たちは、間違ってもドヤ顔で使わないように気を付けたいところです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.