ニュース
» 2020年08月09日 12時00分 公開

地名、地形、都市の発展 地図を愛してやまない10人の“地図ラー”による同人誌が面白い司書みさきの同人誌レビューノート

地図の面白さを再発見。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 暑いですねぇ! つい先日までしっとりな日々を送っていたとは思えないほど、ひと息に夏がやってきました。日差しの強い夏は、おうちで読書にいい季節でもありますよ。今回は室内に居ながらにしてお出かけ気分も楽しめそうな地図にちなんだ同人誌です。

今回紹介する同人誌

『地図ラー 1』A5 64ページ 表紙・本文カラー


同人誌 図書館 司書 シンプルな表紙ですが、タイトルの背後にちょっとした地図が見え隠れ

地図を愛してやまない「地図ラー」から生まれた同人誌

 こちらのご本は「地図ラー」の方々からの寄稿が載ったご本です。地図ラーとは? ご本によると「地図を愛してやまない人」とのこと。この第1巻では地図好き10人によるレポートや考察、調査の結果や旅行記などが掲載されています。例えば階段研究家さんによる「私と地図」では、地図との出会いからはじまり、住宅地図の階段表記の読み取り方など、親しみやすい導入から奥深いところにぐぐっと話が進みます。

 記事は短いものでは2ページ、長いもので10ページほどで、主に文章と画像で構成されています。地図を愛してやまない地図ラーの方々らしい、細やかな事柄に注目した文章が続くこともありますが、カラーページの現地の写真や引用された図版に助けられ、ときにかわいいイラストにほっとしながらのんびりと読むことができました。

同人誌 図書館 司書 きっかけから、奥深い地図の世界へと

地名、地形、都市の発展…楽しむポイントはあらゆるところに

 地形に注目した街歩きはテレビ番組の盛り上がりもあり、近年面白さに目覚めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。このご本を読むと、そのきっかけがたくさんのところに隠れているのに驚きます。

 「地図と地形と地名とわたし」「夜の通勤路」「大学の歴史地理学」……と、目次を見てもその多様さが分かります。地図にはこんなに面白ポイントがあるんですねぇ! 実は地図ってどこかに訪れるためだけのものではなく、眺めてよく観察し、調べることで、1枚の平面図をもとに、お部屋に居ながらにして世界に羽ばたける要素も持ち合わせているのですね。

 そして、なぜか街角に置かれている「ノラ椅子」や、モロッコを訪れて気付いた地形と人の営みのつながり、道に祀られた神々についてなど、現地を訪れてこそ見えるものも、地図ラーさんの熱いまなざしでしっかりキャッチされています。

同人誌 図書館 司書 街で気になるノラ椅子

老年からの「オタク」デビュー。知識と熱意が還暦からいよいよ加速する!

 地図の楽しみ方がさまざまに詰まったご本の中で、短くもひときわ印象深いエッセイがありました。それはこの地図ラーの会、会長さんによる「地図ラー誕生日秘話」です。

 地図に引かれて、薄い紙に出会うと地図を写し取れるように紙の確保に努めた少年時代。写しとるだけでなく、そこから浮かび上がるさまざまな謎が心にたまっていったこと。会長さんは「地図のことになると人が変わったようにポジティプになる少年」と振り返っています。なんてすてきな地図とのお付き合いなのでしょうか。

 しかし、そこから話はひといきにご自身でいうところの「老人の一歩手前まで」過ぎていきます。ある集まりでついに会長さんは自分が地図に興味があることを言葉にします。そのことを「そう、オタクであることが恥ずかしいことではなくなったという時代背景にも後押しされた」と書かれています。そして還暦を迎えたいまも「地図に関する知識と熱意はどんどん高まっている」とのこと。胸に温めた好きの思いがあふれ出したことで、地図好き同士がつながり、同人誌を発行し、力強く「地図が好き!」を満喫されていらっしゃるわくわく感が、ご本全体に満ちているような気がします。

 『地図ラー』は現在3号まで続刊しています。地図の楽しみ加速中です!

同人誌 図書館 司書 地図ラーはいまこの瞬間にもきっとどこかで生まれているのでは

サークル情報

サークル名:地図ラーの会

連絡先:info☆chiba-chizu.com/(☆→@)

現在入手できる場所:地図ラーの会オンラインショップ



今週の余談

 ごく初期からコミケに参加された方のお話を聞く機会があったときに「かつてマンガを描くのは大人になると“マンガ家になる”か“描くのをやめる”か2択だった。いまは趣味として描き続けられる幸いがある」という趣旨のことをおっしゃっていたのがとても印象的でした。胸に秘める楽しみも、胸をひらくうれしさも、いつだってかなえられる今であってほしいと思います。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる