ニュース
» 2020年04月25日 19時00分 公開

「1988年のディズニーランドに行ってきた」 平成生まれが昭和レトロやバブル期を再現して撮影する「タイムトラベルガール」が面白い(1/2 ページ)

情報収集は基本的に国会図書館で行っており、小道具や衣装はメンバーの持ち込み。

[Kikka,ねとらぼ]

 90年代のコギャル文化や80年代のディズニーランドなど、さまざまな時代のカルチャーを再現して撮影するサークルがじわじわと注目を集めています。「タイムトラベルガール」の主宰・あやねさんを取材しました。

 「1988年(開園5周年)のディズニーランドに行ってきた」「コギャルの落書き」など、時代に合わせた世相を再現した写真をInstagramへ投稿しているのは、「タイムトラベルガール」の皆さん。以前ねとらぼでも紹介した「平成生まれが昭和・90年代を語る会」の代表・あやねさんが主宰するサークルです。

 ユニークな活動内容について、“タイムスリップディズニーランド”を例に紹介してみると、1980年代〜1990年代に流行していたコーディネートでディズニーランドを楽しむ――といった形。


タイムスリップガール レトロ 昭和 タイムスリップディズニーランド

 「平成生まれが昭和・90年代を語る会」の定例会で、参加者から「1983年〜1993年頃のディズニー好きなんですけど、当時の格好をして1回行ってみたいんですよね」という提案があったことから実現したと言い、開園5周年当時のガイドブックや、1980年代に使用されていたショッピングバッグ、5周年当時に販売されていたキーホルダー、イヤーハット、ビッグ10(アトラクション利用券付)、写ルンです(当時のデザインのもの)といった持ち物に加え、当時ディズニーランドで使用されていたポップコーンボックス(紙製)のデザインを調べて再現してしまうほどのガチっぷりです。

 また1987年の『CanCam』を参考にしたという服装も非常によく考えられており、当時爆発的に流行して売り切れが続出したという、Louis Vuittonのソミュールまでそろえているところにこだわりが感じられます。

 徹底した時代背景の調査に加え、「ありそう!」「あったあった!」となつかしさを感じさせる演出や衣装、小道具はどのようにして準備しているのか。「タイムトラベルガール」のあやねさんにお話を伺いました。


タイムスリップガール レトロ 昭和 バブル期のデートをテーマにした雑誌の紙面を再現

情報収集は国会図書館で

――どの投稿も各時代の良さが反映されていて、とても楽しいです。特に気になるのが、衣装や小道具についてなのですが、どのように情報を収集し、準備しているのでしょうか。

あやね情報収集は基本的に国会図書館で、当時の本や雑誌を中心に行っています。小道具や衣装はメンバーの持ち込みでやっているのですが、出費が半端ないはずなのに、その時代が好きだからとみんなわざわざ準備してくれるんです。

 撮影に関しては、カメラマンさんやヘアメイクさんは、事前に「こんな撮影やります」とSNSで告知すると、興味を持った方が集まってくれます。普通の撮影やヘアメイクでは、あまりやらないテーマだったりするので、楽しんでやっていただけているみたいです。本当にご協力いただいた皆さんには感謝しています。


タイムスリップガール レトロ 昭和 60年代をモチーフにしたドーナツの広告

――あやねさんは、「タイムトラベルガール」と「平成生まれが昭和・90年代を語る会」の両方で活動されていますが、こうしたサークルを始めたきっかけは何だったのでしょうか。

あやね私自身、中学生の頃から1970年代〜1990年代の文化を調べたり、楽曲を聞くのが好きな子だったのですが、4年前にふと「私と似たような趣味の人たちがネット上にはたくさんいるかもしれない」と思って立ち上げたのが「平成生まれが昭和・90年代を語る会」です。一目見て、どんな会か分かるように、このサークル名にしました。

 それからオフ会を定期的に始めたのですが、オフ会の会話って「いかに時代に関して知識があるか」というのがポイントになってきて無意識に知識マウンティングが起こるんです。

――知識マウンティングとはどういったものなのでしょうか。

あやね相手が楽しそうに語っているのに、「それは情報が違うよ」っていちいち水をさしたりすることを個人的に知識マウンティングと呼んでいます。昭和好きかいわいのTwitterを見ていても、そういう空気があって、もっとみんなが楽しんで時代の知識を生かせる場所を作れないかと思って作ったのが、「タイムトラベルガール」です。みんなでその時代を再現することが目的なので、知識も生かせるし、まるで文化祭みたいな感じでやってます。

