ニュース
» 2020年06月12日 18時29分 公開

「何か最後に残したい」 小室哲哉、2年4カ月ぶりにメディア出演 楽曲制作に意欲

「オンラインの中で生きる曲を一曲残してみたい」と小室さん。

[百合野綾,ねとらぼ]

 2018年1月に芸能界引退を表明した音楽プロデューサーの小室哲哉さんが、6月11日放送のラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」(TOKYO FM)にゲストとして登場。2年4カ月ぶりのメディア出演で、引退後の生活や楽曲制作への思いについてトークを繰り広げました。

小室哲哉 ラジオ TOKYOFM 小室哲哉さん(画像は小室哲哉公式サイトから)

 友人で音楽プロデューサーの秋元康さんが同番組のプロデュースを担当していることから声を掛けられ、同番組に出演した小室さん。引退後の生活について、「鍵盤やピアノも触ってもいなかった」など音楽から離れていたことを回顧。2019年になってからはアートや建築に音楽をつけることに興味が沸いてきたとしつつも、ピアノを弾く程度で作曲はしていなかったと明かしました。

小室哲哉 ラジオ TOKYOFM 引退会見以来、約1年半ぶりの公の場での小室さん(画像は関連記事から)

 その後、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)が世界を席巻し始める直前に、友人であるエイベックスの松浦勝人会長からスタジオに遊びに来るよう誘われたという小室さん。実際にスタジオへ足を運び、そこに居合わせた人たちの前で戯れにシンセサイザーを弾いたとき、「僕の勝手な感覚だけど小室哲哉がシンセ弾いてるっていうのを背中に感じて(笑)。あー楽しいなぁ、意外とみたいな感じで」と高揚したエピソードも明かしました。

 これと同時期に秋元さんから作曲のオファーがあり、2年以上ぶりに作曲に取り掛かるも「3曲作って、3曲ともダメ」とNGを出されたそう。これまでのキャリアでも「僕基本1回も一発OKってない」と明かしながら、「最初は1人にいいですねって言われるためにやっていたので。ほとんどというよりは、全曲そうだと思う」と自身のポリシーを語りました。

 引退会見時、もう曲は作らないと明言していたことには「本当に思ってたけどね。創作意欲ともまた違うかもしれない」とコメント。「オリンピック・パラリンピックが無事成功して、ちょっと日本が落ち着いて、それから何か考えようかなという風にボヤっと思っていた」と自身の胸の内を吐露しつつ、「それが全部早回しになっていった時期だったので、ちょっと僕の気持ちもガラッと変わったかもしれない。このままのんびりしている場合じゃないかなって」と心境の変化があったことを明かしています。

 今後の楽曲制作について、小室さんは「J-POPじゃないかもしれないし、普通の曲じゃないかもしれないけど、何か最後に残したいなという気持ちは出てきた」とイメージを語り、「一言で言っちゃうとオンライン。オフラインじゃなくてオンラインの中で生きる曲を一曲残してみたい」と抱負を説明。既に何かが決まっているというわけではないとしつつも、「レコーディングっていうのはやっぱり楽しいんだなって」と曲作りの楽しさを再確認した様子でした。

 なお、最近好きなアーティストを聞かれると、「King Gnuとかすごい好き。シンセの音が結構出ている。そこらへんがちょっと懐かしい感じで」と絶賛。さらに、音楽業界がオンラインの時代に移行していることに、「1000万、2000万人の人がドカッていいねって言ってくれるのはいい時代」とし、前述のようにオンラインで存在感のある楽曲の制作意欲があることをあらためて語りました。

 この放送で同じくゲストとして出演していた古市憲寿さんは、「復帰宣言じゃないですか!」とツッコミを入れるも、小室さんは「復帰宣言じゃない……」と否定。「復帰するのは勇気がいるし、批判もあるだろうし、簡単に“はい”というわけにはいかないと思う。メディアに出ていくのは、年齢も年齢だし全く(可能性は)ゼロ。でも楽曲は、若干違うのかなって心のどこかでは思っているかもしれない」と現在の心境を明かしていました。

 番組終盤では、秋元さんから「もう復帰しましょうよ」と連絡が来たことを知らせると、小室さんは「秋元ちゃんのダメ出しが終わらない限り復帰はできないよ! 永遠にダメ出しが続くかもしれない(笑)」と笑って締めくくっていました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」