ニュース
» 2020年05月06日 16時54分 公開

スマホで写したものを数秒でPCにペースト 現実のモノをコピペできるARソフトのプロトタイプ公開

およそ7秒でコピペできます。

[関口雄太,ねとらぼ]

 現実に存在する物体をスマホで切り取り、PCで開いたPhotoshopへ貼り付けできるツール「AR Cut & Paste」のプロトタイプが公開されました。


部屋の観葉植物を数秒でPCにペースト 現実のモノをコピペできるARソフト公開 観葉植物を切り抜き(画像はTwitterより)

部屋の観葉植物を数秒でPCにペースト 現実のモノをコピペできるARソフト公開 Photoshopへ貼り付け(画像はTwitterより)

 「AR Cut & Paste」は、Google Arts & Cultureに所属するシリル・ディアーニュさんが公開したオープンソースソフトウェア。デスクに置いた観葉植物やノートをスマホカメラで写し、PCで開いたPhotoshopへ貼り付ける様子をTwitterに投稿しました。カメラで写した物体を切り取り、Photoshopの画面へカメラを近づけると貼り付け完了します。タップによる操作で、感覚的にカットアンドペーストができるようです。

 ディアーニュさんの投稿によると、操作にかかる時間はコピーに2.5秒、貼り付けに4秒程度となっています。ただし、高速化するための方法はたくさんあるようで、改良は可能とのこと。週末が忙しかったためにひとまず現在の形に仕上げたそうです。



 深層学習の技術を採用することで、物体と背景を切り離しています。また、Twitterのリプライに寄せられた「商品化しますか?」という質問にディアーニュさんは「今のところはない」と答えましたが、「オープンソースのプロトタイプとして開発を続けていくつもりです」と言及しました。



 なお「AR Cut & Paste」のコードや使い方はGitHubで公開しているため、誰でも改良を施したりダウンロードして使用したりできます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.