――他にも活動のルールのようなものはあるのでしょうか。

あやね大切にしているルールは2つありまして、1つは先ほどお話した知識マウンティングしないこと。もう1つは「昔はよかった、それに比べて今の時代は〜」と現在を否定しないことです。どんなに頑張ったって時代は戻すことはできないし、だからこそ時代って面白いと思うんです。

――「タイムトラベルガール」と「平成生まれが昭和・90年代を語る会」の活動は、どのような違いがあるのでしょうか。

あやね「平成生まれが昭和・90年代を語る会」は東京本部、関西支部、沼津支部を合わせて50人ほどメンバーがおり、時代好き同士で「交流」をする会となっています。年間では3、4回程度活動しています。

 タイムトラベルガールは戦後から現在までを対象に時代再現を「創る」会で、これは良いアイデアが思い付いたり、良いアイデアをメンバーからもらったら撮影をセッティングするので不定期になりますが、2、3カ月に1度は撮影していると思います。その撮影ごとにメンバーが変わるのですが、カメラマンさん、ヘアメイクさんも含めると30人ぐらいの方にご協力いただきました。


タイムスリップガール レトロ 昭和 大阪万博をイメージした作品

――タイムトラベルガールの活動(投稿)で印象に残っているものがあれば教えてください。

あやね私の親友のメンバーが「88年(ディズニーランド5周年)の格好をしてディズニーランドに行くのが夢」というのを聞いて、それ面白そうじゃん!と一緒に実行したのがタイムトラベルガールの始まりなんです。そこで撮った写真が本当に「お母さんの若い頃」っていう感じだったので、これはいける!と思ってスタートしたんです。

――これまでで一番大変だったテーマと楽しかったテーマは何でしたか。

あやね大変だったのは漫才ブームの時の女漫才師が出したレコードというテーマです。大阪に行って撮影したのですが、なかなか写真一枚でその漫才師の芸風が表現できなくて、何百枚も撮影しました。会心の1枚が撮れたときは、みんなが感嘆の声を上げました(笑)。


タイムスリップガール レトロ 昭和 漫才ブームの時の女漫才師が出したレコード

 あとはコギャルの撮影も大変でした。「昔のプリクラ機でコギャルの格好で撮ろう」というのが目的で、事前に施設と綿密に連絡とりあっていたのですが、その機械がある場所がすごく遠かったうえに当日機械トラブルが起きたりして、その様子は1997というタイトルの動画にまとめてあります(笑)。


タイムスリップガール レトロ 昭和 コギャルの落書き

――楽しかったテーマについても教えてください。

あやね楽しかったのは、架空の90年代番組をテーマにしたものです。「みんなで90年代の格好をして90年代っぽい架空の番組の番組特製テレホンカードをつくろう!」というタイトルでTwiPlaで募集をしたら皆さん集まってくれて、「突撃!!チョベリー王国」という番組名も撮影後の喫茶店でみんなで決めました。


タイムスリップガール レトロ 昭和 「突撃!!チョベリー王国」

 テレカ以外にも、番組CMとオープニングとエンディングの映像まで制作したので本当に自分はその番組の出演者だったのかなと未だに錯覚しています(笑)

 また喫茶店撮影のときはiPhoneで撮影した素材をすぐにAirDropでMacBookに入れて、iPadでタイトル文字を書いてもらって……と、撮影から2時間程度で完成させました。


タイムスリップガール レトロ 昭和 撮影から2時間で完成させたという喫茶店モチーフのレコードジャケット

――最後に、昭和、90年代、20年代、令和の時代など、時代の流れについてどう感じていますか。

あやねどの時代もその時代ならではの特徴があるんですよね。でも、その前の時代を見ると、そうなった理由がなんとなく分かったりして、時代ってまるで1本の川のようで面白いなと思います。

 今の時代もきっと後年、そうなるんじゃないかなと思います。だから昔の時代も調べつつ、今の流行やトレンドもしっかりおさえておきたいですね。それを数年後にタイムトラベルガールでやるかもしれないので!


 さまざまな時代に旅しながら、各時代の特徴や面白さ、良さを追求するタイムトラベルガールの皆さん。次はいったいどんな時代へ旅するのでしょうか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」