レビュー
» 2020年07月12日 12時00分 公開

司書みさきの同人誌レビューノート:千葉県と“弁財天”の関係性 県内を調査した同人誌『千葉県弁財天調査本Vol.2夷隅地域』

千葉県内で弁財天に関連する場所は1000カ所を超えるようです。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 海に現れたという妖怪の図が、春先から大人気ですね。不思議な出来事は各地にさまざまな形で伝えられて、やがて人々の祈りへとつながっていったものも見られます。今回はインドの神様を由来に日本で根付いたとされる、女神“弁財天”を追いかける同人誌です。

今回紹介する同人誌

『千葉県弁財天調査本Vol.2夷隅地域』 データ販売 32P 表紙・本文モノクロ

著者:秋葉


同人誌 図書館 司書 琵琶を手に、すてきな弁財天さんの図です

弁財天を求めて……しかし動機は謎

 作者さんは千葉県に存在する弁財天が祀られている神社、お寺、弁財天に関する地名がある土地などを調べ、このご本では特に夷隅地域についてまとめられています。いすみ市、勝浦市、夷隅郡大多喜町、夷隅郡御宿町の34カ所を調査し、祀られている神様のこと、住所などの情報、25カ所は実際に訪れた様子のレポートや写真も添えられています。

 ちなみに作者さん調べによると、千葉県内で弁財天に関連する場所は1000カ所を優に超えているそうです。その数字に果てしなさを感じつつ読み進めれば、未調査は残り1123カ所とのこと。やっぱり途方もない数字のような気がします……!

 しかし、実はこのご本ではなぜ作者さんが弁財天のことをこんなに気にされているのかは、特に触れられていません。こんなにも熱量が必要そうなのに、そこはさくっとスルーとは! ご自身の動機よりも、隙あらば弁財天のことを伝えたいという作者さんの意図が硬派な作りに表れている気がします。

同人誌 図書館 司書 弁財天は水の神様とのことで、池や海のそばに祀られていることも多いそうです。写真からひっそりと伝説が伝わってくるようです

下調べから見えるもの、足を運ぶことの意味

 さっぱりとした雰囲気はご本の随所に見られ、例えば訪れるべき場所をどうやって調査したのかという経緯もさらりと語られます。ご本から読み解くにおそらく、地元の町史などの本、資料を読まれ、さらにWeb上で地図や道を確認されたのち現地を訪れていらっしゃるようです。

 巻末に並んだたくさんの参考資料は『夷隅の民話さんぽ』『勝浦こぼればなし』といった、千葉県外ではなかなか手に取るのが難しそうな書名が挙げられています。経緯はごくさっぱり、と書きましたが、調査そのものは小さなエピソードも拾い、地元ならではの資料を活用されているのが分かります。

 しかし丁寧な調査を経て、実際に訪れた地ではなんと「見当たらず」という場所も! そんなとき、地元の方から「昔は祭りをやっていたけどもうやってない」とお話を聞いて探したり(しかし、漁業組合の立ち入り禁止の看板で行く手を阻まれる)、たまたま話しかけてくださった住職さんから過去の経緯を聞いたり、現場に行ったからこそ生まれたコミュニケーションをへた情報が挟み込まれているのが、ご本をやさしい空気にしています。

同人誌 図書館 司書 住職さんからお話を聞いたことで、さらなる調査へと思いをはせることも

今を今として記す大切さ

 知らないと通り過ぎそうな小さなお社を訪ねた1枚の写真と文章が、その場所の伝説を読者に知らせ、そして現在の姿を教えてくれます。古い文献をもとに、自分の力の限りで訪ねて回った記録、発見のうれしさはもちろん、発見できなかったこと、未訪問なこと、それらを率直にそのまま今を今として書かれることが、きっとまた後世の誰かを動かしていくのではないかと感じました。

 作者さんはご自身で運転はなさらないそうで、ご本からもこのVol.2だけで3年に渡って取り組まれているのが読み取れ、こういったぽつりぽつりとある目的地を訪ねて回るときにはなかなかの大変さであることが想像できます。けれど一歩一歩のあゆみのようにこつこつと調べ、ご自身の見解と、気持ちを記した内容は調査研究とエッセイのちょうど真ん中のような雰囲気で、飾り気のなさの奥に温かみが滲んでいるようです。

同人誌 図書館 司書 見当たらず……! そのままの記述がきっと次へとつながることでしょう

サークル情報

サークル名:さらすば亭

Twitter:@A_KIBA

現在入手できる場所:BOOTH

次回参加予定のイベント:コミケなどの同人誌即売会



今週の余談

 アマビエさんを模した和菓子を食べました。元の白黒の図から想像を膨らませられたのか、私の手元にやってきたのは、カラフルなかわいい彩りのお菓子になっていました。しっとりあんこを堪能しながら、アマビエさんの活躍がうれしかったです。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」