コラム
» 2020年06月29日 07時45分 公開

【なんて読む?】今日の難読漢字「三竦み」 (8/11)

[ねとらぼ]

答え



桟俵法師:さんだらぼっち

 「桟俵(さんだわら)」は、俵の両端に付く円形のフタ。それを擬人化した呼び方が「桟俵法師」。読みは「さんだわらぼうし」などとも。「昔の人たちは、なぜそこを擬人化しようと思ったのか」という疑問も湧くが、現代人は現代人で戦艦とか刀剣とか細胞とかアンパンとか、セガから発売されたゲームハードとか、フレンズなけものとかいろいろ擬人化しているわけで。


【前回の問題】「魂消る」の読み方は?



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.