群馬の制服に見られた“袴章”って? 着物に袴、女学生の制服にしるされた模様の歴史司書みさきの同人誌レビューノート

群馬は特に凝ったものが多かったようです。

» 2020年07月26日 12時00分 公開
[みさきねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 冷夏の予報が聞こえてきますが、それでも長袖から半そでへと、季節は夏へと向かっています。白いシャツが風にはためいたり、明るい色のリボンが揺れたりと、学生さんの衣替えも目にすがすがしいこの頃、今回は学校制服に注目した同人誌です。

今回紹介する同人誌

『ぐんまの袴章 有機制服04』B5 28ページ 表紙・本文カラー

著者:つん


同人誌 図書館 司書 袴章とは? こんなにすてきな制服事情があったのですね

すそに注目! 群馬は袴章が花盛り

 かっわいい! ページを開くと愛らしい女学生さんが目に飛び込んできました。足元は草履やブーツで、頭には大きめのリボン、そして着物に袴(はかま)! こちらのご本では、明治、大正、昭和初期に創立された群馬県の学校、なかでも女学生さんの制服を取り上げています。

 明治末期から昭和初期、女学生の制服の多くに袴が採用されていました。同じく袴姿だった職業婦人と区別するため、また所属している学校を分かりやすくするためなどの理由で、その袴のすそにはよく模様がつけられていたのだそうです。現代のセーラー服にも見られるような直線のラインのイメージに似ていますね。

 しかし、袴のすそ模様は全国的に見られるなかで、なぜ群馬に注目されたのでしょう? その理由を作者さんは「不思議なことに群馬県は他県に比べやたら手の込んだ珍しい・面白い袴章(はかましょう)が多いのです」と書かれています。確かにご本をめくると、波型、松の形、桜の花びらをモチーフに……などなど、一口に袴のすそ模様と言っても実に個性的。ご本ではそんな多彩な魅力を持つ群馬の袴章事情を、イラストやときにマンガを交えながら解説されています。

 当時、すその模様は自分で縫い付けていくものだったそうで、読み進めるうちに女学生さんたちが各校の意匠を凝らしたすそ模様を自らの手で飾り、誇らしく歩いていた様子が、なんだかありありと浮かんできて、脳内でかわいい! かわいい! かわいい!!の 連呼です。

同人誌 図書館 司書 学校独自のすそ模様には特別な呼び名がついていたこともあったのだそうです

100年前の制服の証。消えゆく袴章を追う

 群馬内で独特のすそ模様事情が花開いたのは、いまからおよそ100年前。実は、ご本のなかではもう当時のことをたどりにくくなっていることにも少しずつ触れられています。

 すそを飾ったのはどんな模様だったのか、それはどんな色だったのか、どうしてそれが採用されたのか……確かに女学生さんたちが着ていたにもかかわらず、たった100年でその姿は曇りガラスの向こう側にいるようにぼんやりとしてしまいました。

 けれど、作者さんは小さなエピソードを拾い集めながら、その姿を同人誌の中で表現されています。イラスト、文章はもちろん、「大正9年から靴と靴下の着用が許可された」(桐生女子高等学校)とか、「袴章刺繍が夏休み中の課題だった」(共愛学園高等学校)などの、ちょっとした情報が入れ込まれているのが、彼女たちの様子に思いをはせるきっかけになっています。

 こんな風にまとめ上げるのは少しずつ少しずつ窓ガラスを磨くような地道な作業だったのではないでしょうか。それは文末に示された多数の参考文献や、すっきりとまとめられた調査結果の一覧から伺い知れます。読みやすい紙面デザインや、抜群に愛らしいイラストと言ったきらきらした紙面を、その丁寧な調査が支えていることで、私は心置きなく「すてき! かわいい!」に飛び込むことができました。

同人誌 図書館 司書 今昔制服の対比も

一本の線でつながる制服の過去と今

 かつて女学生さんたちのすそを飾った文様、その意匠の一部をいまの制服に採用している学校もあるのだとか。例えば伊勢崎清明高等学校では伊勢崎市のマークでもある勾玉(まがたま)をモチーフにした輪の形が袴につけられていましたが、現在の制服の腕にもその名残がくるんと丸く示されているそうです。

 そんな風にご本では過去だけでなく、いまの制服、そして「もしもこんな風にアレンジされたら……」と空想の制服にまで袴章を追いかけていらっしゃいます。見た目のかわいさやデザインの面白さとともに、一本の線をたどることで100年前の女学生さんの笑いさざめきあう声が今日の私に聞こえてくるような、やわらかな気持ちになりました。

同人誌 図書館 司書 群馬の袴章が一目で分かる一覧、すごい!

サークル情報

サークル名:かんむりとかげ

Twitter:@kanmuri_seifuku

ブログ:http://blog.livedoor.jp/kanmuritokage/

現在入手できる場所:メロンブックス(紙版)メロンブックス(電子版)とらのあな



今週の余談

 この間、セーラー服の子が日傘をさしているのを見掛けました。制服に日傘、すてきでしたよー。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  2. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  3. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  4. /nl/articles/2406/21/news017.jpg 0歳弟のお世話を頑張る8歳次男、ほほえましい光景かと思いきや…… 爆笑のオチに「面白いw」「全ての言動が可愛いのよ!」
  5. /nl/articles/2406/14/news016.jpg じいじとばあばの、孫をめぐる“激しいバトル”が246万再生 ほほ笑ましい光景に「癒やされる〜」「ばあば毒舌www」
  6. /nl/articles/2406/21/news016.jpg 「これだからアメリカの床屋はむずい」 本人も笑いを止められない仕上がりに「絶対に期待を裏切らなくて好き」
  7. /nl/articles/2406/20/news165.jpg 「これは刺さる」 ポイ捨て禁止の看板 → “辛辣すぎる標語”に10万いいね 「その通り」「地元にもほしい」と称賛の声
  8. /nl/articles/2406/20/news015.jpg 「ヤフオク!」でメダカを買ったら、謎のトラブルに巻き込まれ…… ゾッとする展開に「自分ならこんな事できません」
  9. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  10. /nl/articles/2406/20/news043.jpg 【今日の計算】「30+30÷30」を計算せよ
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」