「何か最後に残したい」 小室哲哉、2年4カ月ぶりにメディア出演 楽曲制作に意欲

「オンラインの中で生きる曲を一曲残してみたい」と小室さん。

» 2020年06月12日 18時29分 公開
[百合野綾ねとらぼ]

 2018年1月に芸能界引退を表明した音楽プロデューサーの小室哲哉さんが、6月11日放送のラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」(TOKYO FM)にゲストとして登場。2年4カ月ぶりのメディア出演で、引退後の生活や楽曲制作への思いについてトークを繰り広げました。

小室哲哉 ラジオ TOKYOFM 小室哲哉さん(画像は小室哲哉公式サイトから)

 友人で音楽プロデューサーの秋元康さんが同番組のプロデュースを担当していることから声を掛けられ、同番組に出演した小室さん。引退後の生活について、「鍵盤やピアノも触ってもいなかった」など音楽から離れていたことを回顧。2019年になってからはアートや建築に音楽をつけることに興味が沸いてきたとしつつも、ピアノを弾く程度で作曲はしていなかったと明かしました。

小室哲哉 ラジオ TOKYOFM 引退会見以来、約1年半ぶりの公の場での小室さん(画像は関連記事から)

 その後、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)が世界を席巻し始める直前に、友人であるエイベックスの松浦勝人会長からスタジオに遊びに来るよう誘われたという小室さん。実際にスタジオへ足を運び、そこに居合わせた人たちの前で戯れにシンセサイザーを弾いたとき、「僕の勝手な感覚だけど小室哲哉がシンセ弾いてるっていうのを背中に感じて(笑)。あー楽しいなぁ、意外とみたいな感じで」と高揚したエピソードも明かしました。

 これと同時期に秋元さんから作曲のオファーがあり、2年以上ぶりに作曲に取り掛かるも「3曲作って、3曲ともダメ」とNGを出されたそう。これまでのキャリアでも「僕基本1回も一発OKってない」と明かしながら、「最初は1人にいいですねって言われるためにやっていたので。ほとんどというよりは、全曲そうだと思う」と自身のポリシーを語りました。

 引退会見時、もう曲は作らないと明言していたことには「本当に思ってたけどね。創作意欲ともまた違うかもしれない」とコメント。「オリンピック・パラリンピックが無事成功して、ちょっと日本が落ち着いて、それから何か考えようかなという風にボヤっと思っていた」と自身の胸の内を吐露しつつ、「それが全部早回しになっていった時期だったので、ちょっと僕の気持ちもガラッと変わったかもしれない。このままのんびりしている場合じゃないかなって」と心境の変化があったことを明かしています。

 今後の楽曲制作について、小室さんは「J-POPじゃないかもしれないし、普通の曲じゃないかもしれないけど、何か最後に残したいなという気持ちは出てきた」とイメージを語り、「一言で言っちゃうとオンライン。オフラインじゃなくてオンラインの中で生きる曲を一曲残してみたい」と抱負を説明。既に何かが決まっているというわけではないとしつつも、「レコーディングっていうのはやっぱり楽しいんだなって」と曲作りの楽しさを再確認した様子でした。

 なお、最近好きなアーティストを聞かれると、「King Gnuとかすごい好き。シンセの音が結構出ている。そこらへんがちょっと懐かしい感じで」と絶賛。さらに、音楽業界がオンラインの時代に移行していることに、「1000万、2000万人の人がドカッていいねって言ってくれるのはいい時代」とし、前述のようにオンラインで存在感のある楽曲の制作意欲があることをあらためて語りました。

 この放送で同じくゲストとして出演していた古市憲寿さんは、「復帰宣言じゃないですか!」とツッコミを入れるも、小室さんは「復帰宣言じゃない……」と否定。「復帰するのは勇気がいるし、批判もあるだろうし、簡単に“はい”というわけにはいかないと思う。メディアに出ていくのは、年齢も年齢だし全く(可能性は)ゼロ。でも楽曲は、若干違うのかなって心のどこかでは思っているかもしれない」と現在の心境を明かしていました。

 番組終盤では、秋元さんから「もう復帰しましょうよ」と連絡が来たことを知らせると、小室さんは「秋元ちゃんのダメ出しが終わらない限り復帰はできないよ! 永遠にダメ出しが続くかもしれない(笑)」と笑って締めくくっていました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  3. /nl/articles/2405/20/news009.jpg ドクダミを除草剤を使わず防ぐ方法3選 生態と対策がよく分かる解説に「待ってましたよ!」 「これは嬉しい!」と大反響
  4. /nl/articles/2405/20/news035.jpg 夫が男子トイレで発見した“幸運の虫”を妻に見せると…… 感動を呼ぶその正体に「蝶より綺麗」「素敵な旦那さんだ」
  5. /nl/articles/2405/17/news147.jpg 丸刈り男性が“1年間”髪を伸ばし続けたら…… 55週間の“大変身”の記録に「これはすごい!」「クールだね」
  6. /nl/articles/2401/18/news015.jpg 巨大深海魚のぶっとい毒針に刺され5時間後、体がとんでもないことに…… 衝撃の経過報告に「死なないで」
  7. /nl/articles/2405/19/news034.jpg 父が答えた「人生最後の日に食べたい物」に衝撃走る 思わず涙こぼれる回答に「泣かせないでください」「心に沁みた」
  8. /nl/articles/2405/20/news034.jpg 生後6カ月の赤ちゃん、ママと目が合ってニコッ!からの…… 無敵のかわいさに「撃ち抜かれた……」「癒しをありがとう」
  9. /nl/articles/2405/20/news068.jpg カスハラなど客の迷惑行為で「もう限界」 老舗銭湯が閉店を決意した理由に「一番心折れるパターン」「見ていてつらい」
  10. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評