ニュース
» 2020年05月18日 10時20分 公開

“筋肉パン”に新たな刺客現る カメントツ先生『たのしいどうぶつランド』のマッチョうさぎ&クマのパン登場

ナイスベイク!

[コンタケ,ねとらぼ]

 かわいい動物の顔にムキムキの体が付いた“筋肉パン”に、新たな刺客が登場しました。カメントツ先生によるシュールな絵本「たのしいどうぶつランド」に登場するムキムキなうさぎとクマを、パン講師のきょうか先生(@topankyoka428)が再現したのです。“筋肉パン”が1つのジャンルとして確立しつつある……?






たのしいどうぶつランド 筋肉パン カメントツ うさぎ クマ 今回もムッキムキやぞ

たのしいどうぶつランド 筋肉パン カメントツ うさぎ クマ 両手上げバージョン

 「たのしいどうぶつランド」は、かわいいうさぎとクマが筋トレに励み続け明るく過ごすという筋肉の英才教育絵本。きょうか先生はこの2人(2匹?)のかわいい顔とムキムキな体をパンで見事に再現しています。色分けまでしっかり再現されており、「たのしいどうぶつランド」公式も反応しました。

 クマのパンは、絵本に出てくる「鍛える前バージョン」もあり。小さくてかわいらしかったクマが、筋肉というよろいを得てたくましくなった姿が見事なビフォーアフターとしてパン化されています。こうして横に並べると筋トレしただけなのに身長2倍になってるな?


たのしいどうぶつランド 筋肉パン カメントツ うさぎ クマ クマ。筋トレで身長伸び過ぎである

 “筋肉パン”は、もともと5月にRanさん(@konel_bread)が作りTwitterで広く拡散されたのが始まり。きょうか先生もRanさんに憧れて今回の“筋肉パン”を作ったとコメントしています。ソーセージを抱えている点も同じですね。

 きょうか先生は他にもさざまなパンやお菓子をInstagramに投稿しています。





画像提供:きょうか先生(@topankyoka428)



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた