ニュース
» 2020年07月30日 19時00分 公開

昔はこんなガチなマシンが結構安く買えた メーカー直系のぶっ飛びコンプリートカー5選(1/2 ページ)

みんな知ってる伝説のクルマから、知る人ぞ知るやりすぎマシンまで、「あの」5台を振り返ります。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 何じゃこりゃ、本気すぎるぞー!! と、トヨタのモータースポーツ部門「TOYOTA GAZOO Racing」による、いわゆるトヨタ純正ともいえるコンプリートチューニングカー「GRヤリス」(関連記事)が「すごすぎる」と話題です。

photo ヤリスをレース参戦を見込む272馬力+四駆とし、“ほぼ別物の独自設計”で作られたガチな高性能モデル「GRヤリス」。価格は396万円から

 コンパクトカーの主力車種「ヤリス」(関連記事)を、よくぞここまでヤンチャなマジ仕様にしちゃったな……と多くの人が驚くほどの力の入れようで、ホントにブッ飛びに速いそうです。

 それと同様に、過去にも同じくらい衝撃的だったメーカー直系のワークス系ブランドが手掛ける本気のクルマがありました。

 今回はそんな「あの車種をよくぞそんなに……」「あのころは金さえあればこんなすごいクルマを買えたのか!?」と驚いてしまうワークス系ブランドの伝説ぶっ飛びコンプリートカー5車種を振り返ります。

ほぼGTマシン!? ド派手エアロ+ワイドボディーで圧倒的な存在感を放った「TRD 3000GT」

 1台目は、トヨタ系のTRD(トヨタ・レーシング・デベロップメント)が1994年の東京オートサロンで発表した「TRD 3000GT」です。

 TRD 3000 GTは80型スープラをベースにしたTRDによるコンプリートカー。その迫力ありまくりな姿で当時のクルマ好きの間でも「GTマシンからステッカーを剥がしただけのようだ」などと話題になったそうです。

スポーツカー コンプリートカー 限定車 TRD 3000GT(画像:TRD)

 見るからに空力性能の高そうなリアウイング、そしてボボンッと広げられたワイドボディー。こんなの「もろチューニングカー」が本当に出ちゃったんですね……。

 ちなみにTRDは現代も、最新型であるA90型スープラをベースに、この3000GTをほうふつとさせるマシンを再び製作しています(関連記事)。こちらもすごそう………登場に期待です。

スポーツカー コンプリートカー 限定車 「GRスープラ Performance Line CONCEPT “TRD”」

280馬力規制時代に度肝を抜いた究極のGT-R「NISMO 400R」

 R32からR34までの第2世代GT-Rをはじめとするスポーツカーが活躍した平成初期、国産車は、2004年ごろまで最高出力を280馬力に自主規制していた時代がありました。

 そんな中、日産直系のモータースポーツ/チューニング部門会社であるNISMOが、R33型スカイラインGT-Rをベースに「400R」というコンプリートカーを送り出しました。新車価格は何と1200万円。ベース車の倍以上する特別すぎる限定車でした。

スポーツカー コンプリートカー 限定車 NISMO 400R(画像:NISMO)

 ただ者ではない雰囲気を漂わせるエアロパーツ、クラッチやプロペラシャフト、足回りに至るまで、33RをベースにNISMOが走りを追求して仕上げたマシンですが、やはり注目はエンジンです。N1マシン譲りの2.8リッター直6ツインターボエンジン「RB-X GT2」を搭載し、車名の由来となる400馬力をたたき出します。

 日本の280馬力規制はあくまで日本自動車工業会に加盟しているメーカーが自主規制したというタテマエであり、輸入車やNISMOのようなメーカーが手掛けるコンプリートカーは例外。当時、そんな中での新車で「400馬力」は強烈なインパクトを残しました。

 この伝説のNISMO 400Rの名は「現代」によみがえっています。現行スカイライン(V37型/関連記事)に用意したハイスペックグレード「400R」です(関連記事)

 出力は、スカイライン(のメーカー市販モデルで)史上最大馬力とする405馬力(298kW)。最大トルクも48.4kgf-m(475Nm)/1600〜5200rpmと低回転域から広くズ太く発生するように特別チューニングしたという3リッターV6ツインターボエンジン「VR30DDTT」を搭載します。

スポーツカー コンプリートカー 限定車 スカイライン 400R めっちゃ速いですこれ
スポーツカー コンプリートカー 限定車 その素性の良さから、チューニングブランド各社もチューニングベース車に選択するほど(東京オートサロン2020出展車)
スポーツカー コンプリートカー 限定車 そういえば日産は近年、R35 GT-Rベースの50台限定のウルトラ特別モデル「GT-R50 by イタルデザイン」も約1億円で販売(写真は東京オートサロン2020に出展したプロトタイプ)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  2. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. /nl/articles/2109/26/news005.jpg ヨウム「うるさい!」 鳴き続ける猫に怒り心頭のヨウム、流ちょうな人間の言葉での文句に笑いがこみ上げる
  4. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  5. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身
  6. /nl/articles/2104/19/news146.jpg 菊池桃子、振袖姿の19歳長女と2ショット 成人式で“大人の階段”上る娘に感極まり「準備段階なのに泣きそう」
  7. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  8. /nl/articles/2109/26/news041.jpg 石田ゆり子、ミルクボランティアで子猫を預かる 3時間おきの“授乳姿”に「尊敬します」「素晴らしい」と称賛の声
  9. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  10. /nl/articles/2109/26/news048.jpg ハナコ岡部、「無限列車編」放送中の“煉獄さんコス”が話題に 「映画に集中できません」とよもやのハプニング

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」