ニュース
» 2020年07月30日 19時00分 公開

昔はこんなガチなマシンが結構安く買えた メーカー直系のぶっ飛びコンプリートカー5選 (1/2)

みんな知ってる伝説のクルマから、知る人ぞ知るやりすぎマシンまで、「あの」5台を振り返ります。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 何じゃこりゃ、本気すぎるぞー!! と、トヨタのモータースポーツ部門「TOYOTA GAZOO Racing」による、いわゆるトヨタ純正ともいえるコンプリートチューニングカー「GRヤリス」(関連記事)が「すごすぎる」と話題です。

photo ヤリスをレース参戦を見込む272馬力+四駆とし、“ほぼ別物の独自設計”で作られたガチな高性能モデル「GRヤリス」。価格は396万円から

 コンパクトカーの主力車種「ヤリス」(関連記事)を、よくぞここまでヤンチャなマジ仕様にしちゃったな……と多くの人が驚くほどの力の入れようで、ホントにブッ飛びに速いそうです。

 それと同様に、過去にも同じくらい衝撃的だったメーカー直系のワークス系ブランドが手掛ける本気のクルマがありました。

 今回はそんな「あの車種をよくぞそんなに……」「あのころは金さえあればこんなすごいクルマを買えたのか!?」と驚いてしまうワークス系ブランドの伝説ぶっ飛びコンプリートカー5車種を振り返ります。

ほぼGTマシン!? ド派手エアロ+ワイドボディーで圧倒的な存在感を放った「TRD 3000GT」

 1台目は、トヨタ系のTRD(トヨタ・レーシング・デベロップメント)が1994年の東京オートサロンで発表した「TRD 3000GT」です。

 TRD 3000 GTは80型スープラをベースにしたTRDによるコンプリートカー。その迫力ありまくりな姿で当時のクルマ好きの間でも「GTマシンからステッカーを剥がしただけのようだ」などと話題になったそうです。

スポーツカー コンプリートカー 限定車 TRD 3000GT(画像:TRD)

 見るからに空力性能の高そうなリアウイング、そしてボボンッと広げられたワイドボディー。こんなの「もろチューニングカー」が本当に出ちゃったんですね……。

 ちなみにTRDは現代も、最新型であるA90型スープラをベースに、この3000GTをほうふつとさせるマシンを再び製作しています(関連記事)。こちらもすごそう………登場に期待です。

スポーツカー コンプリートカー 限定車 「GRスープラ Performance Line CONCEPT “TRD”」

280馬力規制時代に度肝を抜いた究極のGT-R「NISMO 400R」

 R32からR34までの第2世代GT-Rをはじめとするスポーツカーが活躍した平成初期、国産車は、2004年ごろまで最高出力を280馬力に自主規制していた時代がありました。

 そんな中、日産直系のモータースポーツ/チューニング部門会社であるNISMOが、R33型スカイラインGT-Rをベースに「400R」というコンプリートカーを送り出しました。新車価格は何と1200万円。ベース車の倍以上する特別すぎる限定車でした。

スポーツカー コンプリートカー 限定車 NISMO 400R(画像:NISMO)

 ただ者ではない雰囲気を漂わせるエアロパーツ、クラッチやプロペラシャフト、足回りに至るまで、33RをベースにNISMOが走りを追求して仕上げたマシンですが、やはり注目はエンジンです。N1マシン譲りの2.8リッター直6ツインターボエンジン「RB-X GT2」を搭載し、車名の由来となる400馬力をたたき出します。

 日本の280馬力規制はあくまで日本自動車工業会に加盟しているメーカーが自主規制したというタテマエであり、輸入車やNISMOのようなメーカーが手掛けるコンプリートカーは例外。当時、そんな中での新車で「400馬力」は強烈なインパクトを残しました。

 この伝説のNISMO 400Rの名は「現代」によみがえっています。現行スカイライン(V37型/関連記事)に用意したハイスペックグレード「400R」です(関連記事)

 出力は、スカイライン(のメーカー市販モデルで)史上最大馬力とする405馬力(298kW)。最大トルクも48.4kgf-m(475Nm)/1600〜5200rpmと低回転域から広くズ太く発生するように特別チューニングしたという3リッターV6ツインターボエンジン「VR30DDTT」を搭載します。

スポーツカー コンプリートカー 限定車 スカイライン 400R めっちゃ速いですこれ
スポーツカー コンプリートカー 限定車 その素性の良さから、チューニングブランド各社もチューニングベース車に選択するほど(東京オートサロン2020出展車)
スポーツカー コンプリートカー 限定車 そういえば日産は近年、R35 GT-Rベースの50台限定のウルトラ特別モデル「GT-R50 by イタルデザイン」も約1億円で販売(写真は東京オートサロン2020に出展したプロトタイプ)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露