インタビュー
» 2020年04月21日 20時30分 公開

【新型コロナの困りごと】周辺の店が休みで来店客が…… デパ地下で働くDさん「換気も難しい。3密防げない」 (1/2)

しかし、休めば他のスタッフに「感染リスクを押し付けるようなもの」。

[ねとらぼ]

 外出自粛により仕事ができない、感染リスクの中でも働かざるを得ない……そんな新型コロナウイルスの影響で困っている人にインタビューする企画「新型コロナの困りごと、聞かせてください」。今回は、デパ地下で働くDさんに話を伺いました。



―― Dさんが働く百貨店地下の食品フロアは今も営業しているんですよね

 周辺の百貨店や商業施設は5月6日まで臨時休業しているのですが、勤務先の百貨店は地下食品フロアのみ時短で営業しています。「上位顧客の上質な生活を守るため休業はしない」との方針で、私たち従業員は従うしかありません。

―― 外出自粛中ですが、来店するお客さんは多いのでしょうか?

 土日はお客様も外出自粛をやってくださるのか、平日より少ないです。ですが、平日は(新型コロナウイルスが流行る前に比べて減ってはいますが)お客様が増えています。やはり周辺の百貨店が閉まっているので、「あそこなら開いている」という気分で来られるのではないのでしょうか。

 従業員はみんなマスク着用と出勤時の体温チェックをしておりますが、お客様はそうではありません。マスクをされていないお客様、お札をなめて出されるお客様、何も買われないのに長々とお話されていかれるお客様……お客様はそれぞれで、決して安全とは言えません。

―― お店側では「3密」を防ぐための対応を行っていますか?

 正直地下街とのドアを開けていても意味がないですし、店内の奥の方は換気されないので、結果予防はしていないも同然です。従業員食堂(社食)もありますが、そこも狭く窓も開けられず、席間が狭いのでそこでも「3密」が生まれ従業員同士の感染リスクが上がっています。

―― 不安はありますか

 私は一人暮らしなので、もし感染したら……と思うととても怖いです。できるのなら仕事を休みたいのですが、私が入ってるテナントはスタッフが4人しかいません。私だけが休むということは、他の3人に感染リスクを押し付けるようなものです。そんな無責任なことはできないので、日々感染リスクに怯えながら出勤しています。早く食品フロアを臨時休業にしてもらいたいと願うばかりです。

※本記事は取材対象者の声をそのまま記事化したものです。当該業界、職種などの労働環境一般を説明するものではありません。

新型コロナの困りごと、聞かせてください

 本企画では、読者の皆さまのお仕事にまつわる「新型コロナの困りごと」を募集しています。

  • 仕事でこんなことに困っている
  • こんな感染リスクがあって不安

 など取材させていただける方、Twitterアカウント「ねとらぼ(募集用)」(@nlab_boshu)からDMにてご連絡いただけますと幸いです。

※謝礼等のお支払いはしておりません

※特定の企業・人物の告発を目的とした記事ではなく、個人名、企業名などは掲載しない方針です

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」