ニュース
» 2020年07月30日 18時00分 公開

スザンヌ、豪雨被害を受けた熊本の小学校に物資支援 被災者からもらった感謝の言葉に「ホッとして嬉しくなりました」(1/2 ページ)

スザンヌさんは熊本県北区の出身。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 タレントのスザンヌさんが7月29日にInstagramを更新。豪雨災害に見舞われた熊本県人吉市の小学校に物資支援を行ったことを報告し、「温かな気持ちになりました」「できることをするって、本当に素敵です」など感動する声が集まっています。

スザンヌ 熊本県 人吉市 豪雨 スザンヌさんをはじめとする支援チーム(画像はスザンヌInstagramから)

 7月3日から九州を襲った「令和2年7月豪雨」によって、甚大な被害が北部地方を中心に広い範囲で発生。お笑い芸人の江頭2:50さんやモデルの紗栄子さんが、早い段階から警戒を呼びかけるとともに、被災者に多額の支援を行うなど、復興に向けた動きが各所で起こっています。


 6歳の息子と熊本県南部に住むスザンヌさんも10日にInstagramを更新。被災者にお見舞いの言葉を贈るとともに、クリエイティブディレクターを務めるシューズブランド「セレンセクール」からの100万円と自身の寄付金を災害支援に充てることを明言。29日までに、友人や息子たちの協力を得て、駄菓子とおもちゃをいっぱい詰め込んだ段ボール500ケースを用意していました。

スザンヌ 熊本県 人吉市 豪雨 ワゴン車には大量の支援物資を搭載(画像はスザンヌInstagramから)
スザンヌ 熊本県 人吉市 豪雨 おもちゃをせっせと詰め込むスザンヌさん(画像はスザンヌInstagramから)

 この日の投稿で、スザンヌさんは仲間たちと、熊本県人吉市にある2つの小学校をまず訪問したことを報告。学校の生徒や先生をはじめ、被災者たちから“想像以上のビックスマイル”で歓迎されたといい、「胸があつーくなりジーンとしてわたしのほうが元気をもらいました」と、現地の人々の温かさを感動交じりに振り返っています。

 駄菓子やおもちゃは小学生たちの間で人気を集めたようで、避難所生活中のあるお母さんからは「お菓子とかおもちゃってどうしても必要ってわけじゃないけど、子どもたちの喜んでる顔を見てたらハッとした。わたしが笑顔のほうが子どもたちも嬉しいわよねっ! て伝えてくれました」と、今回の支援が大人にとっても得がたい気付きになったという、感謝の気持ちを伝えられたといいます。子どもが笑顔になれるよう支援活動を始めただけに、スザンヌさんはこの言葉を聞いて、「ホッとして嬉しくなりました」と喜びをあらわにしていました。

スザンヌ 熊本県 人吉市 豪雨 子どもたちと交流する一幕も(画像はスザンヌInstagramから)

 被災者のために現地で尽力する様子を知ったファンからは「なかなか出来ない事をやってしまう貴女を本当に尊敬します」「こうやって実際動けるのって本当にすごい! 偉い!」と、スザンヌさんの実行力を称賛する声が多く上がりました。また、「子どもたちが嬉しそうに『スザンヌさんにもらったよ!!!』って持って帰ってきました」「甥っ子がすごく喜んでました」と、支援を受けた子どもたちの喜ぶさまを連絡する人や、「水分補給忘れずに頑張って下さい」と、スザンヌさんの健康を気遣う人も現れていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声