ニュース
» 2020年07月28日 12時30分 公開

打倒Ninja ZX-25Rか! 「CBR250RR」がパワーアップして刷新、CBR伝統のトリコロールカラーも (1/2)

打倒Ninjaの41馬力仕様にパワーアップ。お値段も発売日も近くてガチ対決!

[志田原真俊,ねとらぼ]

 本田技研工業(ホンダ)は、250ccクラスのスポーツバイク「CBR250RR」の刷新版を発表。2020年9月18日に発売、価格は82万1700円(税込、以下同)からです。

ホンダ CBR250RR MC51 「CBR250RR」2020年モデル(グランプリレッド ストライプ)(写真:本田技研工業、以下同)

 CBR250RR(MC51型)は、2017年に登場した250ccクラスのスポーツバイク。日本市場のほか、経済発展でスポーツバイクブームが起きているアジア市場における注力モデルとして、人気を大きく左右するアジアロードレース選手権(AP250)への参戦を見据えて開発されたことから、かつてのレーサーレプリカ並みに気合いの入った仕様で注目されました。

 そして、モンスター級の性能を持つ最上位スポーツモデル「CBR1000RR-R」(関連記事)に通じる攻撃的なデザインも魅力です。

ホンダ CBR250RR MC51 「パールグレアホワイト」のみ赤フレームを採用。イタリアンバイクのようで、こちらも魅力的

 今回の2020年改良モデルは、エンジン内部まで手を加えて待望のパワーアップ。圧縮比の向上やフリクションロスを低減する改良を施し、最大41馬力を1万3000rpmまで回して発揮します。2017〜2019年モデルは最大38馬力(1万2500rpm)だったので、14%増とかなりのパワーアップを実現し、また高回転型になりました。

 参考までに、レーサーレプリカ全盛期の1990年代に販売されたクオーターマルチ(250cc 4気筒エンジン)の旧CBR250RR(ダブルアール/MC22型)は初期型で45馬力、自主規制後の最終型で40馬力でした。今回の改良で、クオーターマルチのエンジンこそ異なりますが往年の旧CBR250RRの一部を超えるパワーを手にすることにもなります。

 CBR250RR(2020年改良モデル)の出力は現行250cc 2気筒スポーツ車でトップ。高回転型クオーターマルチの復活でライダーの熱い注目を集めるカワサキ「Ninja ZX-25R」(2020年9月10日発売)(関連記事)の46馬力にも迫ります。

 このほか、出力特性の変更に合わせた電子制御の再調整やシフトダウン時にリアタイヤが暴れることを防ぐ「アシストスリッパークラッチ」を標準装備して攻撃力アップを補佐。シフトアップ/ダウン両対応の「クイックシフター」もオプションで用意します。

 カラーリングも変わります。特別色の「グランプリレッド(ストライプ)」(プラス3万3000円)はCBR伝統のトリコロールカラー。ゴールドの新色ホイールと組み合わせます

 通常カラーの3色「マットガンパウダーブラックメタリック」「パールグレアホワイト」「グランプリレッド」も配色やステッカーが少し変わり、より立体的で鋭い形状のカウルが際立つスタイルになります。パールグレアホワイトのみフレーム色を「赤」にしています。

 価格は、通常カラーモデルが82万1700円から、グランプリレッド(ストライプ)カラーモデルが85万4700円からです。

ホンダ CBR250RR MC51 グランプリレッド
ホンダ CBR250RR MC51 (参考)1990年代の最終型CBR250RR(ダブルアール)
ホンダ CBR250RR MC51 CBR250RR 詳細スペック


フォトギャラリー

ホンダ CBR250RR MC51 ホンダ CBR250RR MC51 ホンダ CBR250RR MC51 ホンダ CBR250RR MC51 ホンダ CBR250RR MC51 GSX-R250 ホンダ CBR250RR MC51 ホンダ CBR250RR MC51 ホンダ CBR250RR MC51 ホンダ CBR250RR MC51 ホンダ CBR250RR MC51 ホンダ CBR250RR MC51 ホンダ CBR250RR MC51 ホンダ CBR250RR MC51 ホンダ CBR250RR MC51 ホンダ CBR250RR MC51 ホンダ CBR250RR MC51 ホンダ CBR250RR MC51 ホンダ CBR250RR MC51
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.