千葉県と“弁財天”の関係性 県内を調査した同人誌『千葉県弁財天調査本Vol.2夷隅地域』司書みさきの同人誌レビューノート

千葉県内で弁財天に関連する場所は1000カ所を超えるようです。

» 2020年07月12日 12時00分 公開
[みさきねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 海に現れたという妖怪の図が、春先から大人気ですね。不思議な出来事は各地にさまざまな形で伝えられて、やがて人々の祈りへとつながっていったものも見られます。今回はインドの神様を由来に日本で根付いたとされる、女神“弁財天”を追いかける同人誌です。

今回紹介する同人誌

『千葉県弁財天調査本Vol.2夷隅地域』 データ販売 32P 表紙・本文モノクロ

著者:秋葉


同人誌 図書館 司書 琵琶を手に、すてきな弁財天さんの図です

弁財天を求めて……しかし動機は謎

 作者さんは千葉県に存在する弁財天が祀られている神社、お寺、弁財天に関する地名がある土地などを調べ、このご本では特に夷隅地域についてまとめられています。いすみ市、勝浦市、夷隅郡大多喜町、夷隅郡御宿町の34カ所を調査し、祀られている神様のこと、住所などの情報、25カ所は実際に訪れた様子のレポートや写真も添えられています。

 ちなみに作者さん調べによると、千葉県内で弁財天に関連する場所は1000カ所を優に超えているそうです。その数字に果てしなさを感じつつ読み進めれば、未調査は残り1123カ所とのこと。やっぱり途方もない数字のような気がします……!

 しかし、実はこのご本ではなぜ作者さんが弁財天のことをこんなに気にされているのかは、特に触れられていません。こんなにも熱量が必要そうなのに、そこはさくっとスルーとは! ご自身の動機よりも、隙あらば弁財天のことを伝えたいという作者さんの意図が硬派な作りに表れている気がします。

同人誌 図書館 司書 弁財天は水の神様とのことで、池や海のそばに祀られていることも多いそうです。写真からひっそりと伝説が伝わってくるようです

下調べから見えるもの、足を運ぶことの意味

 さっぱりとした雰囲気はご本の随所に見られ、例えば訪れるべき場所をどうやって調査したのかという経緯もさらりと語られます。ご本から読み解くにおそらく、地元の町史などの本、資料を読まれ、さらにWeb上で地図や道を確認されたのち現地を訪れていらっしゃるようです。

 巻末に並んだたくさんの参考資料は『夷隅の民話さんぽ』『勝浦こぼればなし』といった、千葉県外ではなかなか手に取るのが難しそうな書名が挙げられています。経緯はごくさっぱり、と書きましたが、調査そのものは小さなエピソードも拾い、地元ならではの資料を活用されているのが分かります。

 しかし丁寧な調査を経て、実際に訪れた地ではなんと「見当たらず」という場所も! そんなとき、地元の方から「昔は祭りをやっていたけどもうやってない」とお話を聞いて探したり(しかし、漁業組合の立ち入り禁止の看板で行く手を阻まれる)、たまたま話しかけてくださった住職さんから過去の経緯を聞いたり、現場に行ったからこそ生まれたコミュニケーションをへた情報が挟み込まれているのが、ご本をやさしい空気にしています。

同人誌 図書館 司書 住職さんからお話を聞いたことで、さらなる調査へと思いをはせることも

今を今として記す大切さ

 知らないと通り過ぎそうな小さなお社を訪ねた1枚の写真と文章が、その場所の伝説を読者に知らせ、そして現在の姿を教えてくれます。古い文献をもとに、自分の力の限りで訪ねて回った記録、発見のうれしさはもちろん、発見できなかったこと、未訪問なこと、それらを率直にそのまま今を今として書かれることが、きっとまた後世の誰かを動かしていくのではないかと感じました。

 作者さんはご自身で運転はなさらないそうで、ご本からもこのVol.2だけで3年に渡って取り組まれているのが読み取れ、こういったぽつりぽつりとある目的地を訪ねて回るときにはなかなかの大変さであることが想像できます。けれど一歩一歩のあゆみのようにこつこつと調べ、ご自身の見解と、気持ちを記した内容は調査研究とエッセイのちょうど真ん中のような雰囲気で、飾り気のなさの奥に温かみが滲んでいるようです。

同人誌 図書館 司書 見当たらず……! そのままの記述がきっと次へとつながることでしょう

サークル情報

サークル名:さらすば亭

Twitter:@A_KIBA

現在入手できる場所:BOOTH

次回参加予定のイベント:コミケなどの同人誌即売会



今週の余談

 アマビエさんを模した和菓子を食べました。元の白黒の図から想像を膨らませられたのか、私の手元にやってきたのは、カラフルなかわいい彩りのお菓子になっていました。しっとりあんこを堪能しながら、アマビエさんの活躍がうれしかったです。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/13/news123.jpg 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. /nl/articles/2406/14/news035.jpg 2歳弟、大好きな姉とハグをするはずが…… 胸がギュッとなる数秒後→まさかの展開に「かわいいー!」「男の子って面白い」
  3. /nl/articles/2406/13/news190.jpg 「全員死ねばいいのに」人気グラドル、局部写真送るファンにうんざり 被害明かす→被害拡大で「俺が死ぬわ」
  4. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  5. /nl/articles/2406/14/news106.jpg 「マジだ! すげー!」 Google Chromeロゴに隠された“まさかの事実”に驚きの声 「今年いちばん驚いたかも」
  6. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  7. /nl/articles/2406/11/news173.jpg 2年かけて金箔やメッキを集める→完成した“1本の延べ棒”が1466万表示 夢あるビフォーアフターに「ロマンある―!」「継続は力なり」
  8. /nl/articles/2406/14/news028.jpg 「もう付き合っちゃえよ!」と言いたくなるオオタカとトビが話題 集会中のレアな姿に「既に付き合ってるな!」「面白すぎ」
  9. /nl/articles/2406/13/news018.jpg 40歳女性「顔周りに多い白髪、昔は“よりによって……”と落ち込んだけど今では……」 白髪を楽しむグレイヘアに「めっちゃ素敵!」「勇気出た」
  10. /nl/articles/2406/14/news120.jpg 「虎に翼」、まさかの人物が全てをかっさらう Xトレンドで「目力強すぎて圧倒」「“直明役の子かっこいいなあ”と思ったら」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